東京でカラヴァッジョ 日記

美術館訪問や書籍など

Caravaggio e il Maestro di Hartford

2016年12月15日 | カラヴァッジョ

L'origine della natura morta in Italia
Caravaggio e il Maestro di Hartford
2016年11月16日〜17年2月19日
Roma, Galleria Borghese


   カラヴァッジョおよびカラヴァッジェスキのイタリア静物画の展覧会。

   出品作品数は、全40点。

   カラヴァッジョ作品は、ミラノの《果物籠》およびボルゲーゼの《果物籠を持つ少年》《病めるバッカス(バッカスとしての自画像)》の計3点。

 

   もう一人の主役「Maestro di Hartford」作品は、計8点。


   それ以外は、同じく逸名画家の作品が多いが、アルチンボルドも1点ある。


   図録を購入しようかなあ。


   以下、Maestro di Hartford の出品作品。



Maestro di Hartford
Alzatina con fichi pesche e uva, vaso di fiori e frutta
60x78 cm
Gallerie Estensi

 


Maestro di Hartford
Alzatina con uva e pesche,
vaso di fiori, frutta e farfalla
60x78 cm
Gallerie Estensi

 

10
Maestro di Hartford
Vaso di fiori, frutta e ortaggi
105 x 184 cm
Roma, Galleria Borghese

 

11
Maestro di Hartford
Cacciagione di piuma e civetta
103 x 173 cm
Roma, Galleria Borghese

 

12
Maestro di Hartford
Vasi di fiori e frutta su tavolo
76,2 x 100,4 cm
Hartford, Wadsworth Atheneum Museum of Art

 

18
Maestro di Hartford
Vaso di fiori, alzatina con fichi, cesta con uva e frutta su tavolo
141 x 177 cm
Collezione privata

 

19
Maestro di Hartford
e Carlo Saraceni
Allegoria della Primavera
74,5 x 97,5 cm
Collezione Francesco Micheli

 


30
Maestro di Hartford
Frutta, fiori, ortaggi, funghi, lumache e farfalla
60 x 77 cm
Collezione privata

 

   結構作品数が存在するのだなあ。ただ、国立西洋美のカラヴァッジョ展で、Maestro di Hartford作として出品された作品は、本展には出品されていない。

 

   「Maestro di Hartford(ハートフォードの静物の画家)」の呼称は、この画家の基準作とされる作品(No.12)の所蔵者にちなんでいるという。


   今はその名前で呼ばれる逸名画家の作品を、かつて、カラヴァッジョに帰属させようとする動きがあったらしい。以下の考えによるものらしい。


   ボルゲーゼ美術館が所蔵するハートフォードの静物の画家2作品は、1607年にボルゲーゼ枢機卿のコレクションに入ったが、その直前は画家ダルピーノが所持していた。

   ダルピーノの工房には、一時期カラヴァッジョが出入りしていた。

   そして、伝記作者ベッローリによれば「カラヴァッジョはダルピーノの工房で花や果物の模写に専念した」。

   また、カラヴァッジョの《果物籠を持つ少年》や《病めるバッカス》も同様の経緯でボルゲーゼ美術館の所蔵となっている。

『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 重文《東北院職人歌合絵巻》 | トップ | 日本におけるキュビスム-ピ... »

コメントを投稿