折にふれて

季節の話題、写真など…。
音楽とともに、折にふれてあれこれ。

良いお年を! 2018年大晦日

2018-12-31 | 折にふれて

28日から入り込んだ寒気もようやく緩んだようで、

今日の金沢は、陽ざしは乏しいものの、穏やかな空模様。

上々の年の瀬である。

さらに、明日の朝にかけて、天気は回復との予報なので、

ひょっとしたら、久しぶりの初日の出を拝めるかもしれない。

そんな期待を胸に今年最後のご挨拶を。 

      コメントを下さった方はもちろん、

      ご訪問いただいたすべての方に心より感謝申し上げます。

      今年もほんとうにお世話になりました。

      そして、来年もどうかよろしくお願い申し上げます。

      良いお年をお迎えください。

                                      juraku-5th

 


今年最後の折にふれての選曲。

ご挨拶を済ませた後にくどくどと書くのもどうかと思うが ━━。

音楽にまつわることで、今年もっとも印象に残ったのが、映画「ボヘミアン・ラプソディ」だった。

高校生の時から、かれらクィーンの音楽を聴いてきた。

だから、最初は、「今さら...?」との思いが強く、正直なところ、さしたる興味も湧かなかった。

ところが、である。

どこでその評判を聞いたのか、同世代の家内にせがまれて、

封切からひと月以上も経ってから、ついに重い腰を上げることになったのだった。

結果、強く心を揺さぶられることになった。

音楽はもちろん、ストーリーも、実在の人物に扮した俳優たちの演技も素晴らしかったからだ。

特に、ラストのライブ・エイドのシーンでは、

フレディ・マーキュリーのパフォーマーとしての復活、メンバーたちとの和解、

さらに、これまでフレディを支えてきた人たちへの感謝など、

演奏シーンに込められた、溢れるばかりの思いに、つい目頭が熱くなり、

となりの家内を気にして、涙をこらえるのが精一杯だった。

 

ということで、今年最後に選んだ曲はもちろん...


Bohemian Rhapsody   Queen


※本日コメント欄閉じています。

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
« 輝きのままで  By空倶楽部 | TOP | 今年も末吉から »
最近の画像もっと見る

Recent Entries | 折にふれて