シュフな毎日

毎日を楽しく・・・・を目指している私。
日常を描いてみたいと思います。

野菜高騰

2018-02-21 19:50:27 | グルメ

この冬、野菜の値段が高いですね( ̄▽ ̄;)

昨日もス―パ―で、白菜四分の一が198円でした💧

大根もキャベツも青物も高くて、この時期定番のおでんや鍋もご無沙汰です

トンカツの添え物の千切りキャベツさえ考えてしまいます。



主婦としては、食卓に野菜を上らせたい…………。

考えながらス―パ―の野菜売場を回っていたら、日替わりのお買い得価格を見つけました。

小ぶりの新玉ねぎ3個、かぼちゃ四分の一、50センチ位のゴボウがそれぞれ98円!

ゴボウは太いのも細いのもあり、もちろん太めをゲット。

かぼちゃと新玉ねぎはサラダに、ゴボウはカリカリゴボウと煮付けにして、

二回に分けて食べました。

いつになったら野菜の値段が戻るのでしょうねー。
コメント

ちょっとツライ、お姑さんからの電話

2018-02-19 21:52:18 | 日記

思いがけない入院から家に戻れて半月。

弱ってしまった肺はなかなか戻ってくれず、重苦しい日々です。


そんな中、月初めから遠方に住むお姑さんから頻繁に電話が掛かるようになりました。

最初は自分の飲んでいる水のオススメ。

寝たきりだった人がこの水を飲んで元気になった……信じて飲めばあなたもすぐ治るわよ。

その後は、自分の妹が病になって入院する事になったそうで、その報告。

支離滅裂な内容でも、普段なら上手に返事をして聞き流すのですが、

私も調子が悪いし、自身のこれからに不安があるので、聞いているだけでくたびれます。

今日も耐え難く聞いていたら、あちらに訪問者があったようで、電話が切れました。


今さら「いいお嫁さん」辞められないしなぁー。

でも辛くて、いつかキレちゃうかも。

どうしよう。

コメント

強風と雪!!!!

2018-02-18 09:19:50 | 日記

昨日、スゴ───(〃'艸'〃)───ィ強風でしたね。

風の唸り声で、不安になるほどでした。

雪もだんだん強くなって来て、窓に吹き付けて張り付いていました。



これ、今朝の我が家の玄関です。

朝イチに通路を雪かきしたので、玄関先は少し綺麗になりましたが、

玄関ドアはこの有様。

どこの山の中?って感じですよね( ̄▽ ̄;)

雪国は大変です。

生まれ故郷の山手線の内側に帰りたいな…と冬になると思います。
コメント

パブリックビューイング in 内科(笑)

2018-02-17 09:52:35 | 日記

平昌オリンピックも競技が進み、この日は男子フィギュアスケート ショートプログラムの日です。


いつも行っている内科医院に着いたら、昼下がりの美容系のテレビショッピングが映っていることの多いテレビが、

この日はオリンピック放送がかかっていました。


調度最終組の滑走の時間。にわかパブリックビューイングです。

点数の出るときには、看護婦さんまでテレビの前に移動。ほとんど熟年女性の観客で、ほんのりはしゃいで、若やいだムードです。

「宇野くんに負けたら羽生くんは辞めちゃうかもしれないわね」

「あら、日本人じゃない人も出るのね」

「オリンピックだから・・・・・・」

知識も関心もさまざまな人達ですが、演技が成功したか、綺麗だったかはわかるので、

最後にはささやかな拍手と歓声も出て、一体感の生まれた観戦でした。


場所はどこでも、皆で見ると楽しいですね。


検尿して、採血して、診察して、処方箋を受け取って、本来の目的を終え、内科を出ました。





コメント

運動してみた

2018-02-15 10:53:00 | 日記

一月の上旬から調子が良くなかったので、スポーツウーマンを自認する私なのに、身体を動かすことを控えていました。

というか、動かせなかったですかね。


入院中は野とン度食べて寝るだけの性格で、体重は変わらないものの、筋肉が落ちてしまい、

胸はペタンコになるし、お尻も「プリッ」としていたはずなのに(笑)下がってしまうし、

手首や腕が細くなっていくのが実感して、悲しくなりました。

一挙に体にシワが入ってきますよね(涙)


そろそろ何かしなくちゃ。

ダンスとテニスとスポーツジムを楽しんでいたので、とりあえず自分のペースでやれそうなスポーツジムに行ってみることにしました。

でも・・・・マシンを使って筋トレしたり歩いたりしていたわけではないのです。

じつはそれ、苦手。黙々と努力するタイプじゃないのです。残念。

で、自分の好きなスタジオに、後ろの方で参加してみることにしました。

比較的緩い動きの物を選び、イントラには途中で出る許可を得ました。

すっかり振付とか忘れていて、それでも周りの人のペースもゆっくりだったし、自分もある程度セイブして、なんとか最後まで動けました。

胸も、息も、苦しく無かったです。


それに味を占めて、翌日も参加。今度のはジャンプなどもある、激しい感じのプログラムです。

私の入院を知っている年配の方から、「ちゃんと主治医の許可を得ているの?自分の判断で無理をいちゃだめよ!」と始まる前に叱られ、

許可を得ていない私は大いに反省して、急に胸が苦しくなってきたような気持ちになりました。

案の定、動きが激しくて、セーブはしたものの身体が自分ではないようにバラバラになり、最後まで持ちませんでした。

やはり、肺の機能が万全ではないようです。深呼吸しても、60~70%かもしれません(泣)


なに焦っているんだろう、私。

5月に海外旅行が決まっているので、それまでに健康になって、元通りになって、せっかくだから目いっぱい楽しまなくちゃ、なんて思ってる。

ひょっとしたら、あのひどい状態から少し回復したのは、薬がたまたま効いたラッキーであって、

ずっと右肩上がりで病気が良くなっていくとは限らないのかもしれない。


考えても仕方ないけれど、悲観はせず、でも無理せず、しっかりお医者さんに掛かっていかなければ、と思います。


焦らない、頑張りすぎない、ですかね?
コメント