人事いいんかい?

一般には何をしているのか一向に知られていない部署に勤務する一地方公務員から見た公務員生活などを御覧ください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

御用納め

2007年12月28日 | 公務員生活白書
今日は『御用納め』でした。

何故『仕事納め』ではないのか,その理由は私が知りたいくらいなのですが,言い習わされているので,そのまま使います。

今日私の昼食は懐石弁当2,600円也でしたが,これは勿論毎月積み立てている会費から支出されているものですから,結局は自分のお金なのですが,目の前でお金が出ていかないだけでも得した気分になるのが不思議ですね。

午後3時過ぎくらいになると,大抵の自治体では首長の年末訓辞が行われるのではないでしょうか。

そして午後5時も近くなると所属長訓辞という流れが多いのでは?
我が委員会でも事務局長から訓辞をいただきました。

別に定時退庁する必要はありませんが,御用納めの日は大抵早く帰宅するのが普通かもしれませんね。

さて,私はこれから人並みに【帰省ラッシュ】に身を任せることとなります。
帰宅は1月3日夜。

それでは,皆様,良いお年をお迎えください。
そして,来年も私のブログをどうぞ御愛顧いただきたく思います。

にほんブログ村 トラコミュ 公務員を目指す人のコミュニティへ公務員を目指す人のコミュニティ

現職公務員サイトランキング


公務員サイトランキング
コメント

地域格差?

2007年12月27日 | 公務員制度
総務省が発表した市町村別のラスパイレス指数を見てみました。

地方自治体の最高値は東京都調布市の104.7
同様に最低値は北海道夕張市の68.0
だったようです。

皆様は御存知のことと思いますが,この数値を単純に比較してもあまり意味はありません。

ラスパイレス指数というのは,国家公務員との比較値ですから,東京都に勤務する国家公務員と北海道に勤務する国家公務員の給与の違いも勘案しなければなりませんから。

上位20傑に東京都の区市が11入っておりますし,東京都自体も104.4と都道府県では最高ですから,やはり東京というのは給与の高い地域な訳ですね・・・

昭和63年には95未満の団体は30.0%だったのですが,今回の発表によれば44.5%の団体が95未満です。

これは勿論,財政難の折,独自の給与カットを行っている団体が多いことにもよりますし,かなり”特殊な事情”を持った団体もあります。

夕張市は既に破綻しておりますし,下位3傑の常連である長野県の王滝村などは次に破綻する自治体とさえ言われておりますから”特殊な事情”があることでしょう。

その他,公務が主要な産業の柱であるため,可能な限りの雇用を確保しつつ人件費を膨張させない取り組みをしている団体も実際にあると聞きます。

徐々に公務員給与も地域間格差と自治体間格差が広がっているのは間違いないのですが,私は必ずしも『地方沈下』とは捉えておりません。

にほんブログ村 トラコミュ 公務員を目指す人のコミュニティへ公務員を目指す人のコミュニティ

現職公務員サイトランキング


公務員サイトランキング
コメント

年末進行

2007年12月26日 | 日記
今年の仕事,今年のうちに!

などという訳ではないのですが,やはりキリの良い所まで仕上げておきたいし,上司もそれを望む面があり,今日はつい先程の帰宅となりました。

夫が子どもと一緒に寝入ってしまったらしく,これから片付けです。。。

にほんブログ村 トラコミュ 公務員を目指す人のコミュニティへ公務員を目指す人のコミュニティ

現職公務員サイトランキング


公務員サイトランキング
コメント (1)

世評

2007年12月25日 | 公務員制度
今日の産経新聞に
『公務員改革と賞与』
という記事が載っておりました。

賞与?
という問いは,まあ置いておきまして,内容を読みますと,かなり辛辣なことも書いてございました。

社会保険庁の関係から
「ああいう人達にボーナスを払う必要はなし!」
とか
「そもそも地位が安定しているのだから給与は低くて当然!」
というような意見を述べておられる方も。

私の見解はともかく,実際にそのような考えをお持ちの方がいらっしゃるということは,大事なことです。

「民間だったら倒産している状態なのだからボーナスが出るはずないでしょ」
というお考えはもっともですが,期末勤勉手当の制度は民間におけるボーナスと根拠が違いますので,
赤字決算=ボーナス0
という図式は成り立ちませんし,国家公務員にしろ地方公務員にしろ
「じゃあ,今期はボーナスなしにしようかな」
というレベルで改廃できるものではなく,法律・条例改正が必要なので,なかなか事情に則った風に行うのは難しいのかもしれません。

「すぐに”法律でできない”とか”議決が必要です”なんて言うのは公務員の悪習だ!!!」
というお叱りの言葉が空耳ならず聞こえてきておりますが・・・

にほんブログ村 トラコミュ 公務員を目指す人のコミュニティへ公務員を目指す人のコミュニティ

現職公務員サイトランキング


公務員サイトランキング
コメント

受験生の海

2007年12月24日 | 採用試験
さて
「”現象”って何?」
と思っておられる方に。

現在人事院も,各地の人事委員会も
「いかにユニークな人材を発掘するか」
ということに知恵を絞っております。

つまり,バブルがはじけたまま不況のどん底を突き進んで久しい平成9年当時
「公務員になりたい!」
という志望者は多く受験予備校を目指しました。
受験情報誌も大変な部数が売れていたと聞きます。

そうするとどうしても『受かる面接術』のようなものが生まれ,それを受験生に教授するようになっていきます。

結果,面接官にしてみれば
「どの受験生も同じような受け答えだなぁ・・・」
という事態になる訳ですね。

この状態は現在も改善されておりません。むしろ現在の方がより事態が進んでいるとさえ言われております。

どんな就職も同じですが,入社・入庁したときがゴールではなく,当然それがスタートなのですね。

ということは
「この人と一緒に仕事をしていきたいな」
と思ってもらえる人であることをアピールできなければ,受験生の海に紛れてしまうということでしょうか。

にほんブログ村 トラコミュ 公務員を目指す人のコミュニティへ公務員を目指す人のコミュニティ

現職公務員サイトランキング


公務員サイトランキング
コメント

採用試験の想い出-8-

2007年12月23日 | 採用試験
国家公務員Ⅰ種の試験結果を人事院に見に行ったりするなど考えもしなかった私ですが,裁判所事務官Ⅰ種の一次試験結果は裁判所まで掲示を見に行きました。

結果は先日も記事にしたとおり○でしたが,一応の目安とされていた採用予定人数よりかなり多い一次試験合格者に対しては,だいぶ不安を感じました。

何といっても私は筆記試験ならどうにか人並みくらいにクリアできるような思いこみがございましたところ,面接に関してはアルバイトの採用面接しか受けたことはなかったのです。

現在の受験生の方々は,受験生同士や受験予備校,高校・大学の就職関係課などの模擬面接を経験なさっているのが当然のようですので,私は本当に無謀でした。。。

アルバイトの面接も結構受けましたが,私はそれまで面接がある場合ただの1回しか採用されたことがなかったので,面接に関して恐怖感まではいかずとも
「二次試験で失敗するのは必ず面接だ」
という確信に似たものがございました。

それでも何ら対策を立てないの?そんなの他の受験生に対して失礼では?
というお叱りを受けそうですが,当時の私は実のところ『どうすればいいのか分からない』状態だったのです。

友人も少なく,公務員試験を受ける場合,大学の就職関係課はあまりあてにはなりませんで,そして何度も申し上げているとおり私は受験予備校に通ってはおりませんでした。

ただ,奉職してから数年の間は,当時から少しずつ現れてきていたというある”現象”に対しては有効な状態だったのかもしれないな・・・,などと勝手に考えたりもしました。

”現象”については,また明日。。。

にほんブログ村 トラコミュ 公務員を目指す人のコミュニティへ公務員を目指す人のコミュニティ

現職公務員サイトランキング


公務員サイトランキング
コメント

年末年始

2007年12月22日 | 休暇・休業制度
年の瀬となりましたね。

通常の場合12月28日をもって『御用納め』となるので,今年の勤務は今週限りということになります。

でも,12月28日から1月3日まで,という年末年始のお休みはどういった経緯で定着したのでしょうか?
私は浅学にして知らずにおりますので,どなたか御存知の方がおられれば教えていただきたいくらいです。

ただ,自治体の場合は
【○□△の休日に関する条例】
などいう条例がある場合が多く,そこで既に年末年始の休日について規定されていることが例がございますので,必ずしも”職務に専念する義務を免除する日”として扱われている訳ではないようです。

銀行などは30日くらいまで営業していたりしますので,民間準拠の考え方からだけでは判らないですよね。。。

にほんブログ村 トラコミュ 公務員を目指す人のコミュニティへ公務員を目指す人のコミュニティ

現職公務員サイトランキング


公務員サイトランキング
コメント

今日も・・・

2007年12月21日 | 日記
ほんのちょっとだけ間隔を置いて,今日もまた忘年会・・・

夫には迷惑を掛けておりますが,まあお互い様の面もある季節ですので,あえて気にしないようにしましょう!

本当に不憫なのは子ども達,ですがねぇ。。。

にほんブログ村 トラコミュ 公務員を目指す人のコミュニティへ公務員を目指す人のコミュニティ

現職公務員サイトランキング


公務員サイトランキング
コメント

暦年区切り

2007年12月20日 | 休暇・休業制度
年度で全てが進んでいるように見える公務員の世界。
しかしながら,何故か暦年区切りで行われていることが多いのが,年次有給休暇です。

まあ,実は理由があることも,その理由も私は存じておりますが,それは置いておきまして・・・

暦年区切りということは,12月をもって区切りとなるということです。
したがって,今月末で平成18年に付与された年次有給休暇は消滅し,1月1日をもって平成20年分の年次有給休暇が付与されます。

どうして,平成18年?
と思われた方へ。
年次有給休暇は1年間に限り繰り越すことができます。
民間企業では”買取”などという制度が用意されている場合があると聞きますが。
つまり,年次有給休暇の”消費期限”は2年間。

ところで,実際には1時間単位で申請できる自治体の多い年次有給休暇ですが,付与する場合は1日単位でなければなりません。
これは労働基準法に規定がございますので,例外はありません。

そして自治体によってバラバラですが,端数処理は四捨五入などが一般的です。
平成19年に付与された年次有給休暇が75時間余っている場合
四捨五入だと「10日」
切り捨てだと「9日」
が平成20年に繰り越されます。

にほんブログ村 トラコミュ 公務員を目指す人のコミュニティへ公務員を目指す人のコミュニティ

現職公務員サイトランキング


公務員サイトランキング
コメント

早めではありますが・・・

2007年12月19日 | 日記
この季節ならではですが,今日は職場の忘年会でした。
元々そう大して大規模な職場ではございませんから,こぢんまりとした会を一次会のみで切り上げて帰宅いたしました。

帰宅したら,夫が子どもを甘やかし,まだ寝かせておりませんでしたので,最初の家事は”寝かし付け”となりました。。。

では,今夜はこの辺でm(_ _)m

にほんブログ村 トラコミュ 公務員を目指す人のコミュニティへ公務員を目指す人のコミュニティ

現職公務員サイトランキング


公務員サイトランキング
コメント

昇進

2007年12月18日 | 苦情相談
職員の苦情相談には,様々な種類があります。

人間関係に関する悩みはどんな職業であってもあるもので,こういった関係の悩みを寄せてくる職員はやはり多いものです。

我が委員会に寄せられる相談も様々ございますが,今日は例によって【苦情相談の手引き】などに載っている例から・・・

教員など,ほとんどフラットな職場でない限りは,昇進に関する不満はこれまた尽きないものでして,
「何故自分だけ昇進が遅れるのか?」
「何故あの人だけが昇進するのか?」
まあ,どちらも不満でしょうね。

これに類する相談に関しては基本的に
「昇進などについては任命権者の裁量に任されています」
という回答にしかなりませんが
「性別による差別がある」
というのもありますし
「門地による差別がある」
という相談も実際あるらしいですね。

超然としていたい
そう思いますが,人はそう簡単に自意識から脱せないものですし。。。

にほんブログ村 トラコミュ 公務員を目指す人のコミュニティへ公務員を目指す人のコミュニティ

現職公務員サイトランキング


公務員サイトランキング
コメント

昇給の日

2007年12月17日 | 公務員制度
今年も残すところ2週間を切りましたね。
年末の3連休があるために,勤務日で言うともはや10日を切ったのですが,意外と
「今年中にやっておかなければ」
と思っていた仕事がはかどっていなかったりする方もいらっしゃるのではないでしょうか?

自治体は当然のことながら暦年ではなく年度で事務を進めておりますので,来月以降も平成19年度は続く訳ですが,それでも一応の区切りはございます。

近年評価制度なんかを導入している自治体も増えているようですので
「12月末までに何ができたか?」
によって評価が左右されることもありそうです。

何故私がこんなことを急に言い出したかと申し上げれば,給与構造改革によって職員の昇給は1月1日に統一されたのです。

これまでは個々に4月だったり7月だったり10月だったりもしたのですが,統一された関係で
「期間を良好な勤務成績で勤めた職員は1月1日,4号俸昇給する」
ということになるのですね。

これは”3号俸”だったり”2号俸”だったりしても構わないということですから,自分への勤務評価というのが客観的に分かりやすくなったのです。

さてさて,私は・・・・

にほんブログ村 トラコミュ 公務員を目指す人のコミュニティへ公務員を目指す人のコミュニティ

現職公務員サイトランキング


公務員サイトランキング
コメント

定員変わらず

2007年12月16日 | 休暇・休業制度
一般にはほとんど馴染みがないのですが,国家公務員も制度ができておりますし,地方公務員に関しても続々と制度ができている真っ最中なのが『育児短時間勤務』です。

これは少子化の問題などいろいろ含みではございますが,要するに
「もっと職員にとって子育てのしやすい環境を醸成しよう」
という趣旨です。

でも,それだけだとこれまでも各種制度があったのでは?
とお考えの方もいらっしゃるでしょうね。

育児短時間勤務は,育児休暇とは異なります。
また,”早出遅出勤務”と呼ばれている,勤務時間の軸をずらす制度とも異なります。

「職員の席を残したまま育児休暇が取れる」
というものになります。

極端な例では,1日4時間の育児短時間勤務職員が2人いた場合,この2人を組み合わせて8時間勤務職員1人の職を充てることができるようになるということです。

これはスゴク画期的!
これまで育児休業中などの職員の抜けた後は”ふさぎようのない穴”となりかねないものでした。
定員上は1人なのに,実質労働力としては0ですからね。

臨時職員などを充てるにしても,臨時職員を充てる職には制限があって,職員でなければ充てられない職が”穴”だとお手上げ,というのがこれまでの状況でした。

さて,どれだけ利用が進むのか全く未知数ですが,私としては注視していきたいと思います!!

にほんブログ村 トラコミュ 公務員を目指す人のコミュニティへ公務員を目指す人のコミュニティ

現職公務員サイトランキング


公務員サイトランキング
コメント

どっち?

2007年12月15日 | 公務員生活白書
少し落ち着いた感がありますが,11月は結構多くの自治体に関連して
『昼休みを選択制に』
という内容の報道がなされておりましたね。

国家公務員にならって地方公務員も休息時間を廃止した結果,昼休みは1時間から45分と短くなってしまった自治体が多出しました。

労働基準法によれば,8時間労働の場合45分以上の休憩を与えなければならないことになっており,実は国家公務員には労働基準法が適用されていないため直接は関係ないのですが,地方公務員は労働基準法が適用されるので,45分というのは最低ラインな訳ですね。
そこへ休息時間15分を付け足して“昼休みは1時間”としていたということです。

さて,いざ15分短くなってしまうと,急激に影響が出たのは庁舎周辺の飲食店とのことで,全国的に
「職員の利用がなくなれば死活問題だ,何とかしてくれ!」
と直談判が相次ぎ
「1時間の昼休みとして終業時間が15分延びるのと,45分の昼休みで終業時間が変わらないのとどちらを希望しますか?」
という職員アンケートをしたところ
「休みが長い方がいい!」
という意見が多かったけれど,今までの終業時間に合わせて予定が立てられている職員(介護・保育利用中などでしょうか)に配慮して選択制とするといった流れのようです。

私個人としては,やはり今までの終業時間にしてもらいたいものです。
たとえ終業時間到来と共に退庁することが皆無だとしても・・・

にほんブログ村 トラコミュ 公務員を目指す人のコミュニティへ公務員を目指す人のコミュニティ

現職公務員サイトランキング


公務員サイトランキング
コメント

原油高

2007年12月14日 | 公務員制度
人事委員会は第三者的立場に立たなければならない行政委員会です。
任命権者側でもなければ,職員側でもありません。

集める情報についても,両方の立場から収集する必要がございまして,職員側の情報は”自分の身に照らして考える”だけでは勿論不十分ですから,別な情報源が欲しいところです。

【職員組合だより】
などはどうでしょう?

勿論職員に都合の良い立場から書かれているのですが,それを割り引いても
「なるほど,こんな考えもあるのだなぁ・・・」
と思うこと頻り。

「原油高によりガソリン価格が高騰している。結果自家用車通勤をしている職員の通勤費が増加しているのは間違いないのだから,人事委員会としては通勤手当の改定を考えていないのか?」
と記事が載った実例があるらしいです。

生活者としての視点でしか原油高を見ていなかった私ですが,このことを知ると反省もしました。

その記事が妥当であると思ったかどうかはともかく,”公平な立場”について考えるには良い材料です。

しかも少なくとも3つの視点から公平を考える必要があります。

任命権者にも職員にも偏らない公平
自動車通勤職員とその他通勤職員との公平
職員と住民との公平

にほんブログ村 トラコミュ 公務員を目指す人のコミュニティへ公務員を目指す人のコミュニティ

現職公務員サイトランキング


公務員サイトランキング
コメント