折にふれて

季節の話題、写真など…。
音楽とともに、折にふれてあれこれ。

遠い空の話 

2018-12-21 | 折にふれて

冬晴れの朝、勝鬨橋から空を眺めながら、遠い日の記憶を辿っていた。


RICOH GR DIGITAL Ⅲ   F5,1/400sec,ISO-64

 

東京での仕事場が近くにあるので、

勝鬨橋から眺める空など日常的なものでしかない。

ところが一方で、その空はいつ眺めても、何度眺めても、

決して見飽きることのない特別なものでもある。

なぜなら、その空は遠い日の記憶に繋がっていて、

とりわけ、雲ひとつない冬晴れの朝ともなると、

俄然、記憶の中の風景が鮮やかに蘇ってくるからだ。

 

もう40年以上も前、学生時代の話だが・・・。

毎年、暮れになると、勝鬨橋詰めの月島にあった食品会社でアルバイトをしていた。

運動部に所属していたのだが、

大学から潤沢な活動費が支給されるわけではなく、

かといって、貧乏学生の集まりではそう多くの部費を捻出できるわけもない。

それで、合宿費や遠征費など、まとまった資金を確保するため、

その食品会社が繁忙期となる年末に部員総出のアルバイトをしていたのだ。

若さと体力を買われてのことだから、

力仕事はもちろん、冷凍倉庫内での出荷作業などキツイ仕事がほとんどだ。

しかも、書き入れ時とあって、勤務が深夜に及ぶことはもちろん、

休みもほとんど取っていなかったと思う。

振り返ってみると、つらいことがいっぱいあったはずだが、

そんなことはまったく忘れていて、

思い出すことと言えば、その会社の上司によく飲みにつれて行ってもらったことや、

仲間たちと寮でバカ騒ぎして寮長に大目玉をくらったことなど、

仕事そっちのけの青くさいことばかりでしかない。

そして、そんな思い出のひとつが、早朝の勝鬨橋から眺める冬晴れの空だったのだ。

出勤時、築地駅で地下鉄を降りて、晴海通り沿いに月島まで歩くのだが、

冷たい川風が吹きすさぶ勝鬨橋の中ほどでわざわざ足を止め、

見入ったのがこの景色だった。

冬、北陸の鉛色の空とは対照的な雲ひとつない真っ青な空。

その空にすっかり魅せられてしまっていたのだ。

 

さて、この空を撮ろうと思ったのにはこんな理由がある。

実は、前日の夜、その運動部の仲間達が集まって旧交を温めていて、

その席で月島でのアルバイトの思い出話が始まったのだが...。

「そういえば、冬の勝鬨橋からの眺めた空がきれいだったな。」

ふと、仲間のひとりがあの空について話し始めたのだ。

すると、何人もがその話に食いついてくる。

驚いたことに、あの空の記憶は私のものだけではなかったのだ。

だが、仲間のほとんどが卒業以来、あの空を見ていないのだという。

それで、その盛り上がりを受けて、

勝どきに宿をとっている私がつい、

「明日の朝早く、勝鬨橋から撮った写真をメールする」

と、みんなに約束してしまったのだ。

 

ところが...。

あの日から一週間が過ぎたのに、まだ写真を送っていない。 

ちょっと気が変わったせいで、それはこう思えてきたからだ。

「せっかくの記憶をメールで送って、各々がスマホで見るだけでは味気ない。

次に集まる時まで大事にとっておいて、その日が来たら、焼き増ししてみんなに渡そう。」

つまり、次回の酒の肴にしようとの魂胆だ。

そして、さらに思った。

40年以上もたいせつにしてきた記憶、

それが二年や三年、時間が経ったところで、色褪せることなどないはずだから、と。


 
 Do you remember   Phil Collins

 

 

『散歩』 ジャンルのランキング
Comments (12)   この記事についてブログを書く
« 都心の「小島」で  | TOP | 武蔵野の小道から »
最近の画像もっと見る

12 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (よっちん)
2018-12-21 21:45:30
今日は(今日も)忘年会で
たった今帰ってきました。

今日は訪問だけで失礼します。
皆さんはいい週末をお過ごしくださいね。

応援ぽち
Unknown (hitsujigumo3942)
2018-12-22 07:42:41
おはようございます。

良い話しをここでも聞けました。
いい思い出の空をお持ちのようで‥
心がほっこりなりました。
学生時代の友人との再会は楽しいものですよね。
jurakuさんの企み‥いいですね。粋ですよ。
是非、皆さんにまたお会い出来ますように‥

ところで‥jurakuさん、juraku-albumに変更したのですか?
Unknown (よっちん)
2018-12-22 13:17:55
私は大学時代を
京都の街で過ごしました。

バイトをしてはそのお金で
山に登っていたんですよ。

学生時代の思い出って
今も色褪せないですね。

応援ぽち
ですよね (hirorin)
2018-12-22 16:38:58
写真を簡単に送れる時代になったけれど、やっぱりみんなでそれを眺めて、お話するのが一番ですよね。
それに簡単にスマホで送ってしまっては、膨大なデータの中にきれいな思い出が、埋もれてしまいそうです。

皆さんその空のきれいさを眺めていたんですね。それぞれに。いいお話ですね。

よく感受性豊かな若い時だからこそって、言いますけど。それは本当にそのとおりなんですけど。
年を取ったからこそ分かることもありますよね。
物の見方とか解釈とか。
若い時に読んだ本を今読むと、又違った解釈が出来ることもあるので、新たな発見に繋がります。
Unknown (chacha○)
2018-12-22 19:28:05
快晴の大都会ですね!
空気が澄んで綺麗ですね。
綺麗な空は思い出の空だったんですね〜
Unknown (よっちん)
2018-12-23 18:08:27
フィル・コリンズって
ソロになってからよりも
ジェネシスの時の印象が
私には強いかなぁ。

ジェネシスが好きだったという
わけではないのですが。

応援ぽち
よっちんさん (juraku-5th)
2018-12-24 08:44:25
重ね重ねのコメントありがとうございます。

京都の大学だったのですね。
北陸からだと関西の大学に進学する人が多いのですが、
私は最初から東京と決めていました。
それで、東京には今でもいろんな思い出があります。

ジェネシスはほとんど聴いたことがありません。
ピーター・ガブリエルの印象でしょうか。
食わず嫌いですね(笑)
ソロ活動を始めたフィル・コリンズを聴き始めたのは80年代のMTVの影響でしょうか。
といっても、この曲が入っているアルバム「But seriously」だけですけどね。
hitsujigumo3942さん (juraku-5th)
2018-12-24 08:48:20
コメントありがとうございます。

次に集まるのはいつかな?
3年後か4年後か...その時に持っていくつもりですが。
もうひとつ撮りたいシーンがあるのです。
それは夕焼け。
富士山と東京タワーのあるビル街に夕陽が落ちる。
これも勝鬨橋からの思い出深い景色です。

HNは初めからjuraku-albumですよ。
写真帳にしようと思ってそうつけました。

hirorinさん (juraku-5th)
2018-12-24 08:55:20
コメントありがとうございます。

彼らと会っていて、不思議な感覚になったのですが...
いっしょにいたのが40年前の4年間。
人生のわずかな期間で、しかも前に会ったのが4年前。
そう思うと一緒に過ごした4年間がものすごく凝縮された時間に思えたのです。
卒業してからお互いにいろんなことがあったのでしょうけど、その瞬間だけは学生時代に戻れます。

次はいつになるかわかりませんが、その時間も写真への反応も楽しみです。

chavha○さん (juraku-5th)
2018-12-24 08:57:02
コメントありがとうございます。

金沢はずっと雨。
あの日以来、快晴の空には出会えていません。
それだからこそ、印象に残る東京の空なんでしょうね。

post a comment

Recent Entries | 折にふれて