Ryojinブログ

剣道のこと、オオカミ復活運動のこと、そして紀州犬のことやいつも行き来している大好きな京都のネタなども綴っていきます。

豊かさとは何よ。

2019-01-07 09:39:55 | 随想・・・。

  国の豊かさの基準ってなんなのだろう?

この頃漠然とそんなこと思います。

GNP(国民総生産)が示す数字がはたして豊かさの基準なのだろうか・・。

「サメ化する日本」・・・サメ(比喩ですよ当然・・休むサメもいますから・・)が泳ぎを止められないのと同じで、経済発展、高度成長、ずっと前からこの言葉を一種の呪文のように唱え続け、誰もがそれを疑うことなくそんな時代を経てきました、今もそうです。

僕はこの頃、物事の「深化」・・と云うようなことを思います。

豊かさとは決して経済だけではない、その国の文化的なものや自然の豊かさのようなもの・・これに対しては、そんな事は百も承知だ、経済無くして何をか語るや・・そんな反論良く判りますし、異も唱える気持ちもありません。

ただしかし物事には程度や限度、必要値というものがあると思います。

  この国には1000兆円などというおよそ想像不可能な金額の借金があるとよく云われていますが、それとて「そうじゃないんだ、この国には資産があるし国民のタンス預金とて並大抵の額じゃないので含み益は、云々・・」などということを言う経済学者もいる訳です、実際本当のところはどうなんだろうなぁと云うのが僕の思いで、真実も正確な情報もわからず、正直、知識の限界のようなものを感じています。

  ただ借金のことはさておき、この「豊かさ」と云うことの意味、それを見直す時が来ている、それははっきりとここ数年の内だと思います。

  僕的にはGDPなど世界何位でも良いじゃないかと思っています。

そんなものだけで豊かさの本質が測れるかよ・・これ本音です。

世界一位のアメリカとて国民皆保険制度、これも結局できずにいます。

二位の中国とて同じで、人口規模が・・と云われればそれまでかも知りませんが、どっちも酷い経済格差が存在します。

中国の都会と田舎というか周辺部の貧富の差は大変なものらしいし、アメリカとて貧乏人は病院にも行けない、それが現実らしいですよね。

  日本は借金の上に成り立っていると云われれば身も蓋もないですが、少なくともどんな田舎に行っても山奥に行ってもほとんどのトイレは水洗だし、各家には大小の違いはあれ立派な液晶テレビが座っています。

最近では何処でもWi-Fiに繫がるし・・。

更には医療費とて相当大変な手術や入院でも大抵は誰でもが支払える程度に制度化されています。

更には教育費についても無償化の動きが加速していますよね。

こういった社会保障制度ってこの国そこそこ豊かじゃないですか・・・?

  だからと云ってこれで充分とは言いませんし、更に完璧化できれば言うことないですがね。

こう云うことを維持でき、深化できるに超したことありませんからね。

それが借金の上に成り立っているとすれば税収を上げていくしかないわけで、消費増税などは今後はもっと積極的に取り組んで行くべき課題でしょうね。

  だから経済力などと云うものはその基準が何なのか良く判らなくて、ある程度のレベルまで行けばそれで良しとして、更なる高度成長ばかりを唱え、それにうつつを抜かしてばかりいずに、こういった生活の水準を維持でき発展させ深化させて行く努力、これが必要だと思うのです。

  アメリカの保護主義政策にはほとほと嫌気がさしますが、我が国はしっかりと足元を見据え、経済は無視せよとは決して言いませんし、そんな事できるとも思いませんが、ただ少し物事の座標軸を変えてみる・・そんな政策が必要な時代になってきていると思いますね。

  人間が生きて行く為の真の豊かさ・・そのお手本は北欧諸国やかつての超経済大国オランダなどにあると思うのですが、どうでしょうか、そういったことを声高に唱える政治家の出現を期待してやみません。

新年早々ちょっと大袈裟な話題になっちゃいましたが、このブログは身近で至近な話題やその思いをアウトプットして自己満足に浸る・・・こういうスタイルに変わりありませんから・・・。

  またよろしくお願いします。

  

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 謹賀新年 | トップ | ウツクシイヒト・・。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

随想・・・。」カテゴリの最新記事