人事いいんかい?

一般には何をしているのか一向に知られていない部署に勤務する一地方公務員から見た公務員生活などを御覧ください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

メンタルケア

2009年08月13日 | 苦情相談
官庁速報を読んでおりましたら
「節目の年にはメンタルケア」
というような記事がございました。

これは宇都宮市の取り組みだそうでございますが,全国的にどこでもメンタル疾患に罹る職員は増えておりまして,人事委員会が行います苦情相談以前に,任命権者が対応していただく数というのは,相当なものになっているようです。

宇都宮市では,一定の年齢に達した教職員を対象に,全員のメンタル相談を行うということだそうで,セーフティネットとしては非常に素晴らしい取り組みかと思いました。

やはり実際に罹患してからよりは,芽にもならない段階で対応しておくに越したことはございませんからね!



にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ

にほんブログ村 トラコミュ 公務員を目指す人のコミュニティへ公務員を目指す人のコミュニティ

現職公務員サイトランキング


公務員サイトランキング
コメント

昇進

2007年12月18日 | 苦情相談
職員の苦情相談には,様々な種類があります。

人間関係に関する悩みはどんな職業であってもあるもので,こういった関係の悩みを寄せてくる職員はやはり多いものです。

我が委員会に寄せられる相談も様々ございますが,今日は例によって【苦情相談の手引き】などに載っている例から・・・

教員など,ほとんどフラットな職場でない限りは,昇進に関する不満はこれまた尽きないものでして,
「何故自分だけ昇進が遅れるのか?」
「何故あの人だけが昇進するのか?」
まあ,どちらも不満でしょうね。

これに類する相談に関しては基本的に
「昇進などについては任命権者の裁量に任されています」
という回答にしかなりませんが
「性別による差別がある」
というのもありますし
「門地による差別がある」
という相談も実際あるらしいですね。

超然としていたい
そう思いますが,人はそう簡単に自意識から脱せないものですし。。。

にほんブログ村 トラコミュ 公務員を目指す人のコミュニティへ公務員を目指す人のコミュニティ

現職公務員サイトランキング


公務員サイトランキング
コメント

辞めたいのに・・・

2007年11月04日 | 苦情相談
こんな相談も実際にあったそうです。

私は結婚するので,○月をもって辞職したい旨上司に伝えました。
ところが
「○月は業務多忙なので,まかりならない」
と言われ辞意を拒否されてしまいました。
私としては何としても○月に辞めたい。
○月いっぱいをもって出勤しないでも良いだろうか?

皆様どう思われますか?
辞職は,『辞職承認処分』というものにあたり,必ず辞職を承認しなければならないものではありません。

結局上司にも一理あるのですが
「どうしても○月をもって辞めたい」
と出勤しなければ,それは辞職したことにはならず,かえって懲戒処分の対象(つまり”欠勤”ですね)になってしまうので,やめなさいと伝えたことが事例集には載っていました。

結局この方は話し合いの末円満に辞職したとのことですが
辞職承認処分されないことが不満というのはなかなか珍しいケースだと思いました。

よくあるのはこれと真逆で
希望しない辞職承認処分をされた!
ということですからね。。。

にほんブログ村 トラコミュ 公務員を目指す人のコミュニティへ公務員を目指す人のコミュニティ

現職公務員サイトランキング


公務員サイトランキング
コメント

許容範囲

2007年10月23日 | 苦情相談
こんな相談例があります。

「私は元々土木技術ということで奉職したはずなのだが,今まで事務部署以外に勤務したことがない。これは契約違反では?」

この相談者は,”現場”で勤務することを希望している訳なのですが,結構このタイプの技術系職員はいらして,
「積算業務なんて,仕事じゃない!」
と言っておられた方を実際に知っております。

勤務条件に関する限り,苦情相談という形で正解なのですが,話を聞いてみると奉職5年目とのこと。
転勤は1回。

例によってどのような解決を図ったのか明らかではないのですが,おそらく
「これからの長い役所生活で必ず今の仕事は役に立つとは思いますが,上司に直接申し出てみたら?」
と言っておいて
「こちらから意向を伝えることもできるが?」
というような流れになったのかな?と思います。

ところでこの相談,実は難しい問題を孕んでいます。
【公務員に労働契約はあるのか?】
皆様はどう思われます?

判例と学説による「一応の答え」はまた明日にでも・・・

人気blogランキングへ

にほんブログ村 トラコミュ 公務員を目指す人のコミュニティへ公務員を目指す人のコミュニティ


現職公務員サイトランキング


公務員サイトランキング
コメント

セクハラ-3-

2007年10月11日 | 苦情相談
セクハラは必ずしも職場内で起こるものではありません。
その典型例が最近よく新聞紙面等々に表れる『学校のセクハラ』

教師同士も”職場内”ですから,ここで問題となるのは教師同士ではなく,教師対生徒などです。

さて,私が記事にしているのは苦情相談についての問題ですから,教師から生徒へのセクハラは,生徒が職員ではないという理由から対象外になります。

だからこれは蛇足なのですが,実際処分を受けている例などからは,男性教師から女生徒へのセクハラが大部分,それから教師から男女問わず生徒達へのセクハラ,数は少ないですが女性教師から男生徒へのセクハラ,ごく稀に同性生徒へのセクハラという順が見受けられます。

ただ,セクハラの相談例からは思わぬ『学校のセクハラ』が!
若い教諭から相談があり,その教諭は特定生徒から耐えられない程のセクハラを受けているのに,上司である校長や教頭は「生徒を制御できないあなたが悪い」と全く取り合ってくれず,自分はもう精神的におかしくなりそうだ
という相談。

う~ん・・・
私が実際に受けたことのある苦情相談にこの類のものはないのですが,相談例は,いつも解決例になっている訳ではありませんで,この事例については結局どのような解決を図ったのか判りません。

私もどうすれば良いのか思案するばかりです。

皆様なら?

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気blogランキングへ

にほんブログ村 トラコミュ 公務員を目指す人のコミュニティへ公務員を目指す人のコミュニティ
コメント

物事の一面

2007年09月23日 | 苦情相談
苦情相談を受けていると,実に様々な内容があります。

今までも何度か触れたセクハラ関係が結構多い一方で,自分への待遇が不満だとか,上司が気にくわないとか,もっと休暇を取りたいとか・・・

相談として受け付けている以上,常に求められるのは
「親身になって丁寧に話を聞く」
という姿勢です。

親身になるというのは同情することとは違いますし,相手の立場に立つというのとも違います。
相手が本当に言いたいことを引き出すことは重要ですが,
「そうだよね」
「それは可哀想にね」
ということは言えないのです。

しかもただ単に話を聞けばいいのではなくて,相談者が自分の言いたいことを述べている中でも結局
”自分としてはどうしたいのか”
”自分としてはどうしてもらいたいのか”
の内容に触れてこない場合もあります。

だから
「あなたとしてはどうしたいのですか?」
に類した質問をすることも。

ただ,相談を受けていると,口には絶対に出さないまでも
酷い職場だなぁ
と思うことがあります。

でも,相談者は自分の視点でしか話をしないので,後日相手方に連絡してみると,実は相談者の側に問題があったりもします。

一方的な話って怖いな・・・と身に染みたことも幾度か。。。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気blogランキングへ

にほんブログ村 トラコミュ 公務員を目指す人のコミュニティへ公務員を目指す人のコミュニティ
コメント

セクハラ-2-

2007年09月18日 | 苦情相談
執務中にセクハラ事案などの資料を見ていて
「おや?」
と思ったことについて記事を。

『セクハラに当たる』
とされた項目の中に
【女子職員を姓ではなく名前で呼んだ】
というのが。

ん?
何か不思議な気分・・・

初披露ですが,わたくし本名は”のぞみ”と申します。正確にはひらがなではなく漢字ですが,それはともかく
「のぞみさん」
と呼ばれからって
「それって,セクハラですよっ!」
と申し上げる気はございません。

まぁ,セクハラに当たるくらいだから
「○○ちゃん」
という呼び方なのかもしれませんが,奉職してから幾度となく,いわゆるオジサンに属される年代の方からも含めて
「のぞみちゃん」
と呼ばれたことはありますが,一向にカチンときたことがございません。

やはりセクハラって,その方の感じ方次第なんだな,と思う一方,若手の男性を
「◇◇くん」
とか呼ぶのもNGということでしょうか?

怖くて他人(特に異性の)を呼べない・・・なんて緊張感のある職場ですこと。。。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気blogランキングへ

にほんブログ村 トラコミュ 公務員を目指す人のコミュニティへ公務員を目指す人のコミュニティ
コメント (6)

セクハラ-1-

2007年09月12日 | 苦情相談
私にはよくあることですが,
-1-
としたからといって,
-2-
があるとは限りません。悪しからず。

さて,おとといは『職員からの苦情相談』について簡単にお話しいたしました。
今日は最も難しい案件の一つとなりかねない”セクシャルハラスメント”つまり”セクハラ”について・・・

すっかり定着した感があって,もはや言い換えは必要ないと思いますので,このまま進めます。

セクハラの難しいところは,争いになるのは《行為》なのに,本当の問題は別なところにあるからです。
御存じの方もいらっしゃるでしょうが,セクハラの本質は
「何をされたか?」
ではなく
「誰にされたか」
に依っていることが多いのですね。

結局セクハラになりそうな行為には
1誰が誰にしてもセクハラには当たらない
2それをした人によって,それをされた人によって,セクハラと感じる場合がある
3誰が誰にしてもセクハラに当たる
という段階があります。

1というのは,性的な分野ではあっても事務手続上必要な行為である場合などがこれに当たると思われます。
手元の資料によれば,モデルケースとして
【男性の上司しかいないのに,「生理休暇は上司に届け出ること」と規定されているのはセクハラだ】
というのがありました。
皆様どのように思われますか?
1には当たらないという向きもおありでしょうかね。。。

3というのは,もはや犯罪であるか限りなく犯罪に近い場合でしょうか。
例挙は必要ないですよね?

よって,一番範囲が広いのは当然2!

だからこそ,セクハラの相談は相談者本人にとっては大変深刻な問題です。
私は最近流行りの鈍感力に溢れているので,今まで
「何でそんなことされなきゃ(しなきゃ)いけないの?」
と感じるようなことがなかったのですが,相談者からお話を伺ったりすると
「ああ~,私には何でもないことだけど,この人にとっては不快なんだな・・・」
そう思うときが必ずあります。

ちなみに男性からのセクハラ相談,結構増えているらしいですよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気blogランキングへ

にほんブログ村 トラコミュ 公務員を目指す人のコミュニティへ公務員を目指す人のコミュニティ
コメント

職員の苦情

2007年09月10日 | 苦情相談
公務員は労働基本権を制限されているので,その代償措置として公平審査の制度があります。

それは
『不利益に係る不服申立』

『勤務条件に係る措置の要求』
です。

長らくこの2本立てで来たのですが,数年前から別な業務が増えました。
それが
『職員による苦情相談受付』
の業務でして,公平審査が謂わば「白黒つける」ことになりかねないのに比べ,苦情相談であれば「苦情相談人と人事当局とのあっせん」を行うことに主眼があるため,より迅速な結果を出すことができる可能性があります。

現実に苦情相談を受けていると,ただ単に話を聞いてあげると解決するものもありますし,何らかの行動が必要となることもあります。

苦情相談の内容も多岐にわたっていて,職場での不満やセクハラ・パワハラに加え,人事上の苦情を相談してくる場合もあって,私達も様々勉強しておかねばならず,相談を受けるときはそれなりに緊張することとなります。

相談してくる方のタイプもいろいろで,感情的な方も,極めて冷静な方も両方いらっしゃいます。
一通り調べてから相談する方もおられれば,とにかく電話をかけてくる方も。

どんな相談者であっても,こちらは冷静的確にお答えしなければならず,その場で解決できるものの方が少ないのが現実です。
でも【人事の専門機関】としての役割を果たしたいと思っておりますので,職員の皆様,すっかり思い詰めてしまう前にお気軽にどうぞ!

とは言うものの,勿論苦情が少なくなる方が,まして苦情がない方が,人事の健全性から良いことは,御覧の皆様当然お判りでしょうが・・・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気blogランキングへ

にほんブログ村 トラコミュ 公務員を目指す人のコミュニティへ公務員を目指す人のコミュニティ
コメント (2)