私の70代

愈々90代に足を踏み入れ、人生の最終ラウンドに入った想いです。野菜作りとパソコンにも向き合っていきます。
 

ブログ10年の節目

2017年07月29日 | 随想

 我が家の庭で、この夏初めて「あぶら蝉」を見つけました。28日朝でまだ羽化したばっかりと云った感じです。あぶら蝉の姿を見ると、いよいよ夏本番を思わせますが、まだ晴れた時は少なく、雲り空の日が多いです。畑に出ると蒸し暑く・・・流れる汗は、かんかん照りの真夏以上です。日射病で倒れたら大変と、水分をとり休憩を小まめにとるようにしています。
 年齢からすると、無理をして働く必要はないとも考えられますが、老後の仕事として「野菜つくり」を選んで、体調は良く夜もよく眠れます。就寝は、9時半から10時頃で7時間の睡眠をとっており、トイレは3時ごろ一回です。睡眠の不足分は昼寝で補っています。心の中では、天候の加減などで3日も働かない日が続くと「罪悪感?」を覚える古い昔人間と自覚しています。

        

 74歳で夏休みを利用した、市の中学校でのパソコン教室でパソコンを覚えました。そして約一年後、郷土史の編纂に携わる羽目になり、全くの素人集団でしたが、心血を注いだ四年の歳月をかけ完成しました。お金が無かったから全て自分たちでやり、CDに収めて印刷だけをプロにお願いしました。カラー版183ページ好評で1500冊を売上ました。(写真下)
     
 私のパソコン技術は、郷土史編纂の過程で習得出来たと思っています。何度も壁に突き当たりました。が その時期 小学校のボランテァをしていた関係で、先生や事務職員の方に教えて頂きました。
 79歳の時、お友達のアドバイスもあってブログを立ち上げました。ブログの概要に「パソコンを覚えて、現役時代には想像もできなかった老後を送っています」と書いています。家庭菜園の規模を少し大きくした野菜作りをしていましたから、ネタには困ることなく、月7~8回の投稿をして来ました。いずれ壁に突き当たることも覚悟していましたが、健康にも恵まれて・・・、概要を「ブログを始めて10年になりました。こんな状態で90歳までいけるのではないかと、思うようになりました」この4月に書きかえました。

 正確には、あと6ヶ月で90歳になります。「明日の事は解らない?」という思いはあります。しかし確率は高いと思っています。100歳を目標にしていますが、90代が、すんなりいくとは考えておりません。何が起きても、謙虚で適格に対応していきたいと思っています。

 ブログを始めた時のタイトルを単純に「私の70代」にしました。3~4ヶ月過ぎて息子に、検索で上位に(1~3番)あることを知りました。だから80代になっても、内容はともかく「私の70代」は変えることはなく、90代になってもこのままいくつもりですから・・・、宜しくお願いします。問題は、上位を争ったブログが消えて行ってしまったことです。そして私より一回り下の人が後期高齢者で、20歳下の人が70歳のご老人です。その人たちのブログを拝見するようになりました。新しい豊かな時代に育った人たちと文面からも感じ取れます。戦中戦後の過酷な時代を生き抜いた心で頑張ります。今の心境です。

コメント (3)

入道雲

2017年07月24日 | 風景

 東海地方も18日に梅雨が明けましたが、晴れた日が二日と続く事はありません。と云って雨が一日中降り続くこともありません。?いやこの一ヶ月で洗濯物が一日で乾かなかったのが二回あった程度です。今年の梅雨は雨が少なかった!の印象です。
 九州北部の記録的豪雨災害はもう三週間たちますが、あの大量の流木災害には心を痛めます。その集中豪雨が東へと移って関東、東北、そして北陸三日前には新潟の集中豪雨が放映されていました。
 私のところは、14日午前中に局地的集中豪雨120ミリに見舞われました。その地域が私の所から約10キロ離れており、私の所は推測ですが、30ミリ程度と軽くすみました。その様子が正午のニュースで放映され、京都の娘から電話がかかってきたほどです。

 私の所は、すぐ北に一級河川の木曽川がありますが、二重の堤防(約20キロ)によって守られており、400年前に作られ最初の堤防が造られた時に、河川敷内に取り残された家は、「猿尾式の堤防」によって守られており、所によっては三重の堤防になっている訳です。私も7年前に深夜100ミリの集中豪雨を体験しました。「バケツをひっくり返すような雨ー」と表現されますが、屋根を叩きつける雨音(金属音)は今も耳に残っています。但し起きる事はありませんでした。恵まれた環境だと思っています。

 暑い今の時期は、午前中畑に出るようにしています。無理をせずに・・・、野菜作りは生涯の仕事にしょうと思っています。稼ぐ訳ではないから、気楽で・・・但し美しい畑にしたいですね。行動範囲も狭くなっていきますが、畑や身近なところで美しさを見つけて・・・、文章にしていきたいと念願しています。

                 
 初めて女房と西瓜を食べようと切ってみました。中身を確認したい気持ちもありましたから・・・、もう一週間早く収穫してもいい感じです。西瓜の採る適期を以前「大玉西瓜」では、叩いた音と皮の色で判断していましたが、小玉西瓜は、叩いた音では判断できません。結実して何日と云う方法もありますが、私の場合自分の家で、又子供に提供して試食してもらって決めています。早かったり遅かったりして本当に迷います。写真は、進物用には遅いといった感じです。

 ここ4日ほど又梅雨にかえったという感じの日が続いていました。昨日16日も朝方は少し雨が降ってる感じででしたが、9時ごろから晴れて暑くなってきて、畑には出そびれてしまいました。もうこの時期になると日中部屋にいると、クーラーをつけます。原則真夏でも28℃で二人とも寒がり屋です。昼から涼しくなったら畑に出ることにしました。
 西瓜と南瓜の収穫があるから、4時半頃畑に出ました。西瓜4個と南瓜10個ほどを採り、草取りを1時間ほどしました。帰路東の空と南の空に入道雲出ているのを見て写真を撮ろうと考えました。こんな気持ちになったの何年振りかな?

                 
 カメラを持って南(畑の方)へ出ようかな?北(木曽川堤)へ出ようかと迷いましたが、北へ向かって直ぐ見晴らしのいい場所で出とりました。南方にでた雲模様です。

                
         上の写真のズーム映像です

                
         木曽川堤に行って東方の雲模様です。岐阜県の山間部上空と考えていいです

                
          上の写真のズーム映像です。

 自転車をこぎながら、雲は僅かな時間で変化(消滅)するのではないかと心配し・・・?それでも入道雲に夕日が当たったら、どんな色彩がみえるだろうか・・・?と、30分近くねばりましたが、雲は衰え、赤く染まることはありませんでした。

           

 

  

コメント (1)

7月畑 (西瓜の収穫)

2017年07月22日 | 野菜つくり

 4日前に梅雨が明けました。毎日暑い日が続いています。気温が35℃を超える日はまだないですが、33℃前後快晴ではなく空に雲があって蒸し暑いといった感じです。朝8時を過ぎると畑に出る日課を繰り返しています。女房が体を気遣って止めることもありますが、畑(野菜)が待っていてくれる感じです。それに答えないと畑が荒れてしまいます。
 午前中4時間弱、シャツとズボンは腰あたりまで汗でびっしょりです。ペットボトル1本を持ってでますが、休憩は体が教えてくれます。絶対無理な働き方はしない!事と、私の畑には、涼をとる緑の木陰があります。クーラーの効いた部屋よりも快適ですよ。
 12時前には必ず帰るようにして、シャワーを浴びるとゆっくり食事をいただき、午後は体を休めることにしています。体調は、すこぶるいいと判断しています。
 
                     
 西瓜は今迄ぼつぼつの収穫でしたが、今朝は、茶前と食事ごの2回自転車で運びました。昨年と違って品種をすべて「小玉西瓜」に切り替えましたが、風合い、味で戸惑っています。(失敗・自信を持って進物用に出来ない?)皮が固くて果肉が緻密な分保存がきく利点もあるようですが、来年は再考します。 

                     
        小型の「姫カボチャ」です。一本で10個以上採れます。西瓜と南瓜は重いですが、収獲の楽しみはその重さを
      
  感じません。両者とも50個を目標にしています。

 

コメント

7月の畑 (収獲盛ん)

2017年07月16日 | 野菜つくり

 毎日30度を超す暑い日が続いています。と云ってもまだ梅雨は明けていません。一日中晴れる日は少なく、晴れていると思うと曇ってきて・・・、雷がなり強い雨が来ます。三日前には、午後から黒い雲が上空を覆い、強い雷が鳴り始めました。落雷を感じてテレビ、パソコン、冷蔵庫の電源を切ったほどでしたが、一滴の雨も降りませんでした。ところが夕方のニュースで知ったのですが、約10キロ東の犬山市の犬山城の鯱が落雷で破損し、床下浸水が出るほどの荒れ模様だっようです。
 一昨日は、朝から曇り空で、時々雨午後からは晴れてくる予報でした。月に一回訪れる「太郎と花子」(老人ホーム、大口町友人が入居)へ行ってこようと準備を始めました。9時ごろでしたが、気がつくと強い雨になっていました。「30分以内に雨が止むようだったら、出かけるけるけれど・・・、様子を見よう!」女房に宣言しましたが、結果は取りやめました。午前中雨は止むことはなかったですが、災害を感ずる雨の降り方ではありませんでした。
 正午のニュースを見てビックリでした。行こうとしていた、大口町の「太郎と花子」あたりは、120ミリの記録的大雨だったようで・・・、五条川(中河川)から水が溢れて水田に濁流が流れ込んでいました。人の腰あたり水が来たようです。翌朝「太郎と花子」へ行ってきました。バス、電車、タクシーを乗り継いてですが、腰あたりまで水に浸かった痕跡は見当たりませんでしたが、複数の駐車場でレッカー車が来ているのをみました。自動車が動かなくなったのが出たようです。

 今朝茶前に、畑にいって色々収穫してきました。雨で伸びて二日ぶりの収穫で自転車で二回運びました。今が夏野菜の最盛期でないかな・・・。

                     

                      

                     

                     

                      
            ミニトマトが沢山採れました。最近のミニトマトは雨が降っても裂果しません。

                     
 6月はじめに蒔いた2回目の胡瓜が今日6本採れました。初回蒔きの胡瓜はもう終わりに近づいています。それでも今朝15本採れました。2日ぶりだから大きくなり過ぎていますが、女房が始末してくれます。私作る人・・・です。

                      
 ピーマンが今迄ぼつぼつの収穫でしたが、小バケツに一杯採れました。果菜類の中では一番暑さを好みます。暑くなることを覚悟しなければ成りませんが、気を付けて夏を乗り切ります。

 

コメント (1)

梅雨時の夕焼け

2017年07月11日 | Weblog

 74歳の夏パソコンを覚えました。16年前です。そしてブログを始めて10年が過ぎました。最近こんなことを自覚するようになりました。私は”辰年”生まれですが、一回りしたの人が 後期高齢者 になってみえて、20歳したの人が70代のお年寄りになって見えることです。そういう方々がブログに投稿されて、それを読ましていただく機会が多くなり、そうした面からも、反省と自分の年齢の自覚しきりといった感じです。淋しいですが、行けるところまで頑張るつもりです。但し子供には、厳しい検閲を頼んであります。「止めた方がいい!」と云えば素直に従うつもりです。

 この10年余で「夕焼け」投稿したのは、初期に一回だけと記憶しています。私の場合写真を使っての投稿が多いですが、もっぱら「朝焼け」の方に興味をもっています。と云うのは、私の日頃の生活が日の出前の早朝起床が習いになつているからです。何時だったかもう忘れましたが、朝焼けの美しさを知ってからは、その美しさが頭にあって・・・、毎朝窓を開けるようにしています。しかし朝焼けが投稿出来たのは、過去4~5回ぐらいかな?裏の木曽川堤までいって写真が撮れたのは2回だけでした。
 
 それにくらべ夕焼けに出会う機会は、極めて少ない環境です。夕焼けが起きる西に向かって住宅に窓がない事です。住宅の北側に窓があって僅かに北西の空がみえます、昨年までは我が家の倉庫があった訳です。それが取り払われて、北西の空が小さく見通せるようになって、この5日と6日に夕焼けの写真を撮ることが出来ました。
 これから90代に入って行くわけですが、野菜作りとブログを続けていく以上、行動範囲が狭くなっていく事をじかくし、身近なところで美を見つけなければならないと思っています。
 只この5日6日は、九州北部で大きな災害が起きており、心を痛めておりました。

                      
           家の南側の庭にでると、工場と倉庫が取り払われており、数枚の写真を撮ることが出来ました。

                      
             背中の上空に月を見上げる事が出来ました。上2枚は5日です。

                      
 翌6日も夕焼けがあるかな?の関心があって、6日は早い段階から写真を撮ることが出来ました。前日とは雲の状態が一転していました。 

                      

                           
           夕焼けは、10分程度の短い命でした。比べると私は朝焼けに惹かれます。

      
 スライドショーでは5日は2分間だけのドラマでした。気づくのが遅かったからです。「朝焼け」「夕焼け」を比べると、私のところでは朝焼けの方が変化があるようです。但し写真を撮りに木曽川堤まで自転車でいくのを躊躇する年代になりました。老いとはこう云う現象を含めて色々の事が起きてきます。いずれ触れていきます。
 

              夕焼け

 

コメント

7月花たち

2017年07月05日 | Weblog

 梅雨時と云っても、私の処は相変わらず雨の少ない日が続いていました。が突然と云っていいですが台風3号が発生して、足早に本土を縦断していきました。九州に上陸し四国を縦断し紀伊半島をかすめるコースの予報でした。
 その昨日4日は、朝から曇り空で・・・、但し雲も明るい所があって雨の降る模様ではありませんでした。朝から畑に出て、前半は胡瓜など果菜類の収穫で、後半は草取りで勢を出しました。気温は30度を超えて蒸し暑く、シャツからズボンまで汗でぐっしょり濡れます。3日ほど前からペットボトルを1本持って出るようになりました。

 お昼に帰るとシャワーを浴びて冷たいものをコップ一杯吞みますが、食事は体が落ち着くまで約1時間とらないことにしています。体が興奮状態で胃の負担になると考えたからです。昨年までは意識しなかったことです。
 「お父さん、洗濯ものは大丈夫~」 「まだ大丈夫!」と、”うとうと”していましたら、2時頃雨足が糸を引いているのが目に入りました。ビックリして飛び起きましたが、まだ降り始めたばっかりで助かりました。以後雨足に強弱はありましたが、止むことはなく・・・、雷が鳴り始めて・・・、但し激しい雨もありましたが、長く続くことはなく、降ったり止んだりの状態で、風はほとんど無風状態でした。そして午後5時半頃には、西の空が明るくなってきて、畑を含めて被害はないと推測しました。ありがたいという思いでした。
 
 今朝は、(5日)昨夜雨が降った痕跡はありましたが、青空ののぞいた夜明けでした。午前中は畑に出れないと考えて、ここ2日ほどで撮ってあった写真を引っ張りだしました。まだ花作りに舵をきって日が浅いですから、模索中と云った感覚です。具体的には、百日草は二年目ですが、うっかり矮性の種を買ってしまいました。背丈が低く切り花に不適です。初めて買ったダリアの球根8種類は、初年度で未熟?ぼつぼつと云った感じです。
整えるまでに2~3年かかるかな?「個の美」を撮りたいという思いだけで?・・・畑にある花です。

     
       花

コメント