Joe's Labo

城繁幸公式。
というか避難所。移行か?
なんか使いづらいな・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『7割は課長にさえなれません 終身雇用の幻想』

2010-01-11 13:08:39 | 
今週末発売予定の新刊『7割は課長にさえなれません 終身雇用の幻想
についてご報告。

タイトルは大きく変わっているが、
「若者はなぜ3年で辞めるのか」
「3年で辞めた若者はどこへ行ったのか アウトサイダーの時代」
に続く新書3冊目にして、三部作の最終回だ。

元々は、2作で終わる予定だった。現状提示が中心の一冊目に対し、処方箋として
の2冊目という位置づけだ。年功序列がイヤなら転職すればいい。実に簡単な話だ。

ただし、それだけでは足りないのではないかと考えて作ったのが今回の3冊目になる。
このご時勢、個人ですいすい泳ぎ回れる人間は限られている。
なにより、このままだと日本自体が凋落する一方だろう。
前作が個人のキャリアへの処方箋とするなら、
今回は社会への処方箋という試みだ。


そういう意味では、(新書ではないけど)昨年の「1%の賃下げが~」とスタンス
は似ているかもしれない。ただ、今回は幅広く理解してもらえるよう、“ある工夫”
がしてある。

「自分のキャリアアップ以外に興味は無い」という人は、勝間さんの本を読んだ方が
御利益があるだろう。
「正社員でいられるだけで幸せ」という人は、ずっと足元だけを見て生きるといい。
(ただし、この先なにがあっても文句は言わないことだ)

断言するが、ポストが増えず40歳以降の昇給が頭打ちである以上、
これからもサラリーマンの賃金は下がり続ける。
“氷河期世代”という言葉は消えていくかもしれないが、氷河期自体はデフォルトとして
定着するだろう。
そういう状況を変えるべきだと感じているすべての人におススメしたい本だ。
コメント (24)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« twitter導入なう | トップ | 「バラマキは何も産まない」... »
最新の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そこで子供手当てか? (俺)
2010-01-11 15:58:33
>ポストが増えず40歳以降の昇給が頭打ちである以上、

そこで、「子供手当て」もっとよこせってとこでしょうかね。

http://flyman.jugem.cc/?eid=734
世界の国々の人口ピラミッド
http://tondemohappun.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post-8174.html
子供手当てと言いながら 実態は票盗り大人手当て

「ダメ親手当て」と呼びたいところだが、民主主義国家で人口ピラミッド
がこうなっている以上、多数決で選挙民のエゴが通るのはある程度仕方ない。
Unknown (epi)
2010-01-11 17:27:51
いわゆる「草食系」男子が増えた昨今は、課長に「なりたくない」人も増えているように思います。
中高年の上司がつまらなそうに仕事しているのを見ていれば、そうなるのも当然の成り行きか。

いつの間にか、日本が総合スーパーのようになってしまった気がします。
「何でもあるけど、欲しいものがない」みたいな。
セミリタイア (のびたろう)
2010-01-11 17:39:24
若者は嫌消費世代になりますよ。(^-^)v
万年課長 (Unknown)
2010-01-11 17:55:40
ひょっとしたら、若い人は「万年課長」という単語を聞いたことがないかも知れませんね。
あれも古い時代の価値観を代表することばだったから。
子供手当 (???)
2010-01-11 17:56:41
ほとんど貯金にまわってしまうので景気刺激効果はほぼ無いでしょうが、国全体で子供を育てようという考え方は社会福祉制度として賛成です。ただ問題は財源ですよね。どう考えても今の税制のままで子供手当はむりです。国債も暴落寸前だと思いますし、いい加減増税に踏み切らないとダメでしょう。民主党は今のところなりふり構わず全力でばらまき政策に走っているようにしか見えません。

『7割は課長にさえなれません 終身雇用の幻想』は予約しました。楽しみにしております。
万年~ (城)
2010-01-11 21:10:44
昨年、“窓際部長”について話をしたら驚いている若手がいた。「部長に出世できてるじゃないですか、何が問題なんですか?」って。
氷河期がdefault (matt)
2010-01-11 21:46:03
う~ん、環境の変化に耐えられず、適応できない者は生き残れないのか。個人がやはり強くならいといけないと思うが、それとも、競争社会の外側で生きる者には救いはあるのか。そのためのセーフティーネットが必要?
自分自身は競争社会で頑張る気合はありますが、そうでない人で良い環境に恵まれるのは、運不運がありそうですね。
勿論、怠け者には褒美はなくても良いと思うが、なるべく様々な受け皿のある、ある程度の多様性を受け入れる社会であって欲しいし、そうでないと、何か画一的で詰まらないような気がします。
Unknown (非征服民A)
2010-01-11 23:10:00
いつも思うのですが、高度成長期のときもバブルのときも終身雇用をやっていたのは大企業だけで、大企業に雇用されているサラリーマンは日本全体の2割に過ぎないのです。日本のマスコミは日本的経営=終身雇用という前提で大衆に分かりやすい物語をでっち上げて世の中をミスリードしてきたのですが。

終身雇用が日本の雇用形態の一部に過ぎないという記事は90年代にはちらほら目にしましたが、ゼロ年代に入ってすっかり目にしなくなりました。21世紀の最初の10年で、嘘も100回言えば真実になるという話の信憑性を日本のマスコミは証明しました。

『7割は課長にさえなれません 終身雇用の幻想』←とりあえず書店で手にとって中身をざっと見てから買うかどうかを決めます。アマゾンはせめて目次だけは載せられないんですかね?たぶん買うことになると思いますが。

>「自分のキャリアアップ以外に興味は無い」という人は、勝間さんの本を読んだ方が
御利益があるだろう。

ちょっとずれますが、勝間さんがベストセラーを連発できる要因の一つは、あの人は自分の本の中で他の本の紹介をよくしていて、勝間さんの本が世に出ると紹介されている本も良く売れるのだそうです。だから出版社も書店もホクホク顔で勝間さんの本の宣伝をするとのこと。

僕は勝間さんがメジャーになる前、ムギというハンドルネームの頃から彼女の書いている記事を読んでいましたが、あの人はそういう目の付け所がすごくシャープな人です。勝間さんに憧れている日本の女性は大勢いるでしょうが、いくらあの人の本を読んで真似てもそういうセンスがないとね。結局、成功に至る道は自分で模索して作っていくしかない。これは僕自身もそうだし一人一人のサラリーマンにとっても同じこと。
Unknown (朱美)
2010-01-11 23:18:50
城さんの新刊楽しみです!

肉食系男子たちが日本を変えてくれるんだと
朱美は思いマース。とっても逞しいです。
特命係長 (のびたろう)
2010-01-12 00:35:28
只野仁は電王堂の窓際係長でしたね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事