とちぎの歴史建造物ぶらり旅

栃木県には、わが国を代表する優れた歴史文化が築かれました。カメラ片手にぶらり訪ねて、とちぎの歴史建造物をお届けします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

朱塗りの世界文化遺産「神橋」

 | 栃木県の土木建築遺産


 日光国立公園の表玄関を飾るにふさわしい朱塗りの美しい神橋は、アーチ形の木造反り橋で、その構造から錦帯橋(山口県)・猿橋(山梨県)と並んで日本三大奇橋の一つに数えられています。 
 神橋は別名「御橋」「山菅の蛇橋」などとも呼ばれ、日光二荒山神社の建造物で国の重要文化財に指定され、平成11年12月には世界文化遺産に登録されました。

     

 平成9年から8年間にわたって大改修工事が行われ、平成17年3月に竣工しました。 
 現在は一般公開されており、厳粛なよそおいで橋を渡りながらの眺望も趣があります。 
 今度は雪景色の神橋を撮りたいと思っています。  
 
 こちらも見てください。「栃木県の土木遺産」神橋

コメント   この記事についてブログを書く
« とちぎの歴史建造物ぶらり旅... | トップ | 近世宗教建築の代表 日光東照宮 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

栃木県の土木建築遺産」カテゴリの最新記事