シャンチー(中国象棋)の日々~三千年の歴史、5億人の競技人口

「世界で最も競技人口の多いスポーツ」シャンチー(中国象棋)に関するニュースを日本シャンチー協会がお届けします。

日本初のペアシャンチー(象棋)トーナメント行なわれる

2018-08-25 | ニュース
8月25日、日本で初となるシャンチー(象棋)のペアトーナメントが開催されました。

「ペアシャンチー」とは、卓球のダブルスと同じように、二人のプレーヤーが交互に指すもので、囲碁の世界ではすでに定着しています。

今回は9月9日から中国・成都市で「グローバルペアシャンチートーナメント」が開催されるにあたり、このトーナメントに日本から出場する所司和晴、井上奈智両選手の研修を兼ねて、「シャンチーチームジャパン2018-19」指定選手を中心に、12名(6ペア)のプレーヤーを招集して実施されたものです。

昨年の「グローバルペア」にも、所司選手と田中篤選手が出場しましたが、事前の研修を行なうことなくぶっつけ本番で臨んだこともあって、実力を発揮しないまま終わったことの反省を受け、急遽実施が決められました。

今回は試行トーナメントとして、次の方法で行なわれました。

1.12名のプレーヤーをレイティング上位6名(Aグループ)と下位6名(Bグループ)に分け、Aグループの選手とBグループの選手がペアになるよう抽選を行なう。

2.持ち時間は「グローバルペア」と同じ40分+5秒(フィッシャーモード)とする。

3.3ラウンドを行い、順位はつけない。

結果は、昨年の「グローバルペア」に出場した所司・田中ペアが3連勝と、経験にものをいわせた形で終わりました。











ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
« 9.23シャンチー(象棋)定例... | トップ | 2018グローバルペアシャンチ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニュース」カテゴリの最新記事