goo
株式公開と人事制度
2014-05-31 / 人事
2014年から株式公開する企業が増えてきた。正確に言うと低迷期を脱して回復基調になってきたと言える。そんな株式公開で、人事・労務面が重視される傾向が強まってきている。そうした背景からセレブレイン社に、 ・人事・労務に関するリスクを可視化 ・コントロールする仕組み作り に関する依頼が増えてきた。上場審査のクリアだけでなく、上場後の成長にも対応する人事政策・制度を構築をすすめている。  . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


BIZトレンド
2014-05-30 / 取材・連載関連
長時間の会議が苦手な若手社員が増えている。会議に入ると、最初の30分くらいはまじめにメモなどを取っているが、そのうち貧乏ゆすりをはじめて、手元もペンで遊んでいたりするような仕草が目立ち始める。さらに目立たないようにうつむいて憂鬱な顔つきで会議に参加するメンバーばかりになってしまう。お互いにとって、有意義な時間とは言えない状態。 そもそも、若手メンバーは会議で発言機会が少ないもの。ひたすら、黙って . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


黒龍のプレミアム銘柄
2014-05-29 / 日本酒/焼酎
今週は日本酒を飲む機会が多い。さらに懐かしい福井の銘酒「黒龍」をいただく機会に恵まれた。20年近く前にきき酒師を取得した時期に背伸びして注文した銘柄。 当時、注目していたのが石田屋。大吟醸純米酒を低温にて長期に熟成させ、バニラのようなまろやかさと香りが特徴。黒龍のプレミアムブランドと言える。ただ、更なる高級ブランフドの「二左衛門」「八十八号」も存在している。ここまでくるとエレガントさで日本酒の域 . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


失敗の分析
2014-05-28 / 営業
営業の仕事において、代表的な失敗のパターン ①ノーと言われる ②競合に負ける ③膠着状態で進まない。 と3つある。①は自分の商品・サービスを勧めて、お客様に「いらない」と言われるケース。②は「他社で買いました」と言われるケース。③は「もう少し考えさせてほしい」と言われながら、膠着状態が長期化しているケース。そして、①と②の失敗の原因は割と簡単に分析できるが、③の失敗は原因をなかなか見つける . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


カレッジソング
2014-05-27 / ちょっと一休み
自分が主催で同志社大学卒業生で経営者を中心にした交流会を開催した。会場でOBの蔵元においしい日本酒を準備いただいたりして、会場は大いに盛り上がった。ただ、1つだけ反省する局面に遭遇した 「すいません。締めでカレッジソングを歌わないのですか」 と指摘をうけた。確かに同志社には英語の歌詞で有名なカレッジソングがある。それを歌く機会を忘れていたのは大いなる失態。ちなみにカレッジソングとは One . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


法人営業のすべてがわかる本が重版
2014-05-26 / 出版関連
出版社から連絡があった。大分前に改訂版を出させていただいた、 法人営業のすべてがわかる本改訂版 が重版になったらしい。さらに帰宅すると『自分を刺激し、成長させる 人脈地図の作り方』の台湾版が届いていた。出版不況にも関わらずありがたいこと。話を戻して、法人営業の本は初回盤で10回以上も重版をさせていただいた。内容的にはベーショックなスキル向上のヒントを紹介した1冊。ゆえにロングセラーになっている . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


モジュール型人事制度
2014-05-25 / 人事
「モジュール型人事制度」とは、セレブレイン独自の設計思想に基づく人事制度で、人事キャビネットにキャリアパス、職群別貢献要素、役割別貢献レベル、職種別スキルマップをモジュール化して格納することで、管理者によるバラつきのないMBOの目標設定とPDCAを可能にする。また、目標設定と貢献度評価をフェアかつ効果的に行うことで、処遇への納得感を高め、キャリア育成を促進させる。 従来型の人事制度は汎用化された . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


いざ、松の廊下
2014-05-24 / ちょっと一休み
東京には歴史を楽しめる場所がたくさんある。これまで、何回も行こうと思って、機会がなかった皇居東御苑の東側にある。旧江戸城の正門に行ってみた。この門は1620年に築造されたが、明暦の大火で類焼。1659年に再建。その後、地震などで修理を繰り返し、1967年に復元工事が完成。門から城内に入ることも出来る。 そこは、昔の江戸城跡。美しい公園が広がる。旧天守閣跡の傍には松の廊下のあった場所がわかる石碑。 . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


対話の際に大切な「視覚情報」 その「聞き方」では信頼を失う
2014-05-23 / 取材・連載関連
国家間の対立では歴史認識等の解消が困難な『障害』が厳然とあったりする。日本だけでなく世界的に対立の火種の大半は、何百年にもおよぶ思想や領土における障害が山積。そんな障害をについて「抜本的な解決方法とは?」と論じる評論家がいる。 が、抜本的な方法などない、「棚上げ」くらいが妥当としか思えないケースが大半ではないか?障害とは、それだけ面倒なもの。そんな記事をジェイキャストで書かせていただいた。 . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


スライムのクッキー
2014-05-22 / ちょっと一休み
仕事でスクエア・エニックス社に伺った帰りに、直営のキャラクターショップに立ち寄らせていただいた。アニメやゲームキャラクターを商品化して貴重な収益源と考える企業が大半。ところが、スクエア・エニックス社でキャラクターの商品化に消極的らしい。こうしたショップも1店舗しかないとのこと。 ちなみに直営店は新宿にあるが、ファンには応えられないようなフィギュアなど並んでいた。当方はお手軽なスライムキャラのクッ . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


人事基盤耐震ドック
2014-05-21 / 人事
事業の発展と成長は、社員がイキイキと活躍できる安定したステージにかかっている。基盤が脆弱なステージは経営にリスクをもたらす。セレブレイン社で、社員が活躍するステージの耐震性(人事基盤の適正度)を独自の短期ドック手法 =人事基盤耐震ドック で診断し、人事上の課題を早期発見し、対策サービスを開始。 人事基盤では特に、経営方針と人事方針との連動やトップ方針の社内浸透度などの基本要素から、社員の目線 . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


「将来の幹部候補」という言葉に騙されるな
2014-05-20 / 取材・連載関連
「転職した職場で自分は期待されている」 もしもあなたが転職者だったとしたら、そう考えながら仕事をするのはもちろん構わないこと。しかし、過度な期待をかけられていると勘違いすると、取り返しのつかない過ちをおかす可能性がある。 そのきっかけは、転職を決断するか否かで迷っているとき、「将来の幹部候補だと思っている」などと、甘い言葉。この甘い言葉に、転職後の立場を確約した話だと思いながら行動し、周囲との . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


社内失業と雇用のミスマッチ
2014-05-19 / 取材・連載関連
失業率がゼロに近づかない背景には、「雇用のミスマッチ」の問題もある。希望する報酬や内容の仕事につけるまで探し続ける人=求職者が、ある程度は残ってしまうから。具体的には、 会社「求人」:経験やスキルを備えた人材がみつからない 個人「求職者」:やりたい、稼ぎたい仕事がみつからない という状況で、このように双方の意向がズレたまま、求職活動(企業からすれば採用活動)が行われているケースが多々見受けら . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


TVに向かってみる
2014-05-18 / ちょっと一休み
外出していても日曜日は極力20時までに帰ってくるように心掛けている。それは大河ドラマ「軍師官兵衛」をみるため。録画してみることも出来るが、オンエアーのタイミングにTVに向かっている感じが心地いい。子供の頃は録画機能なんてなかったから、人気番組のある時間帯には街が閑散としたもの。自分的に思い出すのは『東京ラブストーリー』が最後かもしれない。録画して1周遅れでみても、友人たちとの会話についていけなかっ . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )|


小田原経由江ノ島
2014-05-17 / ちょっと一休み
小田原に電車で行った帰りに、大船経由江の島に立ち寄った。そこから、江ノ電で藤沢に向かい、東京に戻ったのであるが・・・江ノ電は想像以上に混雑していた。観光客が大半であろう。 ちなみに江ノ電と言えば青春ドラマの舞台としての印象が強い。代表的な作品が『俺たちの朝』かもしれない。学生時代に過ごした京都にも江ノ電(江ノ島電鉄)に似た民家の軒先すれすれに走る電車が2つある。嵐山と比叡山に向かう京福鉄道。とも . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|



« 前ページ