はりさんの旅日記

気分は芭蕉か司馬遼太郎。時々、宮本常一。まあぼちぼちいこか。
     

京都の街をぶらり〜二寧坂や産寧坂から八坂の塔へ

2018-11-07 18:55:55 | 京都をぶらり
石塀小路を歩いています。ここの石畳は市電が廃止になった時に、軌道に敷いてあった石畳を持ってきたそうです。



萩の花が咲いていました。



石塀小路を抜けると、ねねさんの高台寺に出ます。そちらには行かずに進路を右にとって清水さんの方へ進みます。路地からは八坂の塔が見えます。



二寧坂(二年坂)の途中から下を振り返ります。この坂で転んだら二年以内に死ぬそうなので、気をつけて歩きましょう。スタバも街並みに溶け込んでいました。



二寧坂を上って、湯豆腐で有名な「奥丹」をすぎて進んでいくとイノダコーヒー店があります。



大好きな、アラビアの真珠をいただきました。



イノダの目の前が産寧坂(三年坂)です。相変わらず混雑しています。



産寧坂を上りきると松原通に合流です。松原通は昔からの清水寺への参道です。その角に七味屋本舗があります。



ここの七味唐辛子は我が家の鍋には欠かせません。松原通を上っていけば清水さんですが、今日は(も)ここで引き返します。



もう一度、産寧坂を下りて、そのまままっすぐに進めば八坂通です。八坂の塔が大きく見えてきました。八坂の塔は、法観寺の五重塔ですが、正式名を知っている人は少ないようです。



暖簾もついつい写してしまいます。暖簾の向こうはどうなっているのか興味が湧きます。ここは日本料理のお店です。



その時、風が吹いて暖簾が揺れたので、隙間からの一枚です。



庚申堂は若い人たちのお参りが絶えません。



庚申堂からは、八坂神社をめざして進みます。お洒落な喫茶店がありました。



人力車も京の街の風情になりました。



栗阿弥で美味しい栗のお菓子をお土産に購入しました。



八坂さんの南楼門が近づいてきました。このあたりの着物率は8割でした。最近、レンタル着物屋さんも増えましたが、もう少しマシな着物をレンタルすればいいと思うのですが。



花見小路を抜けて、四条大橋の近くまで戻ってきました。南座は耐震工事も終了し、恒例の顔見世興行が始まるようで、まねき看板が上がっていました。



かっこいい口上です。



京都に行ったらよく歩くコースを早足で回ってきました。また、紅葉の頃にと思うのですが、とんでもないほど混雑していることでしょう。

※訪問日 2018.10.26

※明日から三日ほど宮崎・鹿児島へ旅してきます。
『散歩』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 京都の街をぶらり〜祇園白川... | トップ | 大阪のベイエリアを歩きました »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (よっちん)
2018-11-07 20:42:15
欧州に行くといろんな街で
トラム(路面電車)が今も
縦横無尽に走っています。

あの姿を見ると日本各地で
路面電車を廃止したのは
勿体無いなぁと思います。

京都などは重要な観光資源に
なったでしょうしねぇ。

応援ぽち
Unknown (はりさん)
2018-11-07 21:44:43
よっちんさん
こんばんは。
京都ほど市電が似合う町はないでしょう。
観光資源としては惜しいことをしましたね。
車の邪魔になると廃止されたんですが
京都の人は本当に便利になったんでしょうかね。
石畳は、それはそれで役に立ちましたね。
Unknown (トッシー)
2018-11-12 07:18:47
おはようございます。
この辺りは妻の実家の墓参りに
東山浄苑に行くのでよく通ります。
河原町から歩きます。
土日が多いので、すごい人出です。
静かな雰囲気の写真を撮りたいです。
早起きして行こうかな。

我が家では、七味屋本舗さんの
「実山椒」を常備しています。
使うたびにミルで挽いたら
最高です。
Unknown (はりさん)
2018-11-12 07:39:15
トッシーさん
おはようございます。
東山界隈はいつも賑わっていますね。
静かな雰囲気を味わうには
早起きしかないんでしょうね。
「実山椒」を常備していて
ミルで挽いて使うなんて通ですね。

コメントを投稿