東京でカラヴァッジョ 日記

美術館訪問や書籍など

アルチンボルドの《四大元素》連作-《大気》《火》《大地》《水》-アルチンボルド展(国立西洋美術館)

2017年06月30日 | アルチンボルド

アルチンボルド展
2017年6月20日~9月24日
国立西洋美術館

 

   アルチンボルドの《四大元素》連作-《大気》《火》《大地》《水》-について記載する。

 

   アルチンボルドは、ウィーンに到着して間もない1563年に、《四季》連作を制作する。そして、1566年に、《四大元素》連作-《大気》《火》《大地》《水》を制作する。

 

   この2つの連作は、1569年に神聖ローマ帝国皇帝マクシミリアン2世に献上される。

 

   《四大元素》連作も、《四季》連作と同様に、たいへん人気があったらしく、その後いくつかのバージョンが制作されているようである。

 

   そこで、 《四大元素》のバージョンについて、先の記事の《四季》と同じように、確認したい。本展図録のみを確認材料としている。

 


   1569年に皇帝に献上されたバージョン、いわゆるウィーン・バージョンであるが、現在ウィーン美術史美術館が所蔵するのは、今回来日の《水》と非来日の《火》の2点であるらしい。

   残り2点はどこにあるのか。

   《大地》は、現在リヒテンシュタイン侯爵家コレクションが所蔵する作品-今回の来日作品-がそれだろうと考える説がある。本展企画者は、制作年が「1566年(?)」としていることから、全面的にそうだとは考えてはいないようだ。消失したという説もある。

   一方、《大気》はというと、残念ながら消失したと考えられているようだ。

 

   次に他バージョン。

 

   と進みたいところだが、他バージョンの情報は、《四季》連作のようには明確ではない。《四季》連作のようにまとまって所蔵する先がないため、ということなのだろうか。

 

   次に本展出品作の《大気》《火》《大地》《水》を見ていく。

 

   まず、人物像の性別。
   《四季》連作と同様にイタリア語の名詞性に倣っているならば、《大気》《大地》《水》が女性、《火》が男性を描いていることとなるのだが。

   と思っていたら、ラテン語やイタリア後の名詞性に倣っているのではなく、錬金術的な性質によっているとのことである。《大気》と《火》が男性的性質、《大地》と《水》が女性的性質。

   人物像の年齢。
   《四季》連作のような各世代への対応はなさそう。


   人物像の向き。
   《火》《水》が向かって左、《大気》《大地》が向かって右と、《四季》連作とペアで向き合うように構成されている。


《大気》-《春》「暖」と「湿」
《夏》-《火》  「暖」と「乾」
《大地》-《秋》「寒」と「乾」
《冬》-《水》  「寒」と「湿」

そして、向かい合うそれぞれが男女ペアとなる。見事な調和の世界である。

 

 

《大気》(作者は?付)
スイス・個人蔵


・作品レベルは、ちょっと寂しい。
   本展企画者も、作者名を「アルチンボルド(?)」としており、コピーか工房作と考えているようである。
・頭髪部分は、鳥がびっしりと、ごちゃごちゃと描き込まれていて、ちょっと不気味。
・頭部を支える鷲はハプスブルク家の象徴、大きく目立つクジャクは、ハプスブルク家の紋章に登場する。

 


《火》(作者は?付)
スイス・個人蔵

 

・作品レベルは、ちょっと寂しい(上記図版はそれほどでもないかも)。
   本展企画者も、作者名を「アルチンボルド(?)」とし、アルチンボルド作ではないだろう、と考えているようだ。
・火に関連するものの数々。
頬は火打石」

「首と顎は燃える蠟燭もオイルランプ」
「鼻と耳は火打ち金」
「ブロンズの口ひげは火を起こすのに使う木くずの束」
「目は火の消えた蠟燭の燃えさし」
「額は束ねた導火線」
「頭髪は燃えさかる薪」
「胸部は武器」、「ふたつの大砲、そして火をくべるシャベルと銃」
「金羊毛騎士団章」はハプスブルク家の象徴

 

 

《大地》
1566年(?)
リヒテンシュタイン侯爵家コレクション

・ウィーン・バージョンかもしれない、とされている。作品のレベルは高い。
・「大地」は動物たちの寄せ絵。頭部を支えるライオンと羊はハプスブルク家の象徴、色っぽすぎる背中を見せる牛、象の耳は人の耳、狼の開いた口は人の目、色っぽい姿勢の野ウサギは人の鼻、キツネの尾は人の眉。

 


《水》
1566年
ウィーン美術史美術館

・ウィーン・バージョン。
・「62種の魚類や海獣などの水に関連する生き物が、大きさを無視して描きこまれ」ている。
・「ほとんどが地中海に住むものであり、カワカマスとカエルのみが淡水に住む生物」「一方で、地元の淡水魚や、当時君主の食卓に普及していた海水魚は見られない」。
・「マンボウの目がそのまま人物の目に」、「サメの開いた口を人物の口に」しているあたりは、思わず微笑んでしまう。カワウソくんとカエルくんが特に可愛い。
・「ウニのような生物のとげによって王冠が表わされており、この人物に皇帝が重ね合わされている」。


   この《水》はたいへんな傑作である。と思う。
   魚介類を描く博物画として見ても、実に素晴らしい作品。
   たいへんな傑作であるウィーンの《水》とたいへんな傑作であるウィーンの《冬》がペアになり、向かい合うように展示されている。
   崇高な展示空間、本展の一番の見所である。

 

   本展には、《水》がもう1点、第3章「自然描写」に展示されている。


アルチンボルドの追随者
《水》
ブリュッセル、王立美術館


   ウィーン・バージョンのほぼ忠実なコピーとされているようだが、この作品の過去の修復にて「裏打ちの過程でアイロンを当てられた結果、絵具は厚みを失って」おり、生き生きとしたウィーン・バージョンを見てしまったあとでは、残念な作品となっている。

 

   第3章「自然描写」は、この追随者による《水》のほか、当時の芸術家たちによる動物・魚類のスケッチや工芸品が展示されていて、宮廷における「博物」に対する強い関心がアルチンボルドの2つの連作制作の背景にあることが分かる。第4章「自然の奇跡」は、同じ興味が同じように人間に対しても向けられていた一例を示す。

『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« ムンク《叫び》(ムンク美術... | トップ | 2002年、Amazonでカラヴァッ... »

コメントを投稿

関連するみんなの記事

トラックバック

ハプスブルク歴代皇帝が収集した至宝 / 西欧の3大美術館 (dezire_photo & art)
ウィーン美術史美術館  ⅠKunsthistorischesMuseum Wien ウィーン美術史美術館は、王宮広場ブルグ門からリンクを挟んで自然史博物館と左右対称に建っています。美術史美術館は、19世......