私の70代

愈々90代に足を踏み入れ、人生の最終ラウンドに入った想いです。野菜作りとパソコンにも向き合っていきます。
 

今年は、やはり涼しい!!

2012年06月29日 | 野菜つくり

 梅雨時というのに、30℃以上の夏日が8日間続いています。しかも、今日6月29日は予報最高気温は36℃と報じられています。これは、日本中で一番暑い日を迎えることになります。
 しかも、前2日間の昨日、一昨日は、最高気温が35℃でした。梅雨に入ってからの空模様は、雨が降らなくても朝から雲の多い日がほとんどでしたが、今朝は夜明けから雲一つない晴天になり、暑い日差しが容赦なく降る注いでいます。 真夏の日照りを思わせますが、まだ6月ですよ・・・。(以上一年前の6月29日投稿文

 野菜作りで、「一年前は何を投稿してただろう?」と折々振り返る事があります。上記の記事も昨日見つけました。というのも「今年は、夏野菜の出来が悪い・・・」と、耳にするようになり、事実夕方になると”肌寒いような、涼しさ”を感じていて、つい振り返ってしまいました。

今日は、久しぶりに気温が30℃を超えましたが、調べてみると20日ぶりの高気温だそうです。畑には小さな草が一杯生えていて「今日は草掻き」をしようと、午前中畑に出ました。カメラを持って・・・。

        

        
   我が家の夏野菜は、皆さんが言われるほど”不作”ではありません。南瓜は小型の『姫カボチャ』です。

   
 まくわ瓜類です。                         ミニトマトです。

   
 西瓜です。                           秋茄子です。

 上記四種類は、8月以降秋に向かって収穫できることを狙った”遅蒔き”野菜です。案外多くの本数を植えており、今年特に力をいれいます。

 

コメント (1)

6月の畑 (ジャガイモの収穫)

2012年06月27日 | 野菜つくり

 梅雨入りしてから18日が過ぎました。台風4号も当地を避けてくれて、3日遅れで来た5号は早々と”温帯低気圧”になり殆ど影響はありませんでした。
 雨間の23日(快晴)にジャガイモの収穫をしました。去年の”秋じゃが”が不作でしたから、心配しましたが良いジャガイモが掘りあがりました。朝早めに畑に出て、芋の出来が良いと楽しみが湧いてきて頑張り、午前中に7割がた掘ることが出来ました。

 写真のように並べて乾燥させて、午後から女房が”選別・集果”を手伝ってくれました。2年前までは一人でやれましたが、歳ですね!!助かりました。
 あと、3列残しましたが、今日27日掘ります。種芋10キロで総収量200キロを予想しています。

 ジャガイモの原産地は、南アメリカ、アンデス山脈の3~4,000メートル級の高冷地とされて居ます。だから、春に気温が上がらず涼しかった事が豊作につながったようです。しかし、6月下旬になって夏果菜類の最盛期に入ろうとしているのに4月下旬の低い気温の日が、3~4日と続いています。世の中、思うようにはいきません。

        

        
    3月中旬蒔いた人参も採れ始めました。雨が少なかった分”容姿がゴツゴツ”しています。

 今の畑には、葉物の野菜はキャベツをほんの少し残すのみで、玉葱・写真の人参・収穫真っ盛りの胡瓜・それに茄子・ジャガイモで我が家の食卓を賑わしています。トマトが”ぼつぼつ”参入して来ます。カボチャはあと一週間で採れるかな、西瓜は7月10日初採りを予定しています。
 遅蒔きの、西瓜・瓜類・トマト・秋茄子などの苗も先週で植え終わりました。後は気温が上がってくれる事と、梅雨も大過なく終わって夏本番を期待しています。

   
 

 

コメント

念願の朝焼けを撮る

2012年06月24日 | Weblog

 念願の「朝焼け」を撮ることが出来ました。
 今年2月12日早朝の”朝焼け”に気が付いて写真を撮りに駆けつけましたが、一歩遅すぎて失敗した経験がありました。以後絶えづ気を配っていましたが、その機会にめぐまれませんでした。

 我が家では、私が一番早起きと自負しています。年を通して4時半から5時の間に起床するのを常としています。この季節は、もう4時には”空は白く明けて”来ます。
 6月23日(土)は、何故か4時前に目が覚めて、4時5分に床を離れました。何時ものように洗顔をして、コーヒーを入れて部屋に戻りました。座る前に窓際の障子を開けると、東の空が少し赤く染まっています・・・。
  コーヒーも飲まず、とっさにカメラを持って車に乗りました。短い距離ですが”安全運転”に気を付けて裏の木曽川堤へ走りました。

 前回の失敗もあり、早起きする習慣から”朝焼け”には関心をもっていましたが、朝焼けが起きる環境は滅多に現れない・・・そんな思いを持っていました。今回朝焼けに出会えたのは、幸運?予感?偶然だったかもしれません。何れにしろ恵まれた朝になりました。
 それに朝焼けは、短い命?秒単位で変化していく事を知りました。それに太陽が地平線上に顔を出した途端に終わるようです。 

      
   着いて直ぐ撮った写真です。東方向を4時28分撮影です。もう数分早かったら・・・と反省しています。

      
    東南東の恵那山(中央アルプス南端2,191)を望みます。4時29分撮影です。

      
    東方向で、左前方の橋は、木曾南派川に架かる「思いやり橋」で、4時31分撮影です。順次橋の方へ移
    動していく訳ですが、もう橋の上には二人のカメラマンが来て見えました。二人とも望遠レンズをつけて
     “日の出”に焦点を当ててみえるよう・・・、横目でそれを感じながら、私は”朝焼け”に専念しました。

      
    北東方向で、遥かに木曾御嶽山(3,067M)を望みます。4時36分撮影です。

      
     4時50分撮影で日の出を撮っており、朝焼けはもう終わっているようでした。

 初めて「朝焼け」を観察することが出来、カメラに納めることが出来ました。写真を調べると朝焼けの変化は、わずか13分間の短いものでしたが、美しく感じました。すごく・・・・

 
 今回は、撮った写真19枚を全部スライドショウ―に載せます。後半の4枚は結局日の出を撮っていることになりますが・・・最初が4時28分で最後が4時52分撮影で24分間に撮っています。写真の水路は木曽川(南派川)です。

念願の朝焼けを撮る

コメント

台風4号に惑わされて

2012年06月19日 | 随想

 「今日16日(土)予報どおり昨夜からの雨になりました。細かい雨が絶え間なく降っています。 こんな天気がここ一週間は続く予報で、後半は台風4号の影響があるそうです。」

 16日に投稿で上記のように書いていますが、その台風4号が19日近づいてきました。朝目を覚ました時は(4時30分)雨は降っていませんでしたが、6時過ぎには前触れを思はせる激しい雨が降り始めました。しかし、長続きすることはなく、小降りになったり、雨間もあり、鬱陶しい時が過ぎていました。
 午前中の台風と進路予想では、風速35m、瞬間風速50m、時速50Kで北北東に進んでおり、紀伊半島に上陸して本土を縦断すると報じていました。

 とすると、私の住んでいる愛知県西部は”まともに”台風の直撃を受けることになります。長い経験から台風が北側を通る時は被害が大きく(その可能性大)、南側を通るときは被害は小さい思いですから、まだ 四国足摺岬南方洋上ですから、少しでも進路がずれてくれることを願う気持ちでした。でも”祈る気持ち”だけでは駄目で、昼食事を済まして雨間を利用して畑を一回りしました。(小さな風と雨対策)家の方は”雨戸を閉め”のが、私の担当でこれはもう少し後でいい”の思いでした。                               
     
       
         (写真は、台風4号と、5号を表示しています)
 
 午前、午後を含めて3回ほど”うたた寝”をしてしまいました。4時過ぎに目を覚ますと、テレビの報道が少し変わっていました。『台風は、進路を東よりに変え、時速65キロで北東進行中・・・
』と報じていました。
 早速気象庁4時発表の台風進路図をみました。上図では、台風の中心部は紀伊半島洋上をかすめるように北東に進んでいます。
 私の所の最悪な状態は逃れたと判断しました。台風の強風域は半径25キロありますが、和歌山、三重、をかすめて、愛知東部から静岡県に上陸する感じです。私の所は、太平洋岸
までは約100キロありますから・・・。

 午後からは、風は無風に近いですが、雨は間断なく降っています。強弱織り交ぜて断続的ですが、この程度なら工場など浸水は無いと判断しています(土嚢対策してある)。しかし、最も近づくのは3~4時間後になりますが、油断せず、
あとは息子に任せます。

 3日後に来る5号が心配ですが・・・?
 

コメント

6月の畑 (果菜類の近況)

2012年06月16日 | 野菜つくり

    6月8日梅雨入りを宣言されてから一週間が過ぎました。2回ほど雨が降りましたが、降雨時間、量を含めて”慈雨”と言った感じの雨でした。この時期畑の大きな仕事は、ジャガイモの収穫がありますが一週間ぐらい先送りする予定をしています。しかし、畑には細かい仕事の、スイカ、カボチャ、キウリ、ナス、トマト(果菜類すべて)の誘因、側枝の摘除、今年意識して行っているのは、トマト、ナス、キウリの下葉の摘除です。老化した葉や、日差しを遮る葉の摘除は、風通しを良くし病気を防ぎ、果実の成熟を早めると考えています。

 だから、こまめに畑に出ています。それにキウリは収穫中期、ナス、ピーマンは収穫初期ですが、毎日のように収穫してやらねばなりません。 収穫は女房にも任せることが出来て助かりますが、何よりの楽しみなようです。
 午後カメラを持って畑を一回りしました。                       

        

        

              

              


                             
  今年の夏野菜の成果は、前年と比べると少し上がっていると『自己判断』しています。 女房の言葉を借りると「今年は、キウリを上手に作ってもらって助かる・・・」のだそうです。

 今日16日(土)予報どおり昨夜からの雨になりました。細かい雨が絶え間なく降っています。
 北海道を除き、全国的に雨模様の天気で、大荒れの集中豪雨に「要注意」だそうです。こんな天気がここ一週間は続く予報で、後半は台風4号の影響があるそうです。「集中豪雨はもう御免・・・」そんな思いです。

 6月末に”一荒れ、荒れて!!”梅雨が上がるのが相場と記憶していますが、梅雨入り一週間でもう来るの・・・?

 


 

                                                                           

コメント

梅雨の花 紫陽花

2012年06月13日 | Weblog

 中二日置いて、予報どおり今日12日は午後から雨になりました。それを予定して昨日は、遅そ蒔きしてあった果菜類の苗を本圃に定植しました。(6日ブログで投稿分)大玉、小玉スイカ16本、メロン瓜、黄色瓜、バナナ瓜16本、かりもり瓜8本です。
 これで夏の野菜の大方の植え付けはすんで、今日12日は”ゆっくり休もう”と決めていました。それでも朝起きざま(5時半ごろ)自転車で畑を一回りしてきました。やはり昨日植えた苗が気になって様子を見てきたわけです。
勿論大丈夫・・・でした。

 朝食事を済ますと、我が家と、近所の紫陽花を撮ってこようと散歩を兼ねて出かけました。目当てはつけてありましたから・・・。
 近年、眼の疲れを凄く意識するようになりました。読書はホンの2~3ぺページ程度で”眼がぼやけて”きます。パソコンでもそんな現象になりますが、困ったもので”年が原因”と考えています。だから 集中力や思考密度が散漫になって纏めるにも時間がかかります。老いとはこういう事かと、何時も思い知らされます。

 それが、畑に出ると疲れた眼や頭が、瞬く間に癒されます。緑の自然はなによりも私に合っているようで、野菜作りは死ぬまで止められない思いです。 

  

  

  

  

  

  

  

  

 ほんの30~40分歩いてきて、50枚ほどの写真を撮ってきて午後一杯掛かって纏めればいいや・・・そんな感じでパソコンに向かいました。が、上記のような理由で2回ほど眠ってしまいました。夕方になっても纏まらず、夕飯を食べて、風呂に入ってからやろうと、先送りしてしまいました。

 私の場合、こういう事は”難産型”で、それに歳が手伝って遅々として進まず苦労します。夜10時半になり投稿間際になって、不手際で映像が一部飛んでしまいました。「またやってしまったー」愚痴る思いが頭に浮かぶ前に寝ることにしました。
 結局13日に繰り越し、8時36分投稿に漕ぎつけました。

 

コメント (1)

玉葱 專科

2012年06月09日 | 野菜つくり

 3日前の6日に『雨が欲しい! 当分降りそうにないし・・・』と嘆いていましたが、急に予報が変わって8日9日と傘マークが出ました。「ここで、やるしかない!」意を決して7日朝から、玉ねぎの収穫を始めました。気温は29℃と暑い日でしたが、玉葱の茎を少しでも乾燥させるため頑張り、午前中で済ますことが出来ました。

      
 抜いた玉葱は根っこを包丁で切り落とし、良く乾くよう並べていきました。午後からの予報では、明日8日は「雨は午後遅くなってから・・・」と言っていましたから・・・”1日半乾燥できるから、まあ いいか”の思いでした。
 ”茎を縛って吊るす”ため2~3日乾燥させるの最適ですが・・・。

      
 8日も午前中は日差しがあって暑く、遅めに畑に出て、玉葱を4個づつ縛り、午後から縛った玉葱を集めて小屋に吊るしました。 右側4列が今回収穫した晩生玉葱です。左側の葉っぱの垂れてるのが、2週間前に収穫した早生玉葱です。
 4月が気温が低かったせいか、近所でも「今年の玉ねぎは出来が悪い!」と、いう声が聞こえます。我が家でも、玉の小さいのがあって2割は減収と言ったところです。
 夕方6時頃より”ポツリ、ポツリ”雨が降り初めました。
 九州北部、中国、四国、近畿、東海地方が一度に梅雨入り宣言され、良い時に収穫が出来ました。

      
 12月収穫予定の新品種「シャルム」で、8月末に本圃に定植します。径3cm位の小玉です。普通玉葱を1個並べました。

 玉葱は、長期保存できる貴重な野菜の一つです。しかし、自然保存では、こちらの都合の良いような長期保存は無理で、秋口から腐りはじめて”ポタポタ”落ち始めます。だから、12月に新鮮な玉葱が食べれることは凄く魅力的で初めて挑戦してみました。
 この”タネ球”を作ることは難しい事ではありませんでしたが、本圃に定植してからです・・・・。結果は必ず報告します。

 

コメント

ひと雨欲しいです

2012年06月06日 | 野菜つくり

 5月15日に一日雨が降ってから、今日でちょうど3週間雨の無い日が続いています。台風3号の影響で、昨日は一日曇りで、夜は雨の予報でしたが結局降りませんでした。台風が遥か太平洋上を行った関係のようで、今日6日は朝から晴天で気温は午前中に30℃に上がり、且つ風速8~10メートルの追い風が吹き荒れています。
 
 故に、朝から畑の”水遣り”に追われました。と言っても畑にはそれぞれ30~50メートルのホースが常備してあり、畝間の溝に水を流すか、スプリンクラーで水を撒く訳です。しばらく、雨がない感じですから”タップリ”やりました。

  
園芸用の小さいスプリンクラーですが、直径10メートル位撒けます。右は水が撒けない境の土は「真っ白」です。

      
 遅蒔きの果菜類の苗です。西瓜2種類、メロン瓜3種類、胡瓜の他にトマト、茄子が蒔いてあります。あと一週間位で本圃に定植します。トマトと茄子は少し遅れます。

 西瓜とカラス 対策
  上図の2種類のスイカの苗を植えると、計二十数本を作ることになります。 今年は多い・・・です。理由は「不問」にしてください。

      
 雨が降らない分、西瓜の着果良好です。早々と”カラス”対策をしました。百円均一の「手鏡」をぶら下げて、風にゆれると”キラキラ”と反射します。初めて3年ぐらいは効果大でしたが、彼らも学習するようです。(その1・・・)

      
 上空に「テグス糸」を放射状に7本ほど張りました。これで我が家のカラス対策は万全です。簡単で作業に支障がないのが利点です。(その2・・・)

 

コメント

6月の畑 (定植一ヶ月)

2012年06月02日 | 野菜つくり

  夏の果菜類を畑に植えてから約一ヶ月経ちました。本葉3~4枚で畑に定植してから、世話をして来ましたが見違えるように成長してきました。胡瓜や茄子は、ぼつぼつ収穫(初どり)し始めて、6月に入って今朝はカメラを持って畑にでました。
 5月の天候は、どちらかというと、雨の少ない月でした。月はじめに二日ほど小雨の日があり、15日一日だけの”慈雨”がありましたが、以後半月雨は降っておりません。今日6月2日は、週間予報で雨マークで期待していましたが、二日前なると消えてしまい、以後一週間雨は無い予報です。しかし当地は、木曽川の水を使う「灌漑施設」があり本当にありがたいです。だから、健康色ですくすく育っている感じです。
 今年は、例年よりも元肥を倍近く入れています。その分”追肥を少なくする思い”で掛かったのが特色です。

    
  胡瓜です。今年は下葉は早めに摘除する方針です。二回目の作付の胡瓜が”貝割れ葉”になっています。  

    
 茄子です。茄子も”秋ナス”用に蒔いています。

    
  トマトです。トマトだけは、元肥が入れてありません。第一回の追肥も思案中です。

    
  トウモロコシです。両側に間を置いて追肥をし、水を充分撒いてやったら成長してきました。

    
  スイカです。実は一番果は全部摘除したつもりでしたが一個残っていました。これは育てます。今二番果が着果中です。

    
  樹勢が、ちょっと良すぎる感じですが、雌花が盛んに咲いています。

 畑には、小さな仕事が必ずあって、作物の顔を見に出るようにしています。
  

 

コメント