愛媛県宇和島市からの良いたより♪

私のブログでは次の内容を紹介致します。
1.「神の王国の良いたより」、聖書教育
2.花々、風景写真
3.俳句、他

「愛のうちに歩んでゆきなさい」:愛に含まれる事柄(その3)♪

2018-04-18 00:42:30 | 神の言葉・聖書

 私たち男性も女性も神の像(かたち)に創造してくださった偉大な創造者エホバ神は、私たちに「神(エホバ)に見倣う者となりなさい。そして、・・・愛のうちに歩んでゆきなさい」と命じておられます(創世記1:26,27.エフェソス5:1,2)。加えて、不完全な私たちに愛とは何か、その愛に含まれている事柄は何かを聖書に記し、私たちが永続する幸福の道、光の道を歩むことができるように導きを与え続けてくださっています(コリント第一13:1~8.詩編119:105)。

 今日も、前回に引き続き「愛に含まれる事柄」を以下の通りお伝えいたします。皆様方も愛の神エホバに近づいてくだされば嬉しく存じます(ヤコブ4:8.ヨハネ第一4:8)。

6.「愛はすべての事を希望する」(コリント第一13:7):愛は、信頼に満ちているだけではなく、希望にも満ちています。私たちは愛を動機として他の人たちについて最善のことを希望します。例えば、誰かが「それと知らずに誤った歩みする」場合私たちは、再調整を施そうとする愛ある努力にその人がこたえ応じることを希望しています(ガラテア6:1)。また、信仰の点で弱い人たちが元気をとりもどそうという希望も抱きます。そして、辛抱し、できることを行なって、その人たちが神エホバへの信仰の点で強くなるよう援助します(ローマ15:1.テサロニケ第一5:14)。親しい人が、道を踏み外すことがあってもその人がいつの日かイエスの例えのほうとう息子のように本心に立ち返り、神エホバのもとに帰って来るように援助をし続けます(ルカ15:17,18)。

7.「愛はすべての事を忍耐する」(コリント第一13:7)。私たちに忍耐強さがあれば、終わりの日の対処しにくい危機の時代」に生活しているゆえに、落胆させられるような状況や辛苦に直面しても、しっかりと神エホバの教えに立つことが出来ます(テモテ第二3:1)。忍耐の試みは、様々な人々によってもたらされます。場合によっては、信頼している人から予期せぬ事柄によって落胆させられることもあるかも知れません。無思慮な言葉に感情を傷つけられるかも知れません(箴言12:18)。職場や地域や学校やクリスチャン会衆内で、物事が自分の期待するように扱われない、ということも生じるかも知れません。尊敬されている人の行動が気に障り、「あの人は、立場をわきまえず、どうしてあんなことをするのだろう」と、考えてしまうかも知れません。そのような状況に直面すると、自分の考えに固執し、神エホバのご意志を行なうのを止めてしまうでしょうか。愛の特質を培っているなら、そうはしないはずです。そうです、愛があれば、他の人の欠点に目を奪われて、その人の良い面が全く見えなくなってしまうことはありません。他の人がどんな言動をしても、私たちは愛によって神エホバに対する忠実を保ち、「公正を行い、親切を愛し、慎みを持って」私たちの神エホバと共に歩みます(詩編119:165.ミカ6:8)。

 3回にわたって紹介致しました、愛に含まれる事柄を熟考してくださり、ご自身の生活に適用してくだされば幸いです。次回は「愛に含まれない事柄」を同じく3回のシリーズでお伝え致します。引き続きお読み下されば嬉しく思います。

          WWW.JW.ORG              

    仰向けに 寝そべり休む れんげ畑 今日の一句

            市内ふくい真珠店の「生け花」  

 

『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« アイリスと淡いピンクのオン... | トップ | 赤オンツツジと紫オンツツジ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

神の言葉・聖書」カテゴリの最新記事