がんばらないようにがんばろう

2006/7:未破裂脳動脈瘤の発見から手術そして 趣味・・ (文章が苦手なので写真、動画を中心に、)

⑥その後 手術をやって思う事

2007-09-13 21:39:46 | 脳動脈瘤 発見~手術そして

⑥ その後

 未破裂脳動脈瘤の手術を、やって思うこと。
    主治医の話、インターネットの情報などから

・祖母は、むかし 脳溢血[ノウイッケツ](現在の脳出血かな)で亡くなっています。 

・家族性について(親、じじ、ばば)に くも膜下出血を発症していれば、脳動脈瘤の可能性が大きいそうです。

・私は、もともと頭痛に悩まされていて一度、脳ドックを受けようかなと思っていました。

・結局私の場合は、頭痛の治療から発展し発見された、脳動脈瘤、さっさと手術をしてしまった自分・・・・今考えれば、「見守るなんて無理でしょ」妻の一言・・・確かに無理、だから手術して正解。 
  
 でも
・未破裂脳動脈瘤の破裂がなくなったのでくも膜下出血の可能性は、少なくなった。

・また出来る可能性が有ることが分かった。

・1年に1回検査を受けることになった。
   (1年に1回、脳の検査が出来る・・ちょっと安心かも)

・通院は、手術に関係なく片頭痛、緊張型頭痛の処方箋を貰うのがメインですが、今も続いています。(月1回)
・このチャンスに自分の疑問、不安を話し解決する事で何とか1年が過ぎました。
 今後も続きます。
 
 発見されて1年になる2007年7月には、術後初めてのMRI/A検査で結果は、
異常なし。やったー!
でもやっぱりクリップのところは、影になり写っていませんでした。

・それでも 見る方法がないか聞いてみました。
  CT-Aなら写る? 写らない、 最後は、DSAしかなさそうです。

 でもそう簡単に血管が薄かったからといって瘤にならないといわれました。
  少なくても5-6年は、かかるそうです。

・初めて入院、手術を経験し、自分の体を見直す機会になりました。
  体の不安、不調は、まずお医者さん。自己流は、だめ!
  機械だって調子が変だったら、専門の修理屋さんにお願いします。

END 

今後は、ゆっくり 「がんばらないようにがんばろう」と思います。
それでは、また。

  

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ⑤入院 11日目/ 12日目 退院 | トップ | 家の前 真暗です。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

脳動脈瘤 発見~手術そして」カテゴリの最新記事