とちぎの歴史建造物ぶらり旅

栃木県には、わが国を代表する優れた歴史文化が築かれました。カメラ片手にぶらり訪ねて、とちぎの歴史建造物をお届けします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

足利氏ゆかりの名刹 鑁阿寺

 | 栃木県の土木建築遺産

 足利学校の北西に隣接する真言宗の寺。足利氏宅跡は平安時代末期から鎌倉時代初期に源姓足利氏2代目足利義兼によって築かれた居館とされています。
 この居館跡の規模は、およそ東辺175m、西辺206m、南辺211m、北辺223mの不整台形を呈しており、面積約40,000㎡あります。
 かって、濠の外側には一間幅程の泥揚げ場があり、現在は歩道になっています。
 敷地内は、鑁阿寺境内となっていますが、濠・土塁より中世の地方豪族の邸宅の状態をよく知ることができます。
 鑁阿寺は、寺伝によれば建久7年(1196)義兼が理真上人を開山として「堀の内」に持仏堂を建てたのが始まりと言われています。
 義兼死後、その子義氏が堀の内の外側に十二支院を建てるなどして一山二坊を整備しました。
 足利氏の氏寺として、室町将軍家、関東公方家などから厚く保護されました。

 鑁阿寺 本堂(大御堂)は、「堀内御堂」、「大日堂」などとも呼ばれていました。
 建久7年義兼の創建による桁行5間、梁間5間、一重、入母屋造、本瓦葺の軒唐破風附の建物です。
 現在の本堂は、天福2年(1234)足利義氏によって建立され、その後鎌倉後期に再建され現在にいたっています。
 国指定の重要文化財です。

 経堂は、当山開基、足利義兼が妻の供養のため、一切経会を修する道場として鎌倉時代に創建したと言われます。
 現在の建物は応永14年(1407)関東管領足利満兼により再建されました。
 足利家は鎌倉・室町の両時代に盛んに一切経会を営んだ事が当山古文書(国重文)にみられます。
 党内に八角の輪蔵(経棚)があり一切経二千余巻を蔵するが、此の経棚は江戸時代宝永年間の大修繕のものです。
 国指定の重要文化財です。

 鐘楼は、建久7年(1196)足利義兼が建立しました。
 建築様式は、形状簡古、手法稚撲、鎌倉時代の和様、唐様折衷の代表的禅宗様式、桁行三間、梁間二間、袴腰付、入母屋造、本瓦葺。
 梵鐘は元禄時代の再鋳でありますが、戦時の供出は歴史資料としてまぬかれました。
 国指定の重要文化財です。

 楼門及び反橋・楼門は、当山では仁王門又は山門とも言います。
 開基足利義兼が建久7年(1196)創建しましたが、室町時代兵火にあい、永禄7年(1564)足利幕府十三代将軍足利義輝の再建であります。
 構造雄大、手法剛健、入母屋造、行基葺き、両側の仁王尊像は此の建物より古く、鎌倉時代運慶の作と言われています。
 反橋は俗に太鼓橋といい、江戸時代安政年間の再修復されました。
 栃木県指定文化財です。

 参考資料   
         ふるさと栃木県の歩み    栃木県教育委員会
         足利の文化財めぐりマップ 足利市教育委員会
         とちぎ学事始            栃木県企画部広報課
         図説 栃木県の歴史     河出書房新社

 足利市内の土木遺産も見てください。
         渡良瀬橋
         中 橋
         足利市緑町配水場


コメント   この記事についてブログを書く
« 日本最古の学校 史跡足利学校 | トップ | 黄門さまの古墳発掘 下侍塚古墳 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

栃木県の土木建築遺産」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事