立教ヌーヴェルヴァーグ

立教ヌーヴェルヴァーグについて・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

森 達也 氏 インタビュー

2008-07-27 11:57:52 | Weblog
立教ヌーヴェルバーグの1人である、森達也監督へのインタビューを2007年6月12日に行ないました。
そのインタビューで分かった、森監督の7つのエピソードを今回ブログにアップしようと思います。

【エピソード①】
「とにかく映画はおもしろい!」の高校時代。
週末ともなれば、スクリーンへと通う映画三昧の日々。ただし、お金が無いのでロードショーは見られなかった。
     ↓
映画好きの仲間に、医者の息子がおり、彼が集めた8ミリの機材を使って映画を撮ることに。内容は「高校生版かぐや姫」。森さんも出演し、学園祭で上映することに。
     ↓
「自分たちが制作したものが映写され、スクリーン上で再現された見た時、それを見ながら観客が息をのんだり、笑ったり。不思議でしたね。映画ってすごいなって思った」(森さん)


【エピソード②】
立教大学へ進学。映研を探す。
当時、立教には映画サークルが3つほどあり、「映画鑑賞会」的なサークルと「映画制作」のサークルがあった。当然、森さんは映画制作のサークル「S.P.P(セント・ポール・プロダクション)」に入部。また、同時に劇団サークルにも籍を置き、サークル「しどろもどろ」(現在も存続)の門を叩く。演劇と映画と両方で活動を開始する。
その時、映研には7、8人が一緒に入部し、部員数は20数人。また当時の立教の映研は「16ミリ」で、まだ8ミリはなかった。フィルム代がむちゃくちゃ高かったため、お金を出し合って映画を撮れるのは「年に1本」が慣例。それゆえ、誰かが書いた脚本を皆で多数決で決めていた。
      ↓
しかし、ちょうど森さんらが入学した頃に、8ミリで録音も可能な「マグネコーティング」という技術が開発されて、「じゃあ8ミリだろう」との雰囲気に。最初の部会で、坊主頭で関西弁だった当時の黒沢清氏が「この8ミリ機材を使えば、もっともっと手軽に作れるので、年に1本と言わず、撮りたい人が撮りませんか」というアイデアを提案した。
      ↓
その提案は、多数決で認められ、「それじゃ、まず2本撮ろう」ということに。早速、「皆で脚本を書いてこよう」ということになったが、その時脚本を出したのは、森さん(主人公の大学生が朝起きると、突然戦争が始まっているという内容)と黒沢氏(名称「高校教師、白昼大殺戮」)の2人程度で、投票もした結果、この2本の票が「同数」。「それじゃ、2本撮ろう」との話になり、制作が始まった。
      ↓
黒沢組は、映画作りのメソッドに沿って、スタッフィングやキャスティングなどもしっかりとやったが、一方、森さんの方は「監督は森、脚本も森、撮影も森」という状態。当然、部員から「私物化している」と猛反発をくらった。
        ↓
それぞれ撮り終わり、黒沢組の作品は「ぴあフィルムフェスティバル」でも評判になった。


【エピソード③】
そんなこんなで作品を撮っていたが、大学の2、3年の頃に蓮實重彦氏の「映画表現論」の授業が始まり、黒沢氏らがその授業に出ていた。
当時のS.P.Pには派閥と言うか、「とてもストイックに映画を語る」グループ(黒沢氏を筆頭に万田邦敏氏や塩田明彦氏ら。おそらく映画制作集団「パロディアス・ユニティー」のこと)と、「麻雀&酒」派(映画は好きなメンバーだったが・・)とに分かれていた。(当時のS.P.Pは正規のサークルではなかったので、部室はなく、5号館下の食堂脇にある「コモンルーム」が、サークルのたまり場だった)
そして映画を撮ったり、俳優になって撮られたりしながら、4年間を過ごした。


【エピソード④】
森さんは大学4年次に、劇団の俳優養成所「青俳」へ通い始める(三田村邦彦氏らが所属。その2年後に潰れてしまうが・・)。なぜ就活のこの時期に劇団入りしたかと言えば、それは就職して社会に飲み込まれるのが恐かったから。正直、就職する勇気がなかった。しかも単位が足りず、留年に。当時の森さんは「中退する勇気もなかった」と自身の性格を振り返る。
大学に籍を置きつつ、劇団に通う。5年生で卒業するも就職はしなかった。しかし、「社会のレールから外れる」ことへの不安感と、「社会に組み込まれる」ことへの恐さの両面が、心の中に内在していた。森さんいわく、「これは自分の甘え。どこかでモラトリアムがくすぶり続けていた」。(森さんより上の世代は、学園闘争組で中退者もゴロゴロいたが、森さん世代ではほとんど皆無だったという)。そんな思いの中で芝居を続けていた。
「芝居は自転車に似ていて、ある一線を越えると結構出来るようになる」(森さん)。


【エピソード⑤】
29歳の時、林海象氏との共同生活。林氏が映画「夢みるように眠りたい」を制作することになり、主役を演じる予定だったが、足を怪我して、佐野史郎氏が代役に。役を断った時は「モノクロのサイレント映画のため、『評判にはならない』」と、正直未練などなかったが、完成後に評判となり、林氏は監督業の道へ、そして佐野氏はテレビドラマで「冬彦さん」を演じて有名になるという結果に。それを横目に「演技力がないというのは何となく自分でも気付いていたが、華もないし、運もないのか・・・」と落胆し、不動産会社へ就職した。
【エピソード⑥】
とは言え、やはり映画に未練があった。しかし既に家族も出来ており、そこで「テレビなら」と、テレビ番組制作会社「テレコムジャパン」へ転職。しかし、ここはドラマ系ではなく、ドキュメンタリー番組の制作会社だった。
はじめは疑問も感じていたが、九龍城などの撮影を通じて、ロケで感じた観光では見えない部分、「現場性の面白さ」というものに気付いた。「そこから僕のドキュメンタリー人生が始まった」(森さん)。

【エピソード⑦】 立教ヌーヴェルヴァーグ
立教ヌーヴェルヴァーグの背景
①当時は自主映画が盛んだった。大隈講堂で上映したように、早稲田と共同で上映会なども実施。8ミリの「録音」が可能になったのを受け、今で言う「デジタルビデオ」と同じような、技術革新が一気に来て、「僕らの手に届く所に来た」。これが一つ。
②あとは、日芸などにもいっぱい映画を撮る学生がいて、みんなで8ミリを撮っていた。つまり立教だけではなかった。立教ではある意味、黒沢氏が牽引した部分がある。蓮實重彦氏の授業にマメに通うなど・・・。
そういった所で当時の自主映画というと立教と言われるが、世代的にも多かったのも事実。あまり世代論を語りたくはないが、あの時代、さんざん上の世代から刺激をインプットされて、そのフラストレーションを発散したいという気持ちはどこかにあった。
時代的な背景は大きいが、確かに立教に多かったのも事実。

とにかく刺激をはげしく受けた。中学・高校の頃、安田講堂陥落の光景を見て、「自分も運動やるぞ」と思って入学したが、実際にはもう「焼け跡」の状態。特に立教は。自分たちにはもう一度、回りを動かすほどの知識や思想はなかった。ただ刺激はされていて「何かやりたい」という気持ちはあった。

ただ、当時の映画や音楽、演劇、本など、あらゆる表現は、ベトナム戦争を触媒にしていた。そこで、映画・演劇という選択がコースとしてあった。映画や演劇という表現の方に身を置いて、「未消化な政治的・社会的燃焼を果たしたい」という欲求があった。しかし、その欲求は果たせず、現在まで来てしまっているのが僕らだ、と先日も仲間と語り合ったという。

「ある飽和状態があったところに、何らかの触媒があったとしたら、立教に関して言えば、それは蓮實さんというより、むしろ黒沢ではないか。なぜなら卒業して、なお映画をやると言って続けていたのは黒沢だけ。黒沢はプロに行った。もちろん黒沢は蓮實さんのところへ通い、影響も受けたと思うので、影響は大きいとは思うが・・。黒沢はS.P.Pの中にも、サークル内サークルの『パロディアス・ユニティー』というのを作って、昼間から語っていた。それを黒沢が統率して、万田や塩田なども出た。ストイックな連中だった」(森さん)。
                                       以上
コメント (15)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 立教ヌーヴェルヴァーグにつ... | トップ |   

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ビシャビシャやんwwww (ミナミ)
2008-07-28 00:54:32
なかなかスリリングなНやったでwwwwww
ちょっとビラビラを舐めただけやのにビショビショに濡れるって何やねんwwww
俺の顔もビショビショなった仕返しにたっぷりぶっかけたら全部飲み込んでたで┐(´ー`)┌
おもろかったし10マソもらったしええ思いでけたw
だひゃはぁぉぉぉぉぉぁああ!!!!!!!!! (ひゃく)
2008-08-04 01:30:56
どこぞのセレ┐″か知らないが、とんでもない女キタ━(゜∀゜)━!!
お互い紙の㊦着付けて水鉄砲で打ち合いしたんだよ。そしたらB地区透け透けだし俺はオッキしてノヽ°ンツ破けたしスンゲー恥ずかしかったwww
その後はでっかいジャグジーで大声出して普通にヤりまくりwwwwww
ヤり終わって体洗いっこした後にシャンパン一緒に飲んで、女から2 0 マ ソ貰いました(゜д゜)!
全部の体験が初めてすぎたけど、超満足っすwwwwwwwww
門の角で過度にヲナーンwwwwwww (翔太)
2008-08-07 15:14:09
知り合った女とさ、向かい合って一緒に角ヲナやったんだけど俺も女も異常に興奮しまくりwww
柱から垂れてくるマソ汁見ながら女を言葉攻めしたら、腰振る勢い早くなって更にヤバい状態になってア勹メ全開wwwwwwww
最後は足ガクガクになりながら┐ェラ抜きしてくれました\(^o^)/
これ一回やるだで7マソなんだから真面目に仕事やるだけ損だろ(ノД`)

http://g78y8hn.darani9pi.net/
次回は小中和哉インタビューを! (鈍繁)
2008-08-09 21:42:14
折角の貴重なインタビューなので、お節介とは思いながら気になりましたので、コメントいたします。

【エピソード③】に「大学の2、3年の頃に蓮實重彦氏の「映画表現論」の授業が始まり」とありますが、「映画表現論」は1970年から始まっており、森達也さんは1975年に入学されているので、もうすでに授業はありました。
また、【エピソード②】では『高校教師、白昼大殺戮』(正しくは『暴力教師・白昼大殺戮』)が「ぴあフィルムフェスティバル」でも評判になったというように読めるのですが、本当のことなのでしょうか?(5年後に製作した『しがらみ学園』が入選したというのは有名な話ですが…)
浴衣プレイキタ━━━(゜∀゜)━━━!!!! (もんぺ)
2008-08-11 12:40:07
夏といえば浴衣(`・ω・´)
あえて浴衣は脱がさずにハメたよw
はだけた浴衣からチラ見するアワビ(笑)がずっとよだれ垂れ流してました( ゜д゜)ポカーン
今月は浴衣女強化月間でやっていきますwwwwwwwwwww

http://q1H0Rug.fe7a4.net/
ちょちょちょ(^^; (さい8)
2009-01-24 17:53:21

見せて見せてっていうからチャック開けてデロンって俺のイチモツ出して見せてあげたの!
女の子キャーキャー言いながらイチモツにスリスリしてソッコーでフ ェ ラ抜きしてくれたYO!
ほど良いバキューム具合で即イキしちゃってもったいなかったけど、7萬もらったしまぁいっか(^^)v

http://ixVks0T.clayfis22fjs%2enet/
目覚めたら巨チンってぉぃ (大岩井)
2009-12-22 06:04:20

あの女ー・・昨日チソコが痛くなるくらい手コ-キしてきたから
夕方に起きたらチソコ腫れまくってんじゃんかよーー!!!!!!
でもまぁ極太にサイズアップしたチソコ試したいし
今のうちに他の女にも突っ込んでくるとすっかー((o( ̄ー ̄)o))


ロ-ション夫人おそるべし (バックマン)
2009-12-23 08:19:14

言われるがまま乳首にチムポ押し付けて射精したら、、7万ゲト!(☆Д☆)
何でこんなに貰えたのかどんだけ考えてもわっかんねぇw( ̄▽ ̄;)w

ヌォォオオ!!!!!! (バーサーカー)
2009-12-31 08:07:59


おい!!!これ毎日やったら、借.金2 0 0 万 円 3週間で返せたぞwwww
てかむしろ5 0 万貯金あるしなヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ
パチ屋のイベントに向けてあと5 0 万軍資金用意しとこっと( ̄▽+ ̄*)
驚きのショックプライスw (地蔵)
2010-01-02 23:57:51

コウちゃんがこないだ教えてくれたやつ、ヒマつぶしにやってみたの!!!
パチ屋に行く金も無かったしな(^^;


ヤるだけで10マンて聞いてたけど、中にだしたら15マン貰えたわヽ(´▽`)ノ
その金で次の日に朝一からパチ屋行ったら大勝ちだしv( ̄ー ̄)v

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事