日本サッカー協会からのお知らせ。

10月になりました!
そろそろ定期的に更新しようかと
心がけておりますです。

さてさて、10月1番目の話題はこちら。

http://www.jfa-2006.jp/
  日本サッカー協会はこれまで「Go for 2006 !」を合言葉に、日本代表チーム、ファン・サポーターをはじめ、多くのサッカーファミリーの皆様とともにワールドカップ ドイツ大会に向けて戦ってきました。
  お陰様で皆様の熱いご支援のもと、3大会連続でワールドカップ出場を果たすことができました。
  今後、日本サッカー協会は来年6月に行われる本大会に向けた戦いに臨むため、「2006日本代表新キャッチフレーズ制作プロジェクト」を立ち上げ、新たなキャッチフレーズでファン・サポーターの皆様と心を一つにしたいと考えます。

  Go for 2006 !のその先へ・・・


さて、その候補とは?

・頂点へ、全員で。
"FIFAワールドカップ出場"。それは選手だけでなく、サポーターをはじめ、サッカーを愛するすべての人の力が、ひとつになった結果です。ただ、ここで満足するわけにはいかない。
この勢いのまま日本中が一丸となり、"FIFAワールドカップの頂点"という大きな夢に向かって、日本代表チームとともに駆け上がってゆきたい。このキャッチフレーズには、そんな願いを込めました。
 
・WIN NOW!
FIFAワールドカップに向けて、われわれが心がけること。それは、ひとつひとつの試合、さらに言えば試合の中のひとつひとつの局面をあきらめず、勝利してゆくこと。頂点を目指して、勝利し続けてゆくことだと思います。
このキャッチフレーズでは「今、そこにある"勝利"を手に入れることで、日本サッカーの未来を切り拓いてゆこう」という意思を端的に表現しています。
 
・世界を驚かせよう。
前回大会で好成績を残し、世界的にも注目されつつある日本代表。サッカーのクオリティだけではなく、サポーターのスタイルなども含め、日本は期待されています。
しかし、期待通り、で満足してはいられません。さらなる驚きを与えて世界を裏切ろう。このキャッチフレーズには、そんな意思が込められています。
 
・Make the HISTORY
日本サッカーが、いつか世界のトップに駆け上がってゆく。そんな歴史を、私たちはこれからつくろうとしています。2006年のFIFAワールドカップも、重要な歴史の1ページです。
後々まで語り継がれる、歴史的な戦いをやり遂げよう。このキャッチフレーズで、そんな決意表明を行いたいと思います。
 
・SAMURAI BLUE 2006
日本代表を象徴する「青」という色。我々にはなじみ深いこの色も、世界的に見ると、「青」を日本のオリジナルカラーにするほどのインパクトは与えられていません。
日本のオリジナリティでもある「侍」のシャープなイメージと合わせることで、この大会を通じてみんなの力で、「青=強い日本サッカー」というイメージを世界中に定着させてゆきたい。そんな強い気持ちを「サムライ精神」とともに表現したのが、このキャッチフレーズです。


おいら3番目から下全部がいいかなぁ・・・?
世界を驚かせてやりたいし、
今回のこのチームだったら絶対歴史は作れるし
サムライだけどユニはブルーだしで、
なんかしっくりくるかもね、って感じですが。

うーん、どれも捨てがたいなー。

というわけで、
皆様奮ってご参加してみてくださいな。
ちなみに、もしかしたら、
来年のドイツ行きのチケットが
当たる、かも?????

詳細はリンク先で。

アクセス解析 カウンター SEO
blogランキング
コメント ( 0 ) | Trackback ( 2 )
« まぁ、元通り... 個人的に気に... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
2006 日本代表新キャッチフレーズ募集 ([K]こあら日記)
「WIN NOW!」と「Make the HISTORY」で悩んだけど、「Make the HISTORY」で投票しておきました。「WIN NOW!」は何か結果を求めすぎていて、「世界を驚かせよう。」はコンフェデ杯でもうやったでしょ!?と、「SAMURAI BLUE 2006」は、JAPAN=SAMURAIってのが安易な気
 
 
 
2006日本代表新キャッチフレーズ サポーター投票 (オークションとサッカーとビンボーの日々)
本日、なんとなしニュースを見てたら、 こんなニュースに気が付いた。 2006日本代表新キャッチフレーズ サポーター投票を実施 実施概要(05/9/30) ________________________________________ 「2006日