◇juri+cari◇

ネットで調べて、近所の本屋さんで買おう!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

小川仁志さん『はじめての政治哲学』

2011-01-19 15:09:39 | 読書
本書は、西洋政治哲学を専門とし、

現在は徳山高専准教授である著者が、政治哲学を概説する著作です。


著者は、まず政治哲学が政治理論・政治思想とは峻別されると主張します。

そのうえで、正しく生きるためには政治哲学が不可欠という観点から

正義、共通善、フェミニズム、グローバリゼーションなど

政治哲学上の重要な論点について、

近代から現代に至るまでの代表的な議論を紹介します。


アスランが主張するイスラム内部での変化


日本人がマイノリティになったら―という問い掛け


そして、ある議論が他の議論へ次々と繋がる論旨など


どの記述もとても興味深かったのですが、

とりわけ印象的だったのは、

ヘーゲルやコーエン&アラート、パットナムらを参照し論じる市民社会論です。


難解に思える政治哲学について、そのエッセンスを簡潔に解説し

より深く考えるための手掛かりを与えてくれる本書


政治哲学や政治思想史などに関心がある方に限らず

多くの方にオススメしたい著作です。
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 阿辻哲次さん『戦後日本漢字史』 | トップ | 雑記 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

読書」カテゴリの最新記事

トラックバック

小川仁志『はじめての政治哲学』 (itchy1976の日記)
はじめての政治哲学――「正しさ」をめぐる23の問い (講談社現代新書)小川 仁志講談社 今回は、小川仁志『はじめての政治哲学』を紹介します。政治哲学のトピックが網羅的に紹介してあります。一つ一つのトピックは短いので、まあ、政治哲学のカタログという感じですかね...