Ryojinブログ

剣道のこと、オオカミ復活運動のこと、そして紀州犬のことやいつも行き来している大好きな京都のネタなども綴っていきます。

異次元の強さ・・。

2016-05-19 16:46:02 | 随想・・・。

  白鵬のことです。

この横綱はいつみても他の力士とは気迫がまったく違うようです。

それが数々の大記録を塗り替えている大きな原動力の一つのように思えます。

  勿論、同時に相撲力・・これが断然他を圧倒しているからに他なりませんが・・・他の横綱も含めてです。

先日榎本さんとも話したのですが、解説の舞の海氏などは自分の力量とは次元が違いすぎて白鵬の奥底にある凄み、強さ・・のようなものをまったく理解ができていなくて、それで見えるものも見えなくて、立合に変化がどうのこうのとケチをつけたり、だめ押しを横綱らしくない・・・云々・・などとくさしてみたりと、僕的には「彼はまったくわかっていないなぁ・・」となるわけです。

随分と前、白鵬がまだ関脇ぐらいの時「将来、大横綱の予感しますよね、彼は・・」と、鋭い読みをしていたのにも関わらず、今の白鵬の実力たるや一体どれほどのものなのか、まったく理解できていないようです。

ついでに、その時同じ解説の北の富士氏は舞の海のその言葉に「うーーん」と言ったきり黙ってしまいましたが・・・。

  品位品格も大切な要素であることは、相撲が古来の神事から派生した格技であることからしても、よく判ります。特に、こと横綱ともなれば個人の性格がどうであれ、それは日本社会全体から当然求められることで、そのことは充分理解できるのですが、しかしなんと云ってもまずは「圧倒的な力」これがあってのことで、僕は白鵬が別段特に品格に欠けるなどとは思えません。

白鵬は外国人横綱であることで「何かに怒っているのかも・・・」と、ふと感じることはありますけどね。

それにしても大した横綱ですよ‥まったく。

立合などはその都度彼なりに色々試したりしているだけで、まともに変化した相撲など見たことありませんから・・・。

単なる変化と立合の一瞬の判断による、相手の機先をを制することとはまったく別ですから・・・その辺を見える次元の解説者がいないようですね・・正直。

  日本人ひいきのお茶の間受けすることばかり言っているような、そんな疑念すら湧いてきます。

北の富士氏などはどこかで白鵬の凄みの本質のようなものを感じとっているのかも知れません、あまり彼の相撲の批判的なことは言葉に簡単に出しませんね「うーーん・・」とかが結構多いように思えます。

  さて、正代や御嶽海、遠藤、勢、等々観ていて思うのですが、若手は気迫が・・・・もう一つですねぇ。上っ滑りしてしまうようなパホォーマンス的なそれとは違う・・本質的なもの・・これがあまり感じ取れないのですよね。

幕内にまで上り詰めてきた男達なのですから、本質的に気の弱い人間などであろうはずはないのでしょうが・・・。

どうしてもどこかにこの世界の上下関係の不文律のようなものが見え隠れしてしまいます。

この辺を精神的に打ち破った者がそれなりの地位を確立するのかも・・・などと思ってしまう訳です。

  話は変わりますけど、ただ、言いにくいことですが「持って生まれたもの・・・」体格とかもしくは才能とも優秀な遺伝ともいえる・・・そんなものが努力を凌駕してしまうのかも・・・・と、ふと思う時あります。

稀勢の里は白鵬にどう挑むのか・・・白鵬を凌駕する程の「裂帛の気迫」これしかないように思います。

楽しみです。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 食べた、飲んだ、話した、歌... | トップ | 今日は本当に良い日だったで... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

随想・・・。」カテゴリの最新記事