はりさんの旅日記

気分は芭蕉か司馬遼太郎。時々、宮本常一。まあぼちぼちいこか。
     

京都に初詣に行きました(後編)

2019-01-06 18:00:00 | 京都をぶらり
知恩院に初詣に行きました。
日本1初詣の参拝者が多いのは明治神宮で、京都では伏見稲荷大社だそうです。どちらも神社なので、初詣は神社が多いのかというとそうでもなく、第2位の川崎大師は平間寺というお寺ですし、第3位の成田山も新勝寺というお寺です。日本人にとっては神様も仏様も大切なものなのですね。

阿弥陀堂の前に桜が咲いていましたが、もう終わりかけのようでした。



せっかくなので御廟まで行ってみることにしました。



また長い階段を上っていきます。知恩院は山に沿って造られているのがよく分かります。



法然上人の生きた時代は、平安から鎌倉へと大きく時代が変わる頃でした。



そんな不安定な時代背景もあり、専修念仏の教えが多くの人々に受け入れられたのでしょう。



法然さんの頃は、こんな立派なお寺では無かったようで、江戸時代になって今のような大伽藍になったそうです。



御廟の手前にある拝殿です。



拝殿からは、京都の市街地を眺めることができます。



経堂も三門と同じ江戸時代に建てられました。徳川家康は浄土宗だったそうで、そんな関係もあって徳川家では知恩院を盛り立てたようです。



これが「ゆく年くる年」でおなじみ「除夜の鐘」の大鐘楼です。



除夜の鐘は108の煩悩を取り払ってくれるそうです。最近、除夜の鐘がうるさいと苦情が来て、取り止めたお寺もあるとかで、今の世の中らしい話です。



舞妓さんがポーズをとっていたので、後姿をちょっと失礼しました。



最後は黒門に寄って、知恩院をあとにしました。すぐ隣にある八坂神社には、たくさんの参拝者が来ているようでしたが、知恩院では思った通り、静かにお参りをすることができました。



大阪では住吉大社が一番初詣の参拝者が多いそうです。私も若い頃は近くに住んでいたので、よくお詣りに行ったものです。大阪では住吉大社のことを親しみを込めて「すみよっさん」と呼んでいます。今は、「すみよっさん」もちょっと遠くなったので、近くの小さな神社にお詣りすることが多くなりました。

※撮影日 2019.1.4
『散歩』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 京都に初詣に行きました(前編) | トップ | 万博公園でバードウオッチン... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (takayan)
2019-01-06 22:11:44
こんばんは。
我が家の本山、知恩院へお参り頂きありがとうございます。
自分の家の本山にもかかわらず、もう何年も知恩院へはお参りできていません。
比叡山にはよく行くのに、知恩院へはご無沙汰しています。
白壁の塀と石段がいい雰囲気ですね。
舞妓さんの後ろ姿、きれいです。

今年はまだカメラを持って出かけていません。
年末に風邪をひいていたこともあり、
少し自宅でゆっくりしております。
そろそろ守山の寒咲花菜も咲く頃ですね。





Unknown (はりさん)
2019-01-06 22:28:50
takayanさん
こんばんは。
しばらくアップがなかったので心配しておりましたが
自宅でゆっくりされていたのですね。
それを聞いて安心しました。
知恩院はtakayanさんところの本山でしたか。
それはお邪魔しました(笑)
知恩院には私も久しぶりに行きましたが
御廟に通じる石段とか経堂の佇まいなど
新たな発見もありました。
守山の寒咲花菜もそろそろですね。
takayanさんもそろそろ始動でしょうか。
私も撮りに行きたいと思っています。
知恩院 ()
2019-01-07 04:37:27
お早うございます。
静かな初詣でようございました。
私は水沢観音の上の、飯縄大権現で済ませました。
一枚目、梅かと思いました。
良いお天気のようですが、建物の隅々まで暗くつぶれもなく綺麗に収められています。
私の家は浄土真宗・東本願寺派です。
法然上人は偉大なお坊さんなんですよね。
舞妓さんの一枚にはハッとしました。

Unknown (はりさん)
2019-01-07 08:52:44
信さん
おはようございます。
信州への訪問ご苦労さまでした。
上高地からの穂高の写真が楽しみです。
今回、知恩院に行って良かったです。
おかげで静かな初詣ができました。
法然上人のことも少し勉強できました。
やはり偉くなる人は凡人とは違いますね(笑)
今回、天気が良かったので、白とびには
注意しながら撮りました。

コメントを投稿