goo
映像の世紀でみた裏切りの世界
2015-10-27 / ちょっと一休み
大反響を呼んだ「映像の世紀」から20年も経過していた。そして、新・映像の世紀が放映された。注目は第一次世界大戦。砂漠の英雄・アラビアのロレンスは、新たなエネルギー・石油をねらったイギリスの情報将校としてアラブ社会に食い込み、裏切った。今にいたる中東紛争のきっかけはロレンスだった。現在も各地で裏切りにより、禍根が生まれているが、歴史を振り返ると裏切りの程度が甚だしいことが平然と行われていたことに驚き . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


改めて知っておきたい「出世と脱落」のルール
2015-10-26 / 取材・連載関連
大抵の会社には昇進・昇格する人のためにルールがある。それが昇進規定。例えば、課長になるためには「過去3回の評価すべてにおいてB⁺以上の評価結果を得ていること」など。一定の業績評価に加えて「課長としてふさわしい資質を備えている」と昇格を承認する会議で基準に照らし合わせて確認が行われる。この昇進・昇格の差がどのように生まれるのか?東洋経済オンラインの記事で書かせていただいた。 . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


優秀なゆとり世代を潰した先輩社員のある一言
2015-10-19 / 取材・連載関連
日本のプロ野球で大混戦となったセ・リーグを制したのは、ヤクルトスワローズ。チームを支えたのは山田哲人選手。今季は3割・30本・30盗塁という「トリプルスリー」を達成。そんな山田選手は1992年生まれのゆとり世代。一時期は世間の問題児のように扱われた世代からスターが生まれた。ちなみに山田選手意外にも大谷選手など若くして大活躍するスター候補が輩出する状態は、以前より著しい状況ではないか?ゆとり教育以前 . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


会社での「やる気アピール」はムダなのか
2015-10-12 / 取材・連載関連
会社が社員に求める資質は何か? その重要な要素のひとつに「成長意欲」がある。対応策を考え、周囲の支援を受けて、積極的に乗り越えていこうとする姿勢。また、貪欲に知識を吸収して仕事につなげていく姿勢を、成長意欲と会社側はとらえるもの。 こうした成長意欲について、採用HPなどで求める人物像として、「強い成長意欲とそれを支える情熱があること」などと語る経営者のメッセージを頻繁に見受ける。社員がこうしたメ . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


コレを理解しないと、「優秀」評価が一転大暴落も
2015-10-11 / 取材・連載関連
ゴルフをしていると各コースやコンペに適応した「個別の」ローカルルールに遭遇することがある。例えば、ティーショットやその他のショットでOBを出した時に「前進して4打目から打つ」とか、芝の芽が荒れているラフなところでは、ショットを易しくするためボールを「6インチ移動してよい」など。こうしたローカルルールを駆使していいスコアを出す人もいますし、使えこなせない人もいる。  職場にも同じようにロ . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


凄すぎるレジェンド社員を妄信するとロクなことはない
2015-10-05 / 取材・連載関連
プロ野球現役最年長選手として注目されてきた中日ドラゴンズの山本昌氏が今季限りで現役を引退することになった。次々と「最年長記録」を塗り替えてきた日本球界のレジェンド(語り継がれる存在)が、ついにユニホームを脱ぐ。 職場にも、レジェンドと呼ばれるベテラン社員がいる。野球選手のように引退はないが、レジェンド社員とどのように接していくべきなのか悩んでいる会社は少なくない。今回はレジェンド社員の実態と、そ . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


会社における育成の仕組みはどうなっているか?
2015-10-04 / 取材・連載関連
景気がよくなると人材の流出を避ける意味でも人材育成の取り組みに積極的になる会社が増える。また、時代とともに会社も個人も育成に関する課題意識は変わるはず。では、最近の人材育成の取り組みはどうなっているのか?人事の打ち手という連載記事で書かせていただいた。 「課長」から始める 社内政治の教科書 クリエーター情報なし ダイヤモンド社 . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|