京都シャロームチャーチ

京都シャロームチャーチ情報ページです

礼拝メッセージ

2020-03-02 18:47:29 | 礼拝メッセージ
礼拝メッセージ等、音声情報は下記でお聴きいただけます。

https://www.youtube.com/channel/UCilqSYwt_YDV8Coj1xb-vXw/videos?view=0&sort=dd&flow=grid

コメント

住所 電話 E-mail アクセス情報

2019-03-02 10:06:23 | アクセス情報
615-8191
京都市西京区川島有栖川町7-1
サムソンビル 4F(阪急桂駅から徒歩2分)
​TEL 080-7476-2833
yam2425@gmail.com
(郵便物等は牧師宅↓にお願いします)

牧師宅
615-8072
京都市西京区桂木ノ下町26-61
tel 075-382-2425

会堂・アクセス情報

阪急 桂駅西口から徒歩2分

阪急桂駅で下車したら改札を出て左へ(西口)。
西口を出て陸橋を渡ると駅前広場向こうの正面にミスタードーナツとツルハドラッグストアがあります。
その間の道を西に進み最初の四つ角(左に京都信用金庫があります)を左に(南に)曲がります。

右側二軒目がサムソンビルです。建物左側に入り口があります。

礼拝の際はカギが開いていますが、それ以外の時はカギがかかっています。

電話(080-7476-2833)か左側の表札のところにあるインターフォンで呼び出してください。

ただし礼拝中にもしカギが閉まっていたら、できる限りインターフォンではなく電話でお願いします。
エレベーターで4階に上がり、通路の一番奥、階段の横が会堂の入り口です。

https://www.kyotoshalom.com/access

https://www.google.com/maps/place/%E3%80%92615-8191+%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%BA%9C%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%B8%82%E8%A5%BF%E4%BA%AC%E5%8C%BA%E5%B7%9D%E5%B3%B6%E6%9C%89%E6%A0%96%E5%B7%9D%E7%94%BA%EF%BC%98+%E3%82%B5%E3%83%A0%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%83%93%E3%83%AB/@34.9793735,135.6993135,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x600106ef135fe5c9:0x141a45ff95c96135!8m2!3d34.9793735!4d135.7015022
コメント

礼拝時間の変更のお知らせ

2018-08-05 12:08:11 | 集会情報
8月から昼礼拝が14時開始になります。

昼礼拝 午後2時より
夜礼拝 午後7時より

です。
コメント

京都シャロームチャーチ 公式ホームページ

2017-08-13 20:56:25 | お知らせ
京都シャロームチャーチのホームページが出来ました。

ぜひ皆様訪問してください。
まだ、検索には引っかからないのですが、たくさんの人が見てくだされば、そのうちグーグルやヤフーで検索できるようになるはずです。

https://www.kyotoshalom.com/
コメント

京都シャロームチャーチは

2016-11-05 07:42:58 | 集会情報
京都シャロームチャーチは

京都市西京区桂にある教会であり、

天地万物を創られた、ただひとりの神に対して心からなる礼拝をささげる教会、
互いに愛し合い、仕えあう教会、
神のことばである聖書の福音を宣べ伝える教会、
与えられたあらゆる賜物を用いて神と地域社会に仕える教会、

となることをめざしています。

そのために、

毎週日曜日 ともに集って礼拝をささげています。
毎週木曜日 ともに集って祈っています。
随時、聖書クラス、個人カウンセリングを行っています。
教会に与えられた人的資源(タレント)を生かし、演奏会等の文化活動をしています。


「キリストの測りがたい富を宣べ伝え、万物を創造した神のうちに世々隠されていた奥義の実現が何であるかを、明らかにするためです。 これは、今、天にある支配と権威とに対して、教会を通して、神の豊かな知恵が示されるためであって、私たちの主キリスト・イエスにおいて成し遂げられた神の永遠のご計画によることです。」
新約聖書 エペソ人への手紙 3:9-11

「 どうか、私たちのうちに働く力によって、私たちの願うところ、思うところのすべてを越えて豊かに施すことのできる方に、教会により、またキリスト・イエスにより、栄光が、世々にわたって、とこしえまでありますように。アーメン。」
新約聖書 エペソ人への手紙 3:20-21


コメント