Ryojinブログ

剣道のこと、オオカミ復活運動のこと、そして紀州犬のことやいつも行き来している大好きな京都のネタなども綴っていきます。

聴力検査・・。

2018-02-28 11:06:41 | 随想・・・。

  昨日は日帰りで京都に行ってきました。

息子夫婦が風邪で寝込み・・と云うほどでもないのですが、とにかく家内が孫の世話を手助けしてあげたいと云うことで送り届けて、そのついでと云ってはなんですが、近所の耳鼻科医院に中耳炎と云われた症状の経過を診てもらいに行ってきました。

その日は元院長の大先生の担当日でしたが、午後4時半から現院長(息子)が出張るまで待てないのでとにかく診てもらうことにしました。

先生曰く、薬・・抗生物質のお陰(実はほとんど飲んでいないが・・)で炎症は治まって、後は水が抜けるまで待つしかないということでした。

右耳は前にも云われた通り普通ですが、聞こえが少し悪くなっているようだし、聴力検査をしますと云うことで「何でこんな時によ・・」と思いましたが、拒否する理由も無く云われるままにやりました。

結果、左はかなり落ちていましたね、まぁあたりまえですが・・・鼓膜の圧の検査では反応しなければならないところがまったく変化無く右と比べて一目瞭然でしたね。嫌になってきますよ、まったく・・。

で、右耳、グラフを見せてもらうとやはり標準のラインから下がっていますが大事なところは聞こえているようで「まぁこれは老化やなぁ」と言われました。

へん!あんたに言われたくないわい(>_<)と思いましたが、そんなこと言えるはずもなく、黙っていました。

だってその先生おじいさんですもの・・・。

  聴力は徐々に回復してきました。

薄皮をはがすように少しずつですが、その回復度が自分なりに自覚できるようになりましたね。

一時はどうなるかと心配でしたよ、正直・・。

今朝など何となくテレビをつけていつもの場所で食事しながら観ていましたが、中の会話や音が案外よく聞こえて、あっ昨晩32とかに上げてそのままだったのかなぁと思いつつ確認したら26でした(*^_^*)

  これってのまるで家庭でできる聴力検査だよなぁなどと妙に納得したりしてですね、笑っちゃいますね。

テレビの音もトイレでオシッコするときの音もドアを閉める音もワンコの鳴き声も電灯をつけるときのピッという音も、同じく電気ストーブのスイッチ音も、あのこもり感が少なくわりとはっきりと聞こえるようになってきました。

それにしても気持ち良くないです、不便な気分ですよ。

怖いのはこれに慣れてしまって「普通・・こんなもんかなぁ」などとなってしまうことですよね。

  さて、世の中の常識は日々変化しています。医学の常識もこれまでと大分変わってきました。

話は少々飛びますが、昔と比べたら嘘みたいなこと枚挙に暇ありませんからね、今や肝臓が作れるなんてところまできましたからね。

その技術を確立したあの若き天才のコラム、今日の読売新聞で見ました。31才ですよ。凄いですね。

  ですから僕は「耳が悪くなったらもう回復はしない」とか、歳がいったら聞こえなくなるのは当たり前だとか、目にしても同じで、そういう常識的な判断に惑わされないようにしようと思っています。

※筋トレもやります・・・(^^;)

  それはこの身体のことだけではなく物事すべておいて当てはまることですもの。

  まぁとにかくいろんなこと試しながら聞こえの回復待っています。

今は5割から6割くらいかなぁ・・・・。

と云うことで失礼します。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 茶地岡の春。 | トップ | 剣道復帰と聴力回復。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

随想・・・。」カテゴリの最新記事