◇juri+cari◇

ネットで調べて、近所の本屋さんで買おう!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

阿辻哲次さん『戦後日本漢字史』

2011-01-18 20:53:09 | 読書
本書は、漢字学を専門とし、現在は京都大学教授である著者が、

戦後の漢字を巡る動向を概説する著作です。


著者はまず、戦前の漢字規格や占領政策としての漢字廃止論を紹介した上で、

その後の国語審議会での当用漢字や常用漢字を巡る議論、

さらに、コンピューター時代における漢字や常用漢字について論じ、

最後に漢字文化の今後について検討します。



『康熙辞典』に基づく正字・誤字・俗字の基準

での表意派と表音派の議論

そして、JIS規格による強引な包摂など、

身近な漢字にかかわる問題だけあり、どの記述も興味深かったのですが

とりわけ印象的だったのは

終戦まもなく作られた当用漢字字体表の作成を巡る『密室』での作業です。


しばしば耳にする『常用漢字』について、

その意義や変遷を平易に解説するとともに、

国家と言語の関係について、根本的に再考させられる本書


国語や文字に強い関心をお持ちの方に限らず、

多くの方にオススメしたい著作です。
コメント   この記事についてブログを書く
« 木内昇さん『漂砂のうたう』 | トップ | 小川仁志さん『はじめての政... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

読書」カテゴリの最新記事