Ryojinブログ

剣道のこと、オオカミ復活運動のこと、そして紀州犬のことやいつも行き来している大好きな京都のネタなども綴っていきます。

台風の爪痕、危うい基盤。

2018-08-24 10:32:29 | 随想・・・。

  ショックですね。

子供の頃からそこにあったカナメモチの木がこの20号台風の強風で倒れてしまいました。

土手に根を張って立っていたため山からの強風で根こそぎやられてしまいました。

同じ並びのオオシマサクラは支えの杭のお陰で倒れずに少し傾いた程度で助かりました。よかったです(^^;)

  久し振りの大時化になった台風でした。それも丁度真夜中ですからね、おまけに停電ときましたから。

シャッターのお陰で室内は平穏でしたが、停電には参りましたね、エアコンが切れて蒸し暑いし、携帯の電源も無くなりそうだし、冷蔵庫やパソコンが心配だしで、なんだかよく眠れませんでしたね。

  30年以上前の19号台風思い出しました。

50m以上の瞬間最大風速記録した覚えおりますが、その時は家がというか屋根が飛ばされると一瞬覚悟しましたからね。

あの時も庭の古いカイズカイブキが根元から傾いてしまい、とうとう後で伐採するはめになりましたから・・。

このカナメモチはなんとか残したいので早速出入りの造園屋さんにも相談して、大きい枝を払って剪定しなんとか別の場所に移植しようと思っています。

やれやれです。

  それにしても我々の生活は危うい基盤の上に成り立っているのですね、痛感です。

台風で停電・・何もできない・・生活そのものの土台が崩れてしまう、大きな「電源」というパワーなしでは何一つ機能しなくなってしまうのですから。

何だかそんなこと眠れぬ夜に痛感してしまいましたね。

  これだけ災害が多くなると電源の確保や水の確保の問題などは今や人ごとでなくなってきた思いです。

やっぱりある程度の規模の蓄電池、要するに二次電源のようなもの考えなくてはと思いますね。

まぁ、水は最悪、貯水タンクででもいけると思っていますがね。

  先日、西日本地方を襲ったあの豪雨災害、ライフラインが寸断されてしまった後の生活はさぞや大変だろうとあらためて推察しました

  この台風で未だに停電の地域があるらしいですが不便な事でしょう。

独占企業の電力会社は、こういう時の迅速な対応こそ大使命ですよね。

  いやはや久し振りにこの台風には参りました、やはり山側を通過する台風は甘く見てはいけません、充分用心しなければと、今更ながらに認識を新たにしましたよ。

まぁ、比較的、台風情報はどのメディアからも頻繁に細かく入ってきていたので、これはありがたかったですがね。

  と云うことで、台風一過のまだ雨の降り続く中、「あの子供頃によく見た、台風一過の爽やかさな青空は一体何処に行ってしまったんだ」そんなこと思いました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 移住者達。 | トップ | 剣道漬けと台風対策。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

随想・・・。」カテゴリの最新記事