私の70代

愈々90代に足を踏み入れ、人生の最終ラウンドに入った想いです。野菜作りとパソコンにも向き合っていきます。
 

5月の畑 (果菜類の定植)

2018年05月01日 | 野菜つくり

 近頃は、夏日を交えて絶好の日和を迎えています。庭を含めて景色は新緑の侯になりました。畑の方は、まだ緑いっぱいという感じではないですが、夏の果菜類の定植を済ますことが出来ました。年々作付本数を減らしてきましたが、今季は、果菜類で37本の苗を植えました。前年の事をおもうと約10本少ないといった感じです。作業手順も1回で済ましたところを、今回は2回3回に(2日・3日)別けています。同一作業も持続力がなくなって・・・、具体的には、息切れしてきて手をやすめて呼吸を整えなければなりません。

 私が野菜作りを始めたのが65歳頃でした。50歳頃から老後の過ごし方をイメージして模索していましたが、結局野菜作りの道を選びました。(畑がある事・若い時に農業を少し学んだ事もあって?)年金があって稼ぐ必要はなかったですが、広い畑を耕しました。収獲が、4人の子供の足しになるのではないか!と思ったことも事実です。昨年でしたか、次男の家庭の孫がこんな計算をしたようです。兄弟3人の家族5人がおじいちゃんの作った野菜で育ちました。野菜が月2万円だとすると、年24万円が22年間だと約530万円になりますと・・・。有り難いという言葉は聞いていましたが、そんな意識は皆無でした。
 野外で働くことを厭いませんでしたが、80代半ばになると健康の事を考えて畑も縮小を心お掛け、子供の処へ送る宅急便等も極端にすくなくなりました。90代は入って野菜作りの道は歩きますが、「自分の足て歩ける老後で子供たちに迷惑をかけないを目指す」ことにしました。

 74歳の時に、市主催の一週間の教習でパソコンを覚えました。自分ながらに呑みこみは早い感じで・・・、早い段階で映像をとり入れる事も覚えて・・・、79歳でブログを始めました。11年目になります。何時何が起きるか解りませんが、野菜作りの道をあるいて、その心を発信出来たら・・・と思っています。

                  
                   茄子・ピーマン、トマト・胡瓜です。一日の作業で、翌日ビニールトンネルをかけました。

                  
                   西瓜8本・奥に南瓜3本です。              

                  
                  ジャガイモです。

                  
                   豌豆です。

                  
                   レタス類で、手前はロマリアです。

                  
                   人参です。その他野菜も順調です。
             

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 曼陀羅寺公園藤まつり | トップ | 5月の畑(ウグイスと共に) »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
感歎しきり。 (大野達郎)
2018-05-08 06:10:13
素敵な文章で、いつも楽しみに拝読しています。僕も家庭菜園のある人生にあこがれていましただ、半身不随になってしまって、挫折です。
最近ここで、血液検査がありまして、貧血ぎみだそうです自分で自分にあきれています。
これも体質遺伝でしょうか?その点師匠はとてもおしあわせですよね。発病前のようにトマトやナス、きゅうり、トウモロコシなどを育て、朝どりの野菜を板ダックことをたのしみにしていましたのに。ここにいても、季節ごとに今頃はトウ八さんで、○○の苗を買ってきて畑にうえていたなあ。というようなことを、よくおもって、います。
どうか、お体大切にお過ごしください。

コメントを投稿

野菜つくり」カテゴリの最新記事