折にふれて

季節の話題、写真など…。
音楽とともに、折にふれてあれこれ。

孤独の旅路   By空倶楽部

2018-11-09 | 折にふれて

「9」のつく日は空倶楽部の日。

     ※詳しくは、発起人 かず某さん chacha○さん まで


 

 

その夕景を眺めながら、ふと、遠い昔に覚えた歌の一節を思い出していた。


Sony α99  F2.8G/70-200㎜ (f/5,1/320sec , ISO100) 

   I crossed the ocean for a heart of gold     

      金の心を探し求めて、海を渡ったこともある...

 

1960年代後半のアメリカ・ロックシーンに登場し、

ウェストコーストを拠点に活躍したシンガー・ソングライターのニール・ヤング。

独特の甘い声とは裏腹に、

政治や社会通念を痛烈に批判する彼の歌は、

当時の若者、それもアメリカだけではなく、

日本においても、根強い支持を受けたことをよく覚えている。

そのニールヤングの代表作「Heart of gold」を、

金色に輝く海を眺めながら思い出したのだった。

 

当時のアメリカは、それまでの豊かな成長に陰りが見え始め、

さらに追い打ちをかけるように、ベトナム戦争の泥沼化や過激な人種差別など、

内外に深刻な問題を抱えていた。

その世相は当時の文化、芸術といった分野にも影を落としていて、

そのひとつの現れがアメリカン・ニュー・シネマだったと思う。

「イージー・ライダー」や「ディア・ハンター、」そして「明日に向かって撃て」など、

絶望ともいえるエンディングは、当時のアメリカ社会の喪失感を代弁していたように感じたものだ。

そして、その傾向は、音楽の分野においても顕著で、

「Heart of gold」もそのひとつだった。

自身を「鉱夫」に例え、「金の心」を探す旅に出る・・・

そんな歌詞の背景として、ニール・ヤングが思い描いたのはゴールド・ラッシュだったに違いない。

19世紀にカリフォルニアで起こった金脈探し。

一攫千金を夢見てやって来た人で街は大いに栄えた。

しかし、その多くは、やがて夢破れ、結果として残されたのはゴーストタウンだったという話。

ニール・ヤングは当時の世相をゴールドラッシュの逸話に例えることで、

「金の心を探す旅など徒労でしかない」と風刺したのだろう。

また、「Heart of gold」には「孤独の旅路」という邦題がつけられている。

「金の心」とは徒労であり、また喪失感を暗示したもの。

すなわち、現実には存在しないものを探し求める空しさや寂しさを表わしていると理解するなら、

「孤独の旅路」という邦題は「言い得て妙」だと思えるのである。

 

さて、写真の光景に話を戻す。

「こんな色に染まるのか!」と感動するほど、この日の夕景は美しかった。

だが、それ以上に印象に残ったのが、渚に打ち捨てられた舟の存在感だった。

朽ちかけた舟ながら、夕映えに照らされた海に向かって、

今にも漕ぎ出すかのような生気を感じたのだ。

日没前の一瞬の、海に映る陽の輝きが、

まるで、舟の行く末を指し示したように見えたから、そう思ったのかもしれない。

しかし一方では、その光景が、ニール・ヤングが歌う、ありもしない「旅路」のようにも思えたのだ。

 


Neil Young - Heart Of Gold


「9」のつく日は空倶楽部の日。

     ※詳しくは、発起人 かず某さん chacha○さん まで

『散歩』 ジャンルのランキング
Comments (11)   この記事についてブログを書く
« 深まる秋、幸せの瞬間 | TOP | Day Dream   鉄写同好会 »
最近の画像もっと見る

11 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (bara)
2018-11-09 21:43:31
黄金色に輝く海、眩しいような夕陽、夕焼けの美しさが分かります。

この船もきっと釣り人を乗せていたのでしょうか。
スポットライトを浴びてもう一度海原に・・・。

色んなことが想像できるお写真ですね。
Unknown (hitsujigumo3942)
2018-11-10 02:37:00
すみません!変な時間に‥

金色に輝く海と空‥
近くに海がないので‥なかなか見ることが出来ない風景です。
私には舟は‥jurakuさん自身のような‥美しいものを見る機会はあるのでしょうが‥それを心から楽しめるのは時間、心の余裕がないと出来ない気がします。
まさに‥心から美しいものを見ているjurakuさんがそこにいるような‥
Unknown (noko)
2018-11-10 09:23:36
見る者、いろんな思いを抱かす夕景ですね。
金色に輝く海・・・。

>今にも漕ぎ出すかのような生気を感じたのだ。

私には、いつまでもここで帰ってくる人を待つ・・。

すごく心情的なお写真です。
Unknown (lunaya)
2018-11-10 18:06:41
juraku-5th さま

jurakuさんがそこまで感動するほどに
染まった空! 素晴らしかったことでしょう~!
海に向かって対峙するように佇む古船に
想いを寄せたお気持ちもわかる気がしました。

フランス語では港(海)は女性、船は男性、と言う
ことになっていますが、今回の記事からは、
なぜかそんな事がふと思い浮かびました。
いずれにしても…、秋が深まってきていますね。
Unknown (かず某)
2018-11-11 10:34:54
おはようございます。
美しい情景ですね〜〜
今も現役であろう小船がまた明日からも頑張ろうといっているような、、、そんな感じがしました。
ここは広角も望遠も凄く似合う場所なんだろうな〜。
一度行って見たいです。
baraさん (juraku-5th)
2018-11-11 17:17:27
コメントありがとうございます。

>色んなことが想像できるお写真ですね。

そう思っていただけたなら幸いです。

昔から妄想癖があって(?)
被写体となる風景を眺めながら
追体験しています(笑)

hitsujigumo3942さん (juraku-5th)
2018-11-11 17:22:15
コメントありがとうございます。

>心から美しいものを見ているjurakuさんがそこにいるような

テレますね(笑)
そんなに大げさではないのですが、
「なぜ、この光景に惹かれたのだろう?」
そんなことをよく考えます。
性分でしょうか?
感動に理由など要らないのですが(?)
nokoさん (juraku-5th)
2018-11-11 17:25:30
コメントありがとうございます。

>私には、いつまでもここで帰ってくる人を待つ・・。

それいいです!
nokoさんはそう感じていただけたのですね。
心情的と感じていただけたのなら、
それはもう、うれしい限りです。

lunayaさん (juraku-5th)
2018-11-11 17:34:59
コメントありがとうございます。

夕焼けも美しかったのですが
それよりも舟が気になって...
最初は、「誰だ、放置したのは」なんて思ってみていたのですが、
陽が傾くとともに、それが情景的に思えた次第です。

海は女性・・・包容力がある
舟は男性・・・海に身を任せ漂っている
...そんな解釈でよろしいでしょうか(笑)

かず某さん (juraku-5th)
2018-11-11 17:38:07
コメントありがとうございます。

北陸の海もいいですよ...ただし、冬以外(笑)
かず某さんにも日本海の夕景をぜひ眺めていただきたいものです。

でも、この舟。
冬の荒波で流されてしまうかもしれません(笑)

post a comment

Recent Entries | 折にふれて