悪かったよ中国、この前は外交大国なんておだてて。結局、朝鮮と一緒(笑)

2005年04月12日 | Weblog
よっぽど追い込まれてるんでしょうか?鷹揚に構えていれば大国に見えても、余裕がなくなったらキャンキャン吼えはじめたぞ。チャウチャウ国家と読んでやろう(笑)。

中国首相、日本に歴史直視と常任理事国入りの再考求める (ロイター) - goo ニュース



国際ニュース 更新日時 : 2005年04月12日(火)17:40

2005年04月12日(火)


中国首相、日本に歴史直視と常任理事国入りの再考求める



(ロイター)

 [ニューデリー 12日 ロイター] 中国の温家宝首相は12日、日本に対し「歴史を直視する」ことを求めるとともに、中国などでの抗議行動を受け、国連の安保理常任理事国入りを真剣に考え直すべきとの見解を示した。

 温家宝首相は、日本は「歴史を公平に直視」しなければならないと述べ、中国における抗議活動は、日本に国連の安保理常任理事国入りに関して、真剣に考え直させることになるとの見解を示した。

 同首相は、記者団に対し「アジアからの大きな反応は、日本政府に(この問題を)深刻に熟考させることになるだろう」と述べ、「歴史を尊重し、過去の歴史に責任をとり、アジア各国や世界の信任を得る国のみが国際社会でより大きな責務を果たせる」と語った。





中国が国際社会で大きな責務を果たしたところを見たことがないんですが・・・・しょっちゅう暴力で暴動鎮圧をしているのは知ってますがね。

こんなことがしょっちゅう起こってる国って「アジア各国や世界の信任を得る国」なんでしょうか?


中国浙江省で3万人が暴動、2人死亡か…公害に抗議 (読売新聞) - goo ニュース





2005年04月12日(火)


中国浙江省で3万人が暴動、2人死亡か…公害に抗議


 【香港=関泰晴】12日付英字紙「サウスチャイナ・モーニングポスト」など香港各紙によると、中国浙江省東陽の村で10日、公害問題への集団抗議が暴動に発展して、約3万人の村民が公安当局の武装警察官などと衝突した。
 双方に多数の負傷者が出ている模様で、少なくとも村民2人が死亡したという報道もある。

 この付近では2001年以降、10か所あまりの化学工場が進出。河川や大気の汚染が深刻化しており、村民は工場の移転を地元当局に何度も求めた。当局が有効な対策を取らないため、老人を中心とする村民200人以上が先月末に工業地帯に通じる道路を封鎖するなどして集団抗議に及んだ。

 これに対して、当局は10日早朝に武装警察官を派遣して強制排除しようとした。村民が立てこもる場所に催涙弾を撃ち込むなどして現場は混乱。村民は警棒で殴られるなどして負傷者が出て、老人2人が警察車両にひかれて死亡したという。

 うわさを聞きつけて続々と村民が現場に集まり、役所を取り囲んで、50台以上のバスや車をひっくり返すなどした。

 中国各地では、急速な経済成長で公害が深刻化しているが、公害問題が原因で、これほどの大規模暴動が起きたのは初めてとみられる。中国メディアは今回の暴動の報道を禁止されているという。




中国は暴動が起こるのを未然に防ぐ技術はなくても、暴動を扇動するのと暴力で暴動を鎮圧するのは得意ですね。


↓こんなんもあります。

法輪功の5人、中国・江前主席ら提訴…「迫害受けた」 (読売新聞) - goo ニュース



2005年04月12日(火)


法輪功の5人、中国・江前主席ら提訴…「迫害受けた」


 中国で非合法化されている気功集団「法輪功」の愛好者5人と国内のNPO法人「日本法輪大法学会」(東京)が「監禁や拷問などの迫害を受けた」などとして、江沢民・前中国国家主席や中国共産党幹部ら4人と中国大使館を相手取り、計6000万円の損害賠償を求める訴訟を12日、大阪地裁に起こした。
 同様の訴訟は世界14か国で起こされており、日本では初めてという。

 訴状によると、前国家主席らは1999年6月以降、法輪功を違法組織として弾圧。原告らは中国で不当に拘束され、暴行や脅迫などを受けたとしている。さらに中国大使館がホームページで中傷し、「精神的苦痛を受けた」と主張している。

 原告代理人は、中国大使館の不法行為は日本国内で行われ、中国国内での弾圧とも密接な関連があり、提訴は適法としている。

 中国大使館の話「法輪功は中国政府のイメージを悪くしようとしている。日本の裁判所の正しい判断を要望する」




普段、日本に対して平気で同じようなこと繰り返してますからねぇ、でも他人からやられると嫌ですかね。

>法輪功は中国政府のイメージを悪くしようとしている

良いつもりだったんかい!
コメント   この記事についてブログを書く
« 船は走る | トップ | 検閲1945~1949 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事