仙太の「雑杷ひとからげ」

「工房仙太」の新作紹介及び日々の雑想を連ねています。(ショップ http://k-senta.com/)

第2回関西プログレ祭報告

2014年03月13日 21時35分41秒 | 音楽
 いやー、楽しい一夜でした。アブクゼニ、ライブ5回目にしてちょっと一皮むけたかもしれません。
 
 今回は自分も他のメンバーもかなり落ち着いていて、いつも誰かしらがやらかす曲の構成間違いは一度もなかったし、途中で誰かが出す曲の展開の合図がわかりにくくても互いのアイコンタクトで合わせることができました。後半にさしかかる頃、「これは今までで最高の出来かもしれない!」という手応えがあり、事実、終了後にはこのライブの主催者であり、トリのバンド「メドル」のリーダーでもあるTさんが「今まで見た中で一番良かった!」と言ってくれました!
 一年で最も大きなイベントでこのパフォーマンスができたということはかなり評価していいのではなかろうか!



 スモークの演出もあり、なかなかビジュアル的にもよかったと思います。他の2つのバンド、フォーカスバンドの「F」とピンクフロイドバンドの「メドル」もすごくよかった。非常にレベルの高いライブと言えると思います。EL&Pバンドの「トラディシア」が出られなかったのは残念でしたが、次回のお楽しみ。

 とまあいいことずくめなのですが、こと私個人に限って言えば…録音した音源を聴いてみると、粗さが目立つ。オカズで妙に慌てている。ひとつひとつの音がいまいちはっきりしていない。落ち着いていたつもりが、舞い上がってしまってキメのフレーズを入れ損なったところもある。そして…全体としてそもそも基本練習ができていない!(この部分、太字にして網掛けして囲み枠を付けたいところ)
 この歳になって今頃こんなことに気付かされるとは…。これもこのバンド「アブクゼニ」の力、そしてキングクリムゾンの偉大さなのかもしれません。努力精進あるのみです。

 主催者のTさん、バンドの皆さん、見に来ていただいた方々、RAWTRACKSのスタッフの皆さん、ありがとうございました!第3回もよろしくお願いします!
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 樹種名入りスプーン&フォーク | トップ | トチ ソファテーブル »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事