Go forward with Takuya!

ちえです。 稀代の表現者・木村拓哉さんを全力応援! これまでも、そしてこれからも。

船を降りる

2017-04-05 20:14:46 | 日記

みなさん チャオ❣️
話によると今回のSpaという雑誌の木村くんのインタビュー、すごく良いそうじゃない❓
私ね、まだ受け取ってないのよ😢 別にSpaが女性が買うにはやらしい、男性向け雑誌だから店頭購入を避けたわけではないのよ。 そんな恥じらいはご卒業の年齢だわ😝 いつものように情報出て即座にまとめて密林さんでポチったもんだからこうなってんの😅
待たされるのには慣れっこさ・・・

木村くん、今回のインタビューで船を降りたという表現をしてるのよね。 これからは手漕ぎボートで行くのだと。
それをまた変な捉え方してるスマヲタさんいるんでしょ❓ そんなマネージメントになって可哀想、みたいな😆 あはは あははは😆
これってさ、今まで乗ってた船をsmapに例えていて、謂わば手漕ぎボートなるものは木村くんの自由の象徴なわけでしょ❓ 私はそんな風に感じたのだけど。

きっとその大型船は過去の華やかな航海に彩られて一見ゴージャス✨ でもメンテナンス怠ってきたせいで肝心のエンジンは出力不足、大事な基礎の船底は錆びてボロボロ。 前に進む事を忘れてその場に停滞し、ただのらりくらり波に揺られてた。 それがsmap。
木村拓哉は前を見て、ただ前を向いて進んで行きたい男。 不自由なその船と決別して、たとえ手漕ぎだろうと自分の進みたい方向に自由に舵を切れる自らのボートを手に入れたんだと思うの、私は。
それが、今の木村拓哉。

たとえ手漕ぎでも、木村の全力は強力なエンジンに匹敵すると思うの。 それに帆を張れば沢山の追い風が、木村くんの行きたい方向に船を運んでくれるわよ。 その風は親しい仲間の援護射撃。 共にものづくりをする仲間の全力。 そして私たちファンの愛のエネルギーだと思うの。
クタクタになったら港で身体休めて、また進めばいいわ。 木村くんには沢山の港が、これまたワイドオープンなの。 海は広いし、木村くんと相思相愛✨ まだまだ触れていない波だらけ。 木村くんはこれからなのよ。 この広い海原で、全力で新しい波に出会って乗ったり呑まれたり、楽しむのが彼らしい。 だって、地球と会話する男だもの by三池崇史監督

🎶そーの船を 漕いでゆけ〜
おまえの手で漕いでゆけ〜
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールを任せるな🎶

宙船の歌詞、ぴったし‼️👍🏻
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幹部(笑) | トップ | 求められる事 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事