Ryojinブログ

剣道のこと、オオカミ復活運動のこと、そして紀州犬のことやいつも行き来している大好きな京都のネタなども綴っていきます。

都知事選挙‥雑感。

2016-08-01 09:42:05 | 随想・・・。

  都知事選挙も終わりました。

結果を知り「やっぱりな」という思いがすぐ頭をよぎりました。

  最初はどうなるかなぁ・・みたいな気持ちでしたが、選挙戦が進むにつれその様相が徐々に見えてきて、それは決して政策論議的な意味合いが煮詰まってきたということでは無く、あくまで誰に投票するかという行為の行方のことです。

  石原慎太郎がよりによって増田氏の応援演説で「厚化粧のうそつき女・・」みたいな馬鹿げた発言をしたのを聞いた時、多くのマスコミでも取り上げられましたが、僕的にもその時「こりゃ、小池の勝ちだ」とはっきり思いましたもの。

敵失もいいところですよね、小池氏にとっては・・・・。

  増田氏は増田氏で政府の操り人形的なイメージが常につきまとっていて、自己を強烈にアッピールすることもできず、どこか陰が薄く、おまけに自民党都連?が小池氏を応援したら親族郎党・・?にいたるまで処分する、などというまさしく滅茶苦茶などこかの国みたいなことを言って、そんなのが今の日本人が最も忌み嫌うことだということにまったく気づいていなくて、その事が増田票を大きく減らしたと云うことは間違いありませんね。

  無党派の人々は存外賢くてリベラルでそういうことには相当敏感な訳で、そんな選挙戦の地雷のようなものをいとも簡単に踏んづけてしまったら、これはもう勝敗は明らかな訳で、選挙のプロなど言われるような専門家がいても所詮その程度だと云うことが今回明確に判りましたね。

一方の鳥越氏は、どうしようも無くどこか浮ついていた印象ですね・・基盤が基盤ですから・・・。

民進、共産などの野党の統一候補という触れ込みではありましたが、今ひとつ一体感が感じられませんでした。

正直「これじゃなぁ・・」という思いがありました。

あんなイメージ(政策は抽象的で具体策は枝葉末節・・・)では人気的にも別段突出した人でもないし、これじゃ無党派層の取り込みは到底無理だなぁ・・・みたいな選挙に弱い感じしましたものね。

やっぱりでした。

  結果的に今回の選挙では、先に述べたような自民党の既得権益にしがみつくような古いかたくなな体質が目に余ったり、また野党・・・特に民進党の基盤的脆弱さ(党内で文句ばかり言い合っているというイメージがぬぐえない・・)そんなところが浮き彫りになり、あからさまになりましたね。(ただ民進党が共産党などを取り込んだことには一定の評価はしてますが・・・)

そしてもう一つ、これは大事・・・。

石原慎太郎やついでにオリンピック委員会の森元首相・・これらは最早老害でしかないですね。

自民党もああいう輩の跋扈を野放しにしているようではお先真っ暗で、まるで消えてくれるのを仕方なく待っているとしか思えませんもの(ちょっと言い過ぎかなぁ・・・)。

  とにかく早々と世代交代をしていかないと無党派層どころか党員までも愛想を尽かされてしまいかねないですね。

まぁ、どこかで誰がどんな大なたを振るえるか・・・これしかないですね。

以上。

と云うことで、僕的都知事選の総括であり雑感でした。

 

コメント