ぶんちゃんのじゃがじゃが日記

日常のアレコレと愛猫ぷりん、パフェ、ロッシとの生活

入院中雑記②

2018-09-09 09:47:17 | その他

術後の安静中にお向かいのベッドの人が別の部屋に移動するらしいとの会話が聞こえてて(どうやら個室に移った?)

最終的にその日のメンバーはぶんちゃんのとそのお隣のTさん、そしてお向かいの一日前に入院したSさん。

それなのでお向かいは一人なのできっとSさんはぶんちゃんたちに話しかけてくると思ってたんだけど、透析を終えて戻ってからは具合が悪いようでずっと寝たまま・・・そして気分が悪くなるとナースコールで看護師さんを呼んで・・・

 

それまでの話からSさんは糖尿もあるようでインスリンの話もしてるんだけど、気分が悪くて何も食べられないようなのでインスリンは打てないらしくてかなり気の毒な状態・・・

 

そして夕方過ぎに看護師さんが夜の担当に交代になるんだけど、Sさんのところの看護師さんが他の看護師さんよりちょっと年配っぽい人で(カーテン越しなので全て想像だけど)声も大きいうえに話し方が強いっていうのかなぁ?

 

他の看護師さんはみんなゆっくり優しく話すのに、その看護師さんだけは小学校の先生が子供に言い聞かせるみたいな話し方で、具合が悪くて食事も出来ないSさんに「ちょっとだけでも食べてみようか?」・・・とか

ちょっと前に吐いた患者にそれでも食べろって言うか??・・・などとやたらとぶんちゃんの神経にチクチクあたる話し方。

 

(ちなみに病室の対角線の位置のベッドなんだけど、大きな声でその調子なので聞く気がなくても全部筒抜けなだけで、ぶんちゃんが聞き耳を立ててるワケじゃないのよ。)

 

 

そして何度目かの看護師さんの気配があったときに

「もう帰る準備で私服になっちゃったんだけど、入院するとき預かった書類を返すのを忘れちゃったから持って来たわ」

っと言って何やらごそごそしながら

「あっ、ゴメンね、さっき別の人から預かったお金があってそれと一緒に持ってきちゃった」

 

とかなんとか言ってるのを聞いて、この人ってプロ意識どころか常識もないのかしら??っと

 

そして今度こそ静かになったと思ってたんだけど、しばらくしたらまた

「Sさん、さっきお金置いて行かなかったかしら?知らない?」っと戻ってきた

 

しかし、「お金なかったかしら?知らない?」って何?????

 

「置いたはずなのにないからSさん盗ったんじゃない?」っていうのと同じ意味で言ってるようなものでは??

 

Sさんは「いえ、見てませんが」っと小声で答えて看護師は出て行ったんだけど、しばらくしたら廊下で「ありがとう」みたいな声が聞こえたので(声が大きいのですぐわかる)あぁどっかにあったんだろうな・・・っと思ったんだけど、当然ながらSさんに「見つかったわ、ごめんなさい」なんて声を掛けてくるわけもないまま・・・

 

Sさんはどんな気持ちなんだろう?っと考えつつ、申し訳ないけど自分の担当じゃなくてよかったと思いながらその日は消灯を迎えた・・・

 

 

続く・・・

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 入院中雑記① | トップ | 入院中雑記③ »

コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事