愛媛県宇和島市からの良いたより♪

私のブログでは次の内容を紹介致します。
1.「神の王国の良いたより」、聖書教育
2.花々、風景写真
3.俳句、他

イエスが、唯一まことの神エホバとご自身に関する正確な知識を取り入れるように教えたのは何故ですか?

2017-12-10 22:24:06 | 神の言葉・聖書

 イエス・キリストは模範的な祈りの中で、次の重要な真理を明かにされました。

 「彼らが、唯一まことの神(エホバ)であるあなたと、あなた(エホバ)がお遣わしになったイエス・キリストにつての(正確な)知識を取り入れること、これが永遠の命を意味しています」(ヨハネ17:3)。

 上の聖句の通り、イエスは「唯一まことの神エホバと」、エホバがお遣わしになった「イエス・キリストについての(正確な)知識を取り入れること、これが永遠の命を意味する」と真理を証しされました。唯一まことの神エホバとイエスに関する正確な知識を学び、取り入れることは永遠の命を意味するのです。

 私たちが永遠の命を頂くには、唯一まことの神エホバとイエスに関する正確な知識を学び、取り入れる必要があるのです。お二方関する正確な知識を取り入れるには、み言葉・聖書を学ぶ必要があります。聖書には偉大な創造者エホバ神が宇宙を創造し、その中に地球を創造し、すべてを整えられたのは、人が住むためである、と地球を創造した神江ホバの目的が明らかにされています(創世記1章。イザヤ45:18)。しかも最初の人間のアダムとエバはエデンの園の楽園「神の像(かたち)」に創造されたのです(創世記1:26,27;2:8,15~18)。神エホバの目的は地上のエデンの園の楽園を地球全体に広げ、人間が神エホバのご意志に沿って楽園を管理するように創造されていたのです(創世記1:28)。しかし、最初の人間アダムとエバは悪魔サタンの用いた蛇に唆され、神エホバに反逆し楽園を失い、死に至るようになりました(創世記3:1~6.19,24.啓示12:9)。アダムとエバの子孫もその罪と死受け継ぎました(ローマ5:12)。

 神エホバは創世記3章15節で、人類の救いの手立てを明らかにされました。エホバの救いはどのように遂行されるか、そのエホバ神の目的の遂行を聖書は明かにしています。そのエホバの目的の遂行に、み子イエスが果たす役割がエホバの約束に従って聖書は記され、イエスは人類がアダムから受け継いだ罪と死からの解放のために贖いの死を遂げてくださっています(マタイ20:28.ヨハネ3:16)。イエスは贖いの死後復活し天に上り、1914年から神の王国政府の王として、地上の臣民を導いてくださっています。その神の王国によって、間もなく、神エホバのご意志を行なわない邪悪な者たちを、全能の神エホバの大いなる日の戦争・ハルマゲドンにおいて処断します(啓示16:14,16.啓示18章~20:3)。そのようにして神エホバの主権と義の宿る地上の楽園が回復し、イエスの千年統治が始まります(ペテロ第二3:10~13)。そのようにして神エホバの目的が遂行され、エホバのご意志を行なう人々が永遠の命に導かれるのです(マタイ7:21)。

  唯一まことの神エホバとそのみ子イエスについての正確な知識を取り入れることは、エホバのご意志を学び守りおこなうようになり、永遠の命の道が開かれるのです。神の王国の希望に堅く立つためには、お二方に関する正確な知識を取り入れることが不可欠です。あなたも、エホバのご意志を行なう方のお一人であれば幸いです。

                    WWW.JW.ORG

         取り立ての ミカンはじける 甘さかな 今日の一句

                     菊の愛好家の庭植えの「菊」

 

 

 

 

 

 

『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 愛好家の菊とJR宇和島駅前 | トップ | 12月の淡いピンクのカタバ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

神の言葉・聖書」カテゴリの最新記事