goo
鹿児島のこむらさきはサッパリ
2015-02-28 / ちょっと一休み
週末は仕事で鹿児島に滞在。時間があったので鹿児島中央駅の地下を散策していて「こむらさき」というラーメン店を発見。この名称は新横浜のラーメン博物館で食べたことがある熊本のラーメンに違いない…と思い込んで入店。ところが、それは勘違いであった。こむらさきという名称のラーメン店は鹿児島・宮崎・熊本で別々に存在していた。ちなみに鹿児島のこむらさきはかなりヘルシーな味わいで野菜がたくさん入ってい . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


部下の評価は占いで
2015-02-23 / 取材・連載関連
現在、占い市場は1兆円規模とも言われる巨大市場。もはや誰もがいつでも利用することができる身近なもの。何気なく星座占いのアプリをダウンロードして利用している人は少なくない。 占いとは、様々な方法で運勢や未来など判断すること。誕生した生年月日や姓名に加えて、生まれた場所などの要素も加えることによって、人生の傾向や流れを占います。四柱推命や星座占いなど手法は様々。その占いが仕事の悩みを解消・解決してく . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


自分好きな営業
2015-02-22 / 取材・連載関連
「自分好き」になれないと自信がもてない…という人がいる。確かに「自分は分析力が壊滅的に弱い」とか自分の悪いところをあげて、減点方式で自分を評価し、自分の良いところが見えなくなってしまうのは良くないこと。 ただ、自分好き過ぎるのも如何なものか?とくに、仕事で社外の人と接する機会の多い、営業職ではマイナスに影響するケースは見受けられる。「自分好きイコール自分本位」で仕事を進めようとする . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


獺祭の会
2015-02-20 / 日本酒/焼酎
仕事の合間に平河町のホテルで開催された獺祭の会合に参加した。会場には熱気を帯びて獺祭を試飲するファンで溢れていた。こうした日本酒の会は盛況なのが当たり前の時代になったようだ。ただ、具体的な消費につながるのだろうか?自宅で飲食店で果敢に日本酒を飲む人が増えることを心から願う。ちなみに、獺祭の会は大半の銘柄が飲み放題でいただける。ただし、最高級品「その先へ」だけは1人1杯限り。ちなみに1本(720ml . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


赤坂あじる亭レピス
2015-02-19 / ワイン
セレブレインのグループ会社は飲食店を4店舗経営している。すべて、ワインと料理のマリアージュが楽しめる。すべて、赤坂見附周辺にあるが1店舗がリニュアルオープンすることになった。それがスパイス系料理とワインのマリアージュをコンセプトにした店『赤坂あじる亭レピス』。料理との相性にこだわった国内外のオーガニック系ワインを多く取り揃えた。開店は3/2 オープニングパーティーを開催する。詳細はFacebook . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


歴史的「新卒大量入社」の後に来る"余波"
2015-02-16 / 取材・連載関連
新卒採用数が大幅に増えた(と言われる)「2015年度組」が入社するまで、あと2カ月を切った。新入社員の「受け入れ」準備には、大変な手間がかかる。まずは人事部が社会人としてスタートする心構えや、ビジネスマナーを指導する導入研修を実施。その期間は会社によってまちまちだが、平均すると3カ月くらい(「日本の人事部」調べ)。その後、現場に配属されることになるが、そのバトンタッチをスムーズに進めるのは意外と大 . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


事業承継
2015-02-15 / 人事
名古屋にて経営者の会合に参加。双方の課題共有の機会を活性化するファシリティーションのような役割を担わせていただいた。なかでも創業経営者の2代目にとって、事業承継は大きな問題。当方の専門分野である経営幹部の処遇など対処に頭を痛める2代目は多い。さらに言えば、各社のおかれた状況によって正解は違ってくる。あくまで、参考にしかならない。 それでも、お互いの状況や悩みを共有できることは有効な機会。社内では . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


社内政治の教科書で増刷が続く
2015-02-14 / 出版関連
社内政治の教科書が6刷となった。ここまでハイペースで増刷する作品は久々である。編集部、営業部の方々の努力の賜物と感謝している。さて、会社は人の坩堝。必ず「政治」がある。その「政治」に背を向けていては、いくらロジカルシンキングが得意でも「仕事」はできない。特に、課長=管理職になったら「社内政治」こそ最重要課題。「社内政治」という非合理なゲームを生き抜く初の「教科書」目指して書かせていただいた。ただ、 . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


神の雫騎士団が発足
2015-02-11 / ワイン
知人である『神の雫』原作者の亜樹直が、「今度は自分たちからワインを発信できないか?」との思いから発足したワインとワインのあるライフスタイルを楽しむための団体「神の雫騎士団」。 この団体のサイトの連載記事を当社のグループ会社セレブールで協力することになった。第1回目はラギオールナイフ。 神の雫(44) (モーニング KC) クリエーター情報なし 講談社 . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


会議に集中するように
2015-02-10 / 取材・連載関連
BIZトレンドの記事で「育成観点で若手社員に長時間の会議を経験させる」をテーマに書かせていただいた。長時間の会議が苦手な若手社員が増えている。会議に入ると、最初の30分くらいはまじめにメモなどを取っているが、そのうち貧乏ゆすりをはじめて、手元もペンで遊んでいたりするような仕草が目立ち始める。取材した会社ではリーダークラスの社員たちが頻繁に「会議に集中するように」と注意していた。ただ、会議に集中出来 . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


接待の店を口コミサイトで選んだ若手社員の失敗
2015-02-09 / 出張
レストランレビュー、家電レビュー、書籍レビューなど口コミサイトを参考に店や商品を選ぶ――。ネット時代においては当たり前の行動に思えるが、一方で逆行するようにレビューを信用しない、あるいは全く見ない人もいる。 困ったときには、すぐ頼ってしまいたくなる口コミサイトの存在。ビジネスの場面においても頼るべきか?それとも頼らない方がいいのか?口コミサイトとの付き合い方についてダイヤモンドオンラインで記事を . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


マツダの復活
2015-02-08 / 日々想うこと
国内や海外のニュースを提供しているTHE PAGEをみていて思い出したこと。それは 《死の淵からマツダを復活させた1本のビデオ》 と題された記事から。ブランドマーケティングの講義でケースとして紹介する機会があるのがマツダ社の復活。そしてブランドメッセージである「Zoom-Zoom」。日本以上に北米での業績回復は著しいが、それを支えているのがZoom-Zoomに則ったブランドアピールかもしれない . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


栃木の天鷹酒造
2015-02-08 / 日本酒/焼酎
立教大学の生徒の企画に便乗して塩原(栃木)をバスで訪問。途中で日本酒の蔵元の手配をさせていただいた。伺ったのは塩原から東京に戻る途中にある天鷹酒造(大田原市)。大正期に創始者が京都の旅館に泊まっていたとき、天空を悠々と舞う大鷹の姿 を夢に見て「天鷹」と名づけたらしい。 特徴的なのはオーガニック(有機)製法に徹底的にこだわる造り。醸造用の米は全て日本農林規格(JAS法)に定められた「有機米」。当然 . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


竹鶴リタが大切にしたもの
2015-02-07 / ちょっと一休み
連続テレビ小説「マッサン」の平均視聴率が、同ドラマでは最高となる24.4%(関東地区)を記録したらしい。ここ最近は女性が主人公で高視聴率を続けていたため、心配の声もあったようだが、その声を吹き飛ばした。このドラマは日本のウイスキーの父と呼ばれる竹鶴政孝とそのスコットランド人妻・リタの物語。 ちなみに政孝氏のお孫さんにあたるのが知人の孝太郎氏。現在はアマナ事業開発室室長として活躍。ニッカウヰスキー . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


よい結果を出すシナリオ
2015-02-06 / 取材・連載関連
商談場面で想定されるお客様からの反応に対して堂々と対処するための準備。この準備がなくても、アドリブで大丈夫と言い切れるならシナリオを用意する必要はないが 「いろいろ考えてみた結果として、時期尚早かなと思ってきたのだよね」 とお客様からネガティブな回答など、予想外の反応が返ってきたときに 「・・・」 と固まり「残念ですが、この商談はナシですね」とただ諦めるだけになり、後悔することはないか?な . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|



« 前ページ