Confortable Days

心地よい日々を目指すブログ(コスメ、美容、音楽、映画・・・etc)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

バットマン ビギンズ

2005年06月18日 | 映画
バットマン ビギンズ
バットマン ビギンズが本日公開!!ってことでもちろん観に行ってきましたよ~♪もうすっごい面白かったー!!予想以上の面白さ!今までのバットマンシリーズの中で一番良かったと思います♪
単なるヒーローものだと思って馬鹿にしちゃあいけません!

ストーリーは、タイトル通り、主人公ブルース・ウェイン(クリスチャン・ベール)がバットマンになっていく過程を描いています。それだけではなく、もちろん悪を倒すところまで描かれているわけですが、これがすっごい上手くまとまっているんですよ!バットマンになっていく過程はとてもわかりやすく描かれています。主人公ブルース・ウェインのバットマンになるまでの心理描写はもちろん、武器の製作とか衣装(?)の調達など、すごくリアルな部分も描かれていました。地道に武器を製作する姿には思わずニヤリ笑いをしてしまった私(怪しい)。

そして、注目の俳優陣。リーアム!ゲイリー!!しかし、何と言っても主演のクリスチャン・ベールですよ!!!くぁーー!!かぁ~っこいいっO(≧∇≦)O今までバットマンを見てきてすげーっ!って思ったことはあるけど、カッコイイって思ったのは初めてだったよ!
リーアムとゲイリーは2人とも彼らにとってはすごく珍しい役だったので、見ていて新鮮でした。だってリーアムが悪役って・・・!?ゲイリーすごいいい人になってるし。普段どおりだったら2人の役、逆じゃないの!?って思うんですが、今回は違うんですよね~。個人的に、ゲイリーは出番少なそうと思っていたのですが、大活躍で大満足でした♪
渡辺謙さんは、出番少なくて残念でしたね~・・・。

アメコミ映画は、スパイダーマンが一番だと思っていたけどこの作品もスパイダーマンと同等ぐらいに良い映画だったな~。はぁ~、もう大満足でした!やっぱり恋愛映画より、こういう映画が好きみたいです私は(笑)。
いいなぁ~、バットモービルに乗りたいよ・・・。

ところで、パンフのゲイリーの欄の一番上に、熱烈な日本のファンたちは彼のことを「ゲリオ」と呼ぶみたいですって書いてあって思わず噴出してしまいました(確かに言いますよね~!)。私はゲイリーのファンですが、ゲリオとは呼ばないですけどね。
でも、この機会にゲリオって呼んでみてもいいかな?なんて(どんな機会ですか)。
コメント (2)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
« MDの海外進出 | トップ | 悩めるヒーロー~スパイダー... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
リーアムが敵だなんて (ももママ)
2005-07-09 09:41:44
思わなかったですよ~。そ・・・・そうだったのか・・と、ちょっとショックでした。(汗)

クリスチャン・ベールも頑張っていましたが、マイケル・ケインも素晴らしかったし、豪華脇役でよい映画になってましたね!

相互TBさせていただきました。

ありがとうございます! (樹里)
2005-07-09 23:27:21
TBありがとうございます!

リーアム、敵だとは思いませんでしたよね~。

ビックリでした・・・。

マイケル・ケインもすごく良かったですよね!モーガン・フリーマンやゲイリー・オールドマンもとても良い演技をしていて、脇役も豪華俳優で固めてあって、本当にすごい映画だと改めて思いました。



コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事

13 トラックバック

バットマン ビギンズ (Akira\'s VOICE)
新たな幕を上げたバットマン。 ドラマ性に優れ面白かった!
バットマン・ビギンズ (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
週末がやってきました。 週末に観る映画を楽しみに、日々の仕事を頑張ってるわけであります(笑)   さて、本日1本目は「バットマン・ビギンズ」です。 ピカデリーでの鑑賞ですが、ここは自由席ということで、さすがにこれほどの大作にもなると朝一でも行列ができ
バットマン ビギンズ (ともやの映画大好きっ!)
(原題:BATMAN BEGINS) 【2005年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★★★) 「バットマン&ロビン/Mr.フリーズの逆襲」から8年。 アメコミヒーローであるバットマン誕生を描いた新作アクション映画。 ブルース・ウェイン(クリスチャン・ベール)は、少年時代に両親を殺
Musical Baton (ぐらのにっき)
今、共通のお題についてブログに書いて、そのお題を次の5人のブロガーに引き継ぐ、というMusical Batonというものが流行っている?そうです。ちょっとチェーンメールみたいな感じ? わたしのところにもさやかさんから回していただいたので、4つの質問に答えてみたいと思います
「バットマン ビギンズ」評/バットマンになるしかなかった男 (I N T R O+blog)
『バットマン ビギンズ』(05/アメリカ/クリストファー・ノーラン) Text By 膳場 岳人  総じて面白い映画と言っていいと思う。でも、他人に勧められるかといえば結構難しい。観ている間はずっと重苦しい気分に支配されるし、肝心のアクションシーンも、出来不出来の差が
「バットマン ビギンズ」評/バットマンになるしかなかった男 (I N T R O+blog)
『バットマン ビギンズ』(05/アメリカ/クリストファー・ノーラン) Text By 膳場 岳人  総じて面白い映画と言っていいと思う。でも、他人に勧められるかといえば結構難しい。観ている間はずっと重苦しい気分に支配されるし、肝心のアクションシーンも、出来不出来の差が
バットマン・ビギンズ (シカゴ発 映画の精神医学)
 娯楽映画というよりも、文芸映画。  私の感想を一言で言えばそうなる。  主人公ブルース・ウェインが、バットマンになるまでの過程を、しっかりとした人間描写で見せていく。その映像スタイル。音楽。編集。映画の前半部は、文芸映画の荘厳さと、重厚さを持っている。
バットマン・ビギンズ (ももママの心のblog)
アメコミヒーロー・バットマン物語の最初から描く、いわば「エピソード1」{/hearts_pink/} 2005年 アメリカ アクション、サスペンス 2005年7月6日 川崎チネチッタ 監督 クリストファー・ノーラン(メメント) 出演 クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン、リーアム・
バットマン ビギンズ(映画館) (ひるめし。)
その男は[闇]から生まれた―――。 バットマンシリーズはジム・キャリーが出てた「バットマン・フォーエバー」を小さいときにテレビで“観た”記憶がある程度。そんなバットマンビギナーの私でも楽しめるのから?と半信半疑なから観賞~。(世間では結構評判がいいみたいだけ
「バットマン・ビギンズ」を観る(From MM) (Cinema Satellite Neo)
◆ バットマンはかく生まれり  アメコミで最も有名なスーパーヒーローの一人、バットマン。    これまでにも様々な監督がバットマンワールドを  独自の感性で映像化してきましたね。    今までの映画版がコミックの延長線にあるとすると、  今回のバットマンは超リア
バットマン・ビギンズ 今年の219本目 (猫姫じゃ)
バットマン・ビギンズ おもしろかった!! ブルース・ウエインがバットマンになるお話し。実はあたし、バットマンって、あまり好きじゃなかったのです。だから、今までの映画も、一応見てはいるものの、よく覚えていません、、、でも、これはおもしろかった。今までのも、.
バットマン ~ビギンズ~ (~goo goo g'joobな散文日記~)
                       監督、クリストファー・ノーラン。バットマン(ブルース)役にクリスチャン・ベール。バットマン誕生までのストーリーを描いている。映画での、前4作品とは、別もの。★★★★★★★★★★(10点満点中)→★★★★★★★☆
BATMAN BEGINS - バットマン ビギンズ - (むーびーふぁんたすてぃっく)
「BATMAN BEGINS - バットマン ビギンズ -」 感想 バットマンすばらしいじゃないですか!! あまりに有名すぎるので「どうせアメコミのよくあ...