愛媛県宇和島市からの良いたより♪

私のブログでは次の内容を紹介致します。
1.「神の王国の良いたより」、聖書教育
2.花々、風景写真
3.俳句、他

聖書のイザヤ書:苦しむ者から奪い取るユダの支配者とごう慢な女への裁き♪

2019-01-12 00:10:07 | 神の言葉・聖書

 聖書のイザヤ書は西暦前732年に書き終えられた書です。当時イスラエルの民は神エホバとの契約下にあり、民は神エホバのご意志を守るように教えられたにも関わらず、神エホバの教えから大きく離脱した生き方をしていました。そのため愛と公正(義)の神エホバが、苦しむ者から奪い取るユダの支配者とごう慢な女への裁きを行う言葉が記されています(ヨハネ第一4:8.詩編37:28)。神エホバはご自分の契約の民であっても、ご意志を守り行なない者は断罪される神であることを知ることが出来ます。イザヤ書に次のように記されています。

 「エホバは論争のために立場を取り、もろもろの民に(裁きの)宣告を下すために立ち上がっておられるエホバ自身がその(イスラエルの)民の年長の者や君たちに対して裁きを行われる。「そして、あなた方自身がぶどう園を焼き払った。苦しむ者から奪い取ったものがあなた方(支配者)の家にあるあなた方がわたし(エホバ)の民を打ち砕き、苦しむ者たちの顔をすり砕くとは一体どういうことなのか」と、主権者なる主、万軍のエホバはお告げになる

 そして、エホバは言われる、「シオンの娘たちはごう慢になり、のどを伸ばし、色目を使って歩き軽やかな足取りで歩いて行き、その足でちりんちりんと音を立てる。それゆえに、エホバもシオンの娘たちの頭の頂を実際にかさぶたでおおい、エホバ自ら彼女らの額をむきだしにされるであろう。その日、エホバは、くるぶし飾り、頭帯、月形の飾り、耳の垂れ飾り、腕輪、ベール、頭飾り、くるぶし鎖、胸帯、「魂の家」、鳴り具の飾り、指輪、鼻輪、礼服、上衣、外とう、財布、手鏡、下着、ターバン、大きなベールの美しさを奪い取られる。

 「そして、バルサム油の代わりにただかび臭い匂いが生じることになり、帯の代わりに縄が、凝った髪形の代わりにはげが、華美な衣の代わりに荒布を身に巻くことが、美しさの代わりに焼き印が生じる」。あなたの男たちは剣によって、あなたの力強さは戦いによって倒れる。そして、(ごう慢な)彼女の入口は必ず嘆き悲しみ、悲しみを表わし、彼女は必ず徹底的に荒らされる。彼女はまさしく地に坐すであろう」(イザヤ3:13~26)。

 上の聖句の、ごう慢なシオンの娘たちとは、エルサレムの女たちのことで、エルサレムを誇り高い女性に例えて警告しています。このエホバの裁きは西暦前607年に成就しました。エホバは確かにご自分の契約下の民のごう慢な態度に、ご自分の告げた言葉通りに裁きを執行されたのです。神エホバの言葉は必ず成就する例証となっています。

 あなたも、神エホバの言葉は必ず成就することに確信を抱き、神エホバのご意志を守り行う方々のお一人であれば幸いです。

                  WWW.JW.ORG

       挨拶に 風邪に注意の 多なりし 今日の一句

    

                 市内ふくい真珠店の「生け花」

 

『本(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 1月の俳句(その2) | トップ | 1月の黄色のカタバミと日本水仙 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

神の言葉・聖書」カテゴリの最新記事