Joe's Labo

城繁幸公式。
というか避難所。移行か?
なんか使いづらいな・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

西川社長の辞任理由がよくわからない

2009-10-20 20:30:30 | その他
日本郵政の西川社長が辞任した。
というか実質クビを宣告されたわけだが、そのロジックがよくわからない。
かんぽの宿騒動というのは、政治キャンペーンでしかない。
平成の大疑獄だとか言ってキャンペーンの片棒担いでいた自称経済学者もいたが、
結局何にも出てこなかった。
朝日新聞も、総務省自らやり直した資産価値は250億であり、赤字事業分を加味
すれば、別に大騒ぎすることはないんじゃないかと社説でたしなめている。
(「かんぽの宿・大山鳴動して何が残った」朝日新聞4/8)

郵便割引制度悪用事件にしても西川以前の話で、まあそれも含めて現役トップが
責任を取れというのなら、「税収が減ったのは麻生さんのせい」だの言わずに
鳩山さんが責任取れというロジックになる。

もっとも、キャンペーンならキャンペーンでもいい。そして、それにそぐわない
からという理由で、トップの首を挿げ替えるのも、民間ではよくある話だ。

問題は、その先のビジョンがいまひとつ見えてこないという点だ。
(四社再統合の国民新党案は論外としても)民主党案の郵便局と郵便事業を一緒に
することに、それほど重大な意味があるとは思えない。
紙離れが進む中、今の生産性のままでは、将来的にこれらの事業が赤字になるのは
確実であり、税金で支えることになるだろう。
まさに第二のJALである。
それでいいのか。というか、そうやって既得権を守ってやるのが目的なのか。

仮にも小泉郵政民営化では、それぞれの事業が民営化によって利益をあげるか、
あるいはそれが可能な規模に適正化をしていくというビジョンがあった。
今のところ、「国にぶら下がる」という以外のビジョンは見えない。
そして、かんぽの宿は今も赤字を生み続ける。

今後、まともなビジョンが示せない場合、鳩山兄弟と亀井大臣と、
あとついでに森永卓郎は全財産を供出して簡保の宿を買い取るべきだ。
そうでなくても金も時間も無いのだから。くだらない政治闘争は終わりにしろと
言いたい。
コメント (37)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« 優秀な人材が日本にこない理由 | トップ | ポスト西川から見えてくるもの »
最近の画像もっと見る

37 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
西川氏は人柱でしょう (???)
2009-10-20 21:17:52
民主党政権になって運がわるかったとしかいいようがないですし気の毒とは思います。

ただ西川社長の日本郵政がうまくいっていたかというと必ずしもそうとも言えないのも現実でしょう。年賀はがきの販売枚数を郵便局員の事実上の販売ノルマとしてかした結果、年賀はがきが大量に金券ショップに持ち込まれることになったりもしましたし結構やっている内容はお粗末です。

優先民営化自体には賛成ですが、このまま西川氏が社長を続けていい方向には向かわないというのも正直な実感ですね。
最初にマニフェストありき (yasu)
2009-10-20 21:23:34
って、ことなんじゃないですか。
ロジックより、経済合理性より、マニフェストの実施を徹底することこそ国民が望んでいることだと、友愛総理は固く信じているのでしょう。

あとは、小泉・竹中憎しから来る市場重視路線の全否定ですかね、まさかとは思いますが。。。子供じゃないんだしねえ。

予算編成の一連の流れを見ても、不安でいっぱいです。
成長戦略を打ち出せないまま、緊縮財政にしたら、この国はホントにヤバイです。

俺、年越せるかなあ。
ノスタルジー (sakyo)
2009-10-20 21:28:27
小生も、なぜ西川社長が辞任しなければならないのか、なぜ原口大臣が訴訟まで起こした「国民の財産を不当に安く売却した」といえるのか、なぜ民営化を後退させなければならないのか、などが理解できません。本業の収益を改善するために赤字事業を切り離すのは全うな経営手法だと思います。昨年識者が売却額が安すぎるとわめいていましたが、ではいくらが適切金額なのかを根拠とともに示した人はおられなかったのではないでしょうか。中古品の値段が新品の値段からかけ離れるのは当たり前のことです。
JALと同様になるというのは小生も同感です。ついでに言えばJALはつぶせば良いと思います。国際線だけANAに売却すれば、ANAの組合が増えて業績が悪化するだけです。
TV東京の選挙特番で北海道の郵便局の方々が郵政民営化は問題だらけのように主張されていましたが、サービスを受ける側の主張が無かったのが残念です。
ノスタルジックな思い出にしがみついているとしか思えません。
うーん (カンタービレ 音楽用語で唄うように演奏して)
2009-10-20 22:04:11
西川氏が辞任すなわち郵便局は昔に戻ってしまうとは限らないと思いますが既成事実として民営化したものになりつつあります。郵政より日本道路公団はどーなんですか?高速道路無料化についても無料化賛成の山崎養世 と議論していたのはとっくの昔に道路公団民営化委員を辞めた猪瀬直樹さんでした。何故現在の道路公団の渉外担当広報担当 代表取締役が山崎養世と公開の場所できっちり議論するべきです。
城先生は道路公団の問題には全く関心を 持っていらっしゃらないのでしょうか?
民営化見直しだそうです (とおりすがり)
2009-10-20 22:41:02
こんばんは。初めてコメントします。

民営か見直して、郵便、銀行、保険を一体化して全国で一定のサービスを維持するのだそうです。

これが地方の活性化に繋がるのならまあありかと思いますが、他の施策が抱き合わされないとなると、公共の福祉の肥大化にしか過ぎないですね。

どうなるんでしょうね。
批判されるべきは。。。 (山田祐太)
2009-10-20 22:44:30
かんぽの宿などの施設を採算度外視で作り続けてきたのはだれか?
とすれば批判されるべきは旧郵政官僚であって西川社長ではありません。

それに西川さんクラスで辞任に追い込まれるなら、民間から今後登用できるのでしょうか?

税収が足りないのなら、民営化して生産性を上げてもらい、法人税をたくさん取れば良いでしょう。
こんな問題、年金とか外交に比べれば簡単なんだから、頼みますよホント・・・。
郵政で働いていますが (通りすがり)
2009-10-20 22:51:50
今回の、西川社長辞任には、ハラワタが煮えくり返ります。

国民新党が守りたいのは、一部の既得権だけで、この組織の未来など、何も考えていないようにしか見えません。

民営化に伴って、特定局長も2000人以上が入れ替わり、30代や40代も大勢いるのに、危機感の無さには、現場で見ていて、呆れるばかりです。

致命的なのは、局長だけでなく、現場の社員までが統制経済的な郵政の未来に夢を馳せている事。それも、デキる人ほど。
そうした人には、「第二のJALだよ」など、全く耳に入りません。特定局長の既得権のためのムダな物販自爆購入まで、西川社長のせいにする有り様です。
どうか、今後の郵政を見続け、間違った選択に警鐘を鳴らして行って下さい。
Unknown (yolatengo)
2009-10-21 00:03:06
選挙で票入れてくれた特郵関係者に報いたというだけの話かと。
その先のビジョンは、適当な理由つけて渡切費などの利権復活と再国有化。
民主党が改革だなんてちゃんちゃらおかしいですよ。
ゆうちょが心配です (Unknown)
2009-10-21 00:36:54
メディアが政府に寄りそう影の広報部のように坦々と事実のみを報道する様は不気味です。ゆうちょは一応世界最大の銀行なんですが…それに西川さんは大銀行の元頭取なんですが…いまの政権が最初に更迭したのは結局官僚ではなく民間人だったわけですねえ。

まさか後任が元官僚っていうことはないでしょうねえ。亀井さんのお友達の闇のフィクサーとか…。ゆうちょ大丈夫ですよね?まさか円天詐欺みたいにネコババされたりしないですよね。
最悪の事態 (Unknown)
2009-10-21 00:43:31
既に引用されていたかもしれませんが、参考までに。
http://kikuchi-blogger.blogspot.com/2009/02/blog-post.html
「この馬鹿げた騒動の結末は、一度ケチのついた物件をどこも買わなくなり、かんぽの宿を保有し続けて延々と赤字を垂れ流すという最悪の事態になるだろう。」

バカ大臣には、自腹で赤字分を補填してもらいたいものです。それこそが責任を取るってことでしょ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

3 トラックバック

日本郵政 西川社長辞める (それは違うと思う 日本の国力で考える)
西川社長が辞めました。残念な限りです。こういうトップが辞めさせられて困るのは内部で組織改革に協力した人たちで、彼らはホイホイと辞めるわけにはいかない。一転裏切り者扱いされないか心配な限りです。 あれだけ大きな組織が公的な機関でありつづければ膿がたまるの...
日本郵政の問題は何処に行くのか...あの4年前の熱は夢だったのか (Grope in the Dark...)
元記事:西川社長の辞任理由がよくわからない - Joe's Laboより 日本郵政の西川社長が辞任した。 というか実質クビを宣告されたわけだが、そのロジックがよくわからない。 この件について分からないという人は多いのではないでしょうか。今回も含めて、麻生内閣において...
グダグダ、日本郵政の社長人事 (中小企業診断士えんさんの視点!)
 日本郵政の西川善文社長に圧力をかけ、辞任に追い込んだ鳩山政権。後任に元大蔵省事