愛媛県宇和島市からの良いたより♪

私のブログでは次の内容を紹介致します。
1.「神の王国の良いたより」、聖書教育
2.花々、風景写真
3.俳句、他

あなたは、愛を学び、培い、その愛を行動に示していますか?

2017-12-05 23:27:05 | 神の言葉・聖書

 現在社会は「終わりの日の対処しにくい危機の時代」であり、多くの人々は利己的な愛に陥っています(テモテ第二3:1,2)。しかし、私たち人間は、進化したのではなく、もともとくすしく「神の像(かたち)」に創造されています(詩編139:14.創世記1:26,27)。それゆえ、私たちは偉大な創造者エホバ神の比類のない特質の一つの「愛」を、生活に反映することが出来ます(ヨハネ第一4:8)。そのためには、私たちは神エホバの教える「愛」とは何かを学ぶ必要があります。

 聖書は「愛」について次のように教えています。

 は辛抱強く、また親切です。はねたまず、自慢せず、思い上がらず、みだりな振る舞いをせず、自分の利を求めず、刺激されてもいら立ちません。傷つけられてもそれを根に持たず、不義を歓ばないで、真実なことと共に歓びます。すべてのことに耐え、すべてのことを信じ、すべてのことを希望し、すべてのことを忍耐します。は決して絶えません」(コリント第一13:4~8)。

 上に記されている「愛」について何度も読み、黙想し、古い人格を脱ぎ捨て、新しい人格を身に着けるように培う必要があります(詩編1:2.エフェソス4:20~24)。すぐには、これらをすべて培うことができない、とあきらめてはなりません。私たちは、神エホバが教える「愛」を培うことができるゆえに、聖書に書き記されているのです。

 愛を学び、培い、新しい人格を身に着けたなら、それを日々の生活に示す、あつまり愛を行いによって示す必要あります(マタイ7:24,25)。聖書は次のように教えています。

 「言葉や舌によらず、行いと真実とをもって愛そうではありませんか」(ヨハネ第一3:18)。

 この模範神エホバとイエスは聖書を通して教えてくださり、イエスは手本を残してくださっています(コリント第一2:21)。正しい原則に基づく愛はアガペーです。アガペーは単なる感情ではなく、利他的な行ないによって示されます。私たちが利他的な愛を示し合うなら永続する幸福で有意義な生活を送ることがっできます。

 上の聖句の最初に「言葉や舌によらず」とは、言葉では愛示せないという意味ではありません。愛が言葉だけで終わってはならない、という意味です。例えば、誰かが食べる物や着る物がない時に、その人に、優しく温かい言葉をかけるだけではなく、実際にその人の必要なものを与え必要を顧みる愛を示す必要があることを教えているのです(ヤコブ2:15,16)。愛を行動で示す、つまり利他的な愛を示す必要があることを教えています。

 聖句は「行いと真実とをもって」愛さねばならない、と教えています(ヨハネ第一3:18)。ですから、「偽善のない愛」を示さなければならないのです(コリント第二6:6.ローマ12:9)。愛は互いが「真実なことと共に歓びあう」のです(コリント第一13:6)。

 私たちは愛について学び続け、その愛を培い、利他的な愛を示す者でありたいと思います。

                 WWW.JW.ORG

     寒き朝 ほっかほっかの スープ飲む 今日の一句 

                 庭に咲いている馴染みの「菊」

     

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月の西洋タンポポと和霊公園の蒸気機関車

2017-12-05 00:38:30 | 四季折々の花々

 こちらでは12月に入っても道辺に西洋タンポポが咲いています。

 タンポポは繁殖力が強く、明治初期に北海道に移入され、

 ほぼ全土に野生化し、分布したようです。

 花期は山野草図鑑では3月~9月頃と紹介されています。

 こちらでは、今も咲いていますので、温暖化の影響かも知れません。

 今日は12月の西洋タンポポと和霊公園の蒸気機関車を紹介致します。

               道辺に咲いている「西洋タンポポ」

            宇和島市和霊公園に展示されている「蒸気機関車」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加