シャンチー(中国象棋)の日々~三千年の歴史、5億人の愛好者

シャンチー(象棋)に関するニュースを(一社)全日本シャンチー連合会がお届けします。

戸川芳郎名誉顧問より寄付の申し出をいただきました

2022-06-12 | ニュース
一般社団法人全日本シャンチー連合会・戸川芳郎名誉顧問(東京大学名誉教授)より多額の寄付の申し出をいただきました。

5月15日の「第1回日中友好シャンチー(象棋)交流会」に駆けつけてくださった戸川芳郎本連合会名誉顧問(元日本シャンチー協会理事長、1991-2013)より、本連合会へ多額の寄付の申し出をいただきました。ありがとうございます。

戸川名誉顧問(以下「戸」):シャンチー協会が台湾派に乗っ取られたというのは本当ですか?
一般社団法人全日本シャンチー連合会代表理事(以下「全」):乗っ取られたというのは穏やかではありませんね。戸川先生の後任の小熊誠理事長(2013-2019)と同時に私が事務局長(1991-2019)を退任した間隙を台湾側に突かれたようですね。
戸:しかも80万円ふんだくられたと。
全:そうなんです。
戸:なんでそんなことになったんですか?私が理事長やってるときも、ナントカ経済文化代表処なんていうところがちょっかいを出してきたことがあるんだけど、台湾派なんてものは私が元気なら叩き潰しに行くんだが…。
全:うわっ、戸川先生、相変わらず過激ですね、理事長在任のときもそうでしたけど。
戸:いあや、若いときはずいぶん暴れましたからなあ、もうそんな元気もありませんが。そんなお金は私が出してやるから、叩き付けてやったらいい。
全:え、いいんですか。
戸:どうしてもっと早く言うてくれないんですか。論語に「見義不為、無勇也」(義を見てせざるは、勇無きなり)という言葉があります、私は60年以上中国のことをやってきましたが、40年もシャンチー(象棋)のために尽くしてきたあなたが困ってるのを黙って見てるような男ではありませんぜ。北京日本学研究センターではずいぶんあなたに助けてもらいましたから。もともとアジアシャンチー連合会への拠出金の未払い問題(約30万円)は、私が理事長のときのもんだから、私にも責任がある。生きてるうちに決着をつけておきたい。あとの50万円は、毎年優勝者に賞金を出してやったらいいじゃないですか。
全:毎年10万円ずつ出せますね。
戸:困ったらいつでも言うてきてくださいよ。私が31年前に理事長になったのは、そのためなんだから。私もいろんな役職を押し付けられましたが、22年もやらされたのはシャンチー協会だけですわ。
全:ううう、戸川先生…。来年からの優勝者は戸川先生に足向けて寝られませんね。
戸:なんでも国立国会図書館の職にある人が「日本シャンチー協会」を商標登録したというのはほんとですか。
全:特許庁のサイトに出てますね。
戸:私が理事長のときにやっとけば、ひともうけできたかもしれませんな。
全:だれもそんなこと思いつきませんよ。あ、沖縄には「琉球象棋」だか「琉球象棋協会」だかを商標登録した人はいるようです。
戸:はー、世の中には智慧のある人がいてるもんですなあ。(ちなみに戸川名誉顧問は大阪人です)


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「日中友好シャンチー(象棋... | トップ | 7月30日のシャンチー(象棋)... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。