私の70代

愈々90代に足を踏み入れ、人生の最終ラウンドに入った想いです。野菜作りとパソコンにも向き合っていきます。
 

10月の畑 (再度の台風)

2017年10月29日 | 野菜つくり

 連週の台風の来襲になりました。先週22日の21号、今日29日の22号で共に日曜日です。台風21号が去った先週の週末26日27日の2日間は、素晴らしい秋晴れでした。早朝から夕方まで雲一つ出ない秋晴れで、思わず午前午後と働いてしまいました。勿論22号が来ることを頭においてです。
 予報どおり、昨日28日は夜中からの弱い雨で一日中続きました。明けて今日29日も朝から雨が降っています。台風は、夕方ごろに東海地方に最も接近するようですが、21号よりも勢力が一ランク下のようです。コースもよく似ており、九州、四国太平洋上を北東に進み、21号は静岡から関東地方に上陸し洋上にでましたが、22号は関東地方をかすめる感じで洋上を進むようです。とすると 台風は21号よりもはるか南方を行くわけで少し安心しています。

                    
 21号が去って先週26日に、3本のトンネルを外した畑です。トンネルが無かった白菜はちょっと酷く、カリフラワーやブロッコリーも風にもまれて痛んでいますが、回復してくれると思っています。台風22号が軽くすんでくれることを願っています。 

 
                     
  
大根(左)人参(右)も痛みが少なくなるよう願っています。10月末に連週2回の台風の来襲は初めての体験です。

コメント (1)

台風21号と衆議院選挙

2017年10月22日 | Weblog

 全ての日に雨が降った訳ではないですが、秋の長雨に入って9日目に入りました。その今日、日曜日は朝起きた時より、細かい雨が降っていました。台風21号の進路が東海地方に向かっており、23日上陸の予報でしたから、今日一日は雨を予想していました。今朝は、6時起床でした。普段どおり眼が覚めましたが、外は雨のようで・・・畑にも出れないし、と横になったのが原因で遅くなってしまいました。手早く朝の担当を済まして部屋に落ち着いたのが、6時30分を少し回っていました。
 テレビをつけると、高齢者の「運転免許の返納の葛藤」問題で眼をこらして聞き入りました。私が自動車の運転を止めた時の心境と、重ね合わせながらです。終わって、7時からニュースで衆議院選挙が始まっていることが耳入ってきました。選挙は、ずーっと女房と一緒に行っていましたが、今回は女房は”行けない”という話し合いになっていました。まだ起きてきていない、雨の小降りの内に行ってこようと、自転車で出掛けました。予想したよりも多くの人が来て見えました。多くは自動車でです。これで今日は気をやすめてすごせると思いました。
 
 正午になりました。雨は絶え間なく降っていますが、午後からちょっと多めになったかな?そんな感じです。 ニュースでは、大型の台風21号は、強い勢力を保ったまま22日未明から23日朝にかけて、東海地方から関東地方に接近し、上陸すると報じています。とすると、愛知県尾張地方では、台風は太平洋上を進むわけで過去の経験から最も被害が少ないコースです。私の住むところは、愛知でも最も北の岐阜県に接し太平洋海岸線まで約100キロあります。テレビでは、記録的大雨情報がでて・・・各地に警報がでていましたが、今回も雨戸を閉めないことにきめて・・・、昼間と変わらない状況が続いて夜を迎えました。

 今日は衆議院選挙の投票日で、勿論その結果には関心を持っていました。投票締め切りが夜の8時でその直前のNHK情報で、自民党と公明党の与党で過半数を超える優勢・・・、そして各党の当選者数が巾をもつて表示されました。開票前にです大勢が判明している?初めて見る訳で驚きました。選挙期間中の情報と、出口調査と、過去の経験からの発表で・・・此処まで進んでいるんだ!と再度驚いた次第です。開票速報と台風情報を交互に見ながら、珍しく11時までテレビにかじりついていました。

 今回の衆議院選挙にまでいたった、もろもろの政治情勢は関心を持ってみていました。私なりの意見や考えを持っていましたが、書いたり、発表する力量は持っていません。ただ言える事は、国会の解散が決まってからの、野党第一党の民進党の解党、再編。三分の二を超える巨大与党と弱小野党になっ政変は、過去にいや未来にも起こらないであろう事に、出会えたことは特筆出来ると思っています。私は、日本に健全な二大政党制を願っています。が日本はどの道をたどるのかなー?

                        
 23日(月)朝起きて外を確認したら、明るくなりかけた空の雲が切れて青空が期待出来そうでした。8時過ぎには陽がさして来て、風は朝方は微風でしたが、時がたつと7~8メートルの強い風になってきました。昼ご飯を食べ直ぐ畑に出ましたが、もう畑仕事ができるほどの状態、雨も少なくて良かったです。写真は、お隣の柿で殆ど葉っぱが落ちて居ません。(10時撮影)

 

コメント

10月の畑 (トンネルを外す)

2017年10月18日 | Weblog

  「秋の長雨」とは、9中旬頃から10の上旬あたりにかけて訪れ停滞前線もたらす長雨をさしますが、今季はちょっと遅く10月中旬になってやってきました。14日頃から曇天になり以後傘マークが並ぶ週間予報になりました。自然現象には素直に従っていくしかないですが、野菜作りをしている以上畑の事が気にかかります。しかし 私の所は、今年も・・・いやここ数年台風や水害の被害は、軽微ですんでおり有り難いと思っています。
 ここ3日ほど雨模様の天気でしたが細かい雨で、昨日17日は正午には晴れてきて畑に出ることが出来ました。今日18日は朝から晴れていて、早々と畑にでましたが、今の畑は軽い作業で・・・、袖や裾が濡れる程度でした。トンネルも半部以上外して、今朝の畑を写真に撮ってきました。

 予報どおり午後から曇ってきました。夜遅くから雨になるようです。台風21号が来週早々東海地方に接近するようで・・・、傘マークが並んでいます。台風も直撃でなければいいが?と願っています。

                   
 畑が青々となってきました。まだ3本のトンネルが残っていますが、台風が去ってから外そうかと迷っています。

         
         約1ケ月前に定植した白菜です。

                   
           トンネルの中のキャベツです。

                    
          同じくカリフラワーです。

                   
            レタス ロマリアです。  以上一部の野菜の紹介ですが、今の処順調です。

コメント (1)

二年目のコスモス

2017年10月12日 | 花作り

 昨年休耕地に、小さなコスモス園を作ってみようと考えてコスモスの種を蒔きました。種の入った小さな袋の裏に書いてある、説明書を読む程度の知識でです。結果は散々な失敗でした。発芽が凄く悪かったことが、出だしの失敗でした。本来野菜作りに力を入れているのに、コスモス園とは身の程知らずと漠然と考えるだけで・・・深く反省しなかったようです。昨年10月17日の投稿で、その貧弱なコスモス園と私の思いを投稿しています。そしてすべてを忘れてしまっていました。

 ところが今年4月末頃、そのあと地にコスモスの苗が地面いっぱい生えている事に気がつきました。昨年秋”みすぼらしい”コスモスを放棄してしまった訳で・・・、あと地を耕運機などで深く耕す事もせず、草を掻く程度でしたから、高い確率で落ちた種が発芽した訳です。あまり深く考えず・・・、本能的にこの苗を育てて・・・、秋に花を咲かせようと、間引きをして、その苗を周囲に植えて前年の倍ぐらいの面積に広げました。

 ところが6月になると、コスモスに花が咲きはじめました。「コスモスは、6月に花がさくんだ!?」の思いで、但し秋とは違って”パラパラ”程度です。暑くなってきて盛夏の頃には花は咲きませんでしたが、樹勢は盛んに伸びて・・・折り重なって倒伏状態になって来たのが9月でした。見た目畑が汚くて約3割のコスモスを引っこ抜きましたが、草丈が大方3メートル余になっており、草丈の途中から根っこが出ていました。
 ところが10月に入る頃になると、草丈の先端部分が頭をもたげて盛んに花を咲かせるようになり、遠目には綺麗にコスモスが咲いているという感じになりました。そのコスモスを昨日12日に写真を撮ってきたのが下の7枚です。   

                    

                  

                   

                  
 前年の事を思うと沢山の花が咲きましたが、私のイメージとは違っています。それが私の無智から来ていることを反省しました。

 コスモスは、メキシコが原産で痩せた土地でも育ち、乾燥にに強い作物のようです。陽が短くなると花芽が出来る短日作物で、種を蒔いてから3ヵ月で開花する性質があることを知りました。だから10月に花を見ようとすると、逆算して7月末から8月が種まきの適期です。早く蒔きすぎると草丈が伸びることを勘案して来年は挑戦します。草丈は、1m20~30cmが最適だと思っています。今は花の終わった種を集めて、新しい品種も取り入れたいと思っています。

コメント

十五夜

2017年10月06日 | 風景

 9月の中頃になると、十五夜には里芋を掘らなければ・・・、だから十五夜は何時かな?と、今年も思いました。私の所は、十五夜を通称「芋名月」というほど、初採りの里芋をお供えする風習が昔からあります。今から思うと貧しかった子供のころの十五夜のお供えの里芋は、おやつがわりで甘くって美味しく、今もその味が体にじみついています。
 十五夜は、秋の収穫を祝い感謝する行事とされており大昔より続いてましたが、この伝統行事を行う家庭も少なくなったと思います。私と女房がかたくなに行っているという感じです。

 芋を掘って洗う事、女房が煮つけてくれたこと、萩とススキを飾ることは簡単に出来ましたが、写真を撮りに行くことは随分迷いました。自転車であること、夜の行動であること、撮影ポイントが見通しのいい処であることで慎重にならざるを得ません。結果は、近い所で、自動車の少ない安全な道で、明るいうちに出かけて早く帰るを決めて出かけました。5時頃でかけて6時10分頃には無事家に帰っていました。もう来年は家の周りの行動にだけにします。
 撮影には、35分ほどかけ後半は夜景を撮るという感じでしたが、今回は”コツ”を覚えたという思いで、初めて良い月が撮れたと思っています。

                    

                     

                     

                    

                    

コメント (1)

10月の畑 (菜っ葉の初採り)

2017年10月04日 | 野菜つくり

 めっきり秋らしくなりました。特に朝方は毛糸物の上着をはおる日があります私は・・・。冷え症の女房は、毛糸のシャツを2枚も着て、日中になると汗が出てきて脱いだりしています。この12月で米寿を迎えますが2人とも立派な老人です。もう一週間も前から炬燵をだしてくれ!と云っていますが、今日午後にも出します。

 畑の方は順調です。無理をせず天気を選んで半日程度で出ています。一週間ぐらい前から秋の葉物野菜が採れ始めました。これから来春3月頃までの半年間、野菜を切らさないよう段取りしており、且つ段取りしていかねばなりません。しかし夏場の事を思うと余裕の畑作業です。

               
               8月30日蒔いた小松菜と5日後にまいた山東菜です。

             
 昨日10月4日に採った茄子とピーマンです。夏の果菜類が今迄あるという事は珍しいことです。今年の夏が酷暑でなかったこと、追肥(礼肥え)を確りやったからだと思っています。但し味の方は、旬の時よりちょっとおちますが、助かっています。 

               
 今年のさつま芋の苗は、全て買い苗にしました。自家苗をすべて失敗したのが原因です。原因の理由ですが、前年の失敗が生かせません。むしろ年ごとに失敗度が大きくなってきている感じです。さつま芋の苗作りについては・・・。老いてきたという事です。
  9月初め頃から、2株3株と掘って頂いていますが、こんな巨大芋が一個出てきました。2.4キロあります。普通芋の5~6個分です。天ぷらににするといっていますが、何時になることやら・・・「要支援2」の女房ですから・・・。私が担当する・・・、とまでは考えません。そんな感じでやっていきます。

 

コメント