「とりあえず折句を」

折句、短歌、言葉遊び、アクロスティック、縦読み
クジラうえリクエストした水族館マダイが歌うスローバラード、クリスマス

ミラーパン

2018-04-16 22:00:08 | 短歌/折句/あいうえお作文
君はカウンターにかけてパンを食べていた。硝子の向こう側にはもう一つのパン屋さんがあり、人々はトングを手に真剣な顔で好きなパンを選んでいた。迷わず次々とトレイにパンを載せていく人がいる。いつまで経っても選べずに、ただトングだけを持ったまま固まっている人がいる。迷いながら話しながらさまようトングを持った人々がいる。

ベルが鳴る。新しいパンが焼き上がり商品棚の中を新しい形で満たした。また新しい人たちが、狭い店内に押し寄せてきた。焼きたてのパンのよい香りが、硝子を突き抜けて君のいるところまで届いた。
思い詰めたような表情でパンを選ぶ人。あんなに真剣な目をしなくてもいいのに。パンを一つ選ぶくらいのことで……。

「あれは自分だ!」
君は硝子の向こう側に過去の自分を見つけてしまう。そこに見えているのは過去のパン屋さんだった。違う。それじゃない。
君は過去の自分とは違う選択をみせた。
あれはもう一つの世界だ。



わかるよと
互いに通う
詩の上で
触れあう
粘土作りのキリン

折句「渡し舟」短歌
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 雨のち晴れ | トップ | 序の口ドッグ(折句) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

短歌/折句/あいうえお作文」カテゴリの最新記事