Ryojinブログ

剣道のこと、オオカミ復活運動のこと、そして紀州犬のことやいつも行き来している大好きな京都のネタなども綴っていきます。

元モーニング娘の飲酒事故。

2018-09-14 15:59:39 | 随想・・・。

  今日テレビであの事故の映像が発表されていて驚きましたね。

完全にひき逃げで弁解の余地があるものではありません。

僕はその映像を見て二点別の視点で感ずるものがありました、というより嫌な気分にさせられました。

  まず、あのような映像そのものが存在し、それが大っぴらになるという現象ですね、裏返せば何処かしこで監視されていると云うことに他なりません。

今回のような犯罪の証拠としては絶大なものがあるでしょうが、この社会、逆に何処で誰に見られているか判らないような、そんなうすら寒さも同時に感じるのです。

まぁ、僕だけではないでしょうが、いつの間にかそういうことが普通になってきた監視社会の中で我々は生活を営んでいるという一種の覚悟のようなものがいるかも知れませんね。

そのこと自体は犯罪の早期解決やまた交通事故における被害者や弱者と云われる人の救済に役立つことも多々あるでしょうし、またそれが目的でしょうが・・・。

  それともう一点、これには驚きを隠せなかった、というよりがっかりしたと云うか、げんなりしてしまったと云うか、それは事故直後のまわりの様子のことです。

映像には幸いにも事故に巻き込まれる事がなかった数人の中学生か高校生らしき人の姿も映っていましたが、衝撃的なのは当の事故ではね飛ばされ倒れている人が間近にいるにもかかわらず誰一人それを助けようとも様子を伺おうともせず、まったく無視して何事もなかったかのようにその場を去って行く彼女らの姿です。

以前、何処かで、とある国での出来事として、交通事故で倒れている人を誰も助けようともしない、そんな映像が流れていました。そしてなんと酷いお国柄なんだ・・見たいなフレーズで結ばれていました。

それと同じような光景をこんな形で見ることになるとは・・で、かなり衝撃を受けてしまいましたね。

それこそうすら寒いような気分なりましたよ。

  あーあ、所詮「日本ではマナーが云々とか、やれ日本人はこんな事はしない云々・・」とか云っていくら自画自賛しようとも、こんなふうに唖然とするような現実を突きつけられると、なんともまぁ切ないような情けないようなそんな気分になってしまう訳です。

欧米の社会では決して見られないような場面だと直感的に感じました。

我々も日本だ、日本人だと特別な感情で自己満足に浸っている場合ではありませんよ。

社会のこんな場面のほんの小さな現象でマクロな社会の構造が垣間見える事ってあるんですよね。

日本列島人的良き伝統や美徳は大切にしなくてはならないのは当然ですが、こんな現実も見逃してはいけない、こんなこと思いました。

  元モーニング娘か何か知りませんがバカなタレントが飲酒ひき逃げ事故・・というまったくアホとしか言い様のないような事件の影で、何とも嫌な現実を見せつけられましたね。

 

 

 

コメント