◇juri+cari◇

ネットで調べて、近所の本屋さんで買おう!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

渡邊大門さん『 奪われた「三種の神器」―皇位継承の中世史』

2009-12-24 23:20:05 | 読書
本書は、中世史を専門とし

現在は大阪観光大学研究員である著者が

三種の神器について記した著作です。


皇位継承の象徴とされる「三種の神器」

著者は、古事記に記された伝承や律令制の下での位置づけ

そして、源平の争いの中での逸失とそれに対するの対応を紹介。

そのうえで、鎌倉後期から南北朝の分断~再統合の中で

三種の神器にどのような政治的意味が付与され

あるいは、意味が剥奪されたのかたのか。

そして、朝廷や幕府・諸大名など神器と深くかかわる人々が

どのような政治的駆け引きを繰り広げたのかを解説します。


神器無しで執り行われた後鳥羽の即位、

神器の帰還に熱狂に沸く人々と一条兼良の醒めた眼差しの対比―など、

いずれの記述も興味深いのですが

個人的に印象深かったのは

嘉吉の乱で断絶した赤松家の再興に、

南朝の末裔からの神器奪還が深くかかわっていたという記述です。

赤松家と神器という関係自体が初耳で、とても興味深いうえ

有力な旧臣の助力によって赤松家の再興が果たされた―という指摘は

後に赤松家の家中から浦上、宇喜多など

アクの強い人物が出てくることの遠因のようにもようにも思えました


政治的シンボルをめぐる政治ドラマを通じて

中世における国制や天皇と天皇家の姿を浮かび上がらせる本書


日本史や政治史に興味のある方に限らず

一人でも多くの方に読んでいただきたい著作です。
コメント (2)

渡邊大門さん『 奪われた「三種の神器」―皇位継承の中世史』

2009-12-24 23:20:05 | 読書
本書は、中世史を専門とし

現在は大阪観光大学研究員である著者が

三種の神器について記した著作です。


皇位継承の象徴とされる「三種の神器」

著者は、古事記に記された伝承や律令制の下での位置づけ

そして、源平の争いの中での逸失とそれに対するの対応を紹介。

そのうえで、鎌倉後期から南北朝の分断~再統合の中で

三種の神器にどのような政治的意味が付与され

あるいは、意味が剥奪されたのかたのか。

そして、朝廷や幕府・諸大名など神器と深くかかわる人々が

どのような政治的駆け引きを繰り広げたのかを解説します。


神器無しで執り行われた後鳥羽の即位、

神器の帰還に熱狂に沸く人々と一条兼良の醒めた眼差しの対比―など、

いずれの記述も興味深いのですが

個人的に印象深かったのは

嘉吉の乱で断絶した赤松家の再興に、

南朝の末裔からの神器奪還が深くかかわっていたという記述です。

赤松家と神器という関係自体が初耳で、とても興味深いうえ

有力な旧臣の助力によって赤松家の再興が果たされた―という指摘は

後に赤松家の家中から浦上、宇喜多など

アクの強い人物が出てくることの遠因のようにもようにも思えました


政治的シンボルをめぐる政治ドラマを通じて

中世における国制や天皇と天皇家の姿を浮かび上がらせる本書


日本史や政治史に興味のある方に限らず

一人でも多くの方に読んでいただきたい著作です。
コメント

山脇直司さん『社会思想史を学ぶ』

2009-12-18 00:15:25 | 読書
本書は、社会哲学を専門とし

現在は、東京大学教授であるである著者が

社会思想史について紹介する著作です。


著者は「近代主義の見直し」という問題意識の元に

まず、80年代以降の思想界における混乱をコンパクトに解説。

続いて、ヘーゲル、アダム・スミス、ダーウィンなど

啓蒙・近代を推し進めた思想家たちを紹介し

その「正の遺産」を振り返ると同時に、問題点も指摘します。

その上でアドルノ、ハタミ、井筒俊彦など

近代を見つめなおそうとした思想家や

「西欧」「啓蒙」に立脚しない思想家たちを紹介。

さらに、解釈学や比較思想史などを参照し、

対話と相互理解を通じた社会思想の見直しを提唱します


日本の現代思想に対する手厳しい評価

ネオコンによるレオ・シュトラウスの誤読

対話を進める理念としての「和」(≠「同」)の再評価

・・など興味深い記述は多いのですが

そのような個別の記述以上に印象深いのは

幅広いジャンル・時代の思想家を

一つのテーマの下に論じる本書全体の試みと

そこから伝わる、思想史のダイナミズム・醍醐味です。


簡潔・平易ながらも偏狭な復古主義にも、夜郎自大な賛美に陥ることなく

社会思想の現在と、未来への壮大な道筋を示す本書。


公共哲学に興味がある方はもちろん、

一人でも多くの方に読んでいただきたい著作です。
コメント