折句ラッシュ・クリスマス

折句、短歌、言葉遊び、アクロスティック、縦読み
クジラうえリクエストした水族館マダイが歌うスローバラード、クリスマス

フード・ライター

2021-01-22 15:01:00 | ナノノベル
 おばあさんは星のない名店をいくつも知っていた。外観はお世辞にも綺麗とは言えない。暖簾は黒ずんでいて店の名前も半分消えている。扉を開けて中に入れば、どこか別世界に足を踏み入れたような気がする。そんな店によく連れて行ってもらった。
 腐りかけた壁にメニューとは違う絵を見つけた。

「あの抽象画は?」
「あれはね、サインと言って人の名前よ」
「サイン? キャッチャーが出す奴?」
「手書きと言ってね、マジックを持ち自分の名前を書くのね」
 おばあさんは昔のことを何でも教えてくれる。

「手で持つの? 花火を持つみたいに?」
「箸を持つみたいによ」
「どうやって書くの?」
「書き順に沿ってはじめから」
「打順みたいなもの?」
「そうね。1から2番目3番目と続いていくわ」

「順番を破ったらどうなるの?」
「特にどうもならないわ」
「じゃあ何のためのものなの?」
「順に沿うと美しくなるの。忘れにくくもなるわね」
「そうなんだ。いちいち手を動かして書くの?」
「そうよ。それが手書きというものよ」
 昔の人は色々と苦労が多かったみたい。

「あれは誰?」
「イチローね」
 イチローは時を刻んだ偉人だ。

「カレーライス、お待たせしました」
 ここの名物はカレーライスだ。
「わー、すごい色!」
「ずっと煮込んでいるとこうなるのよ」
 食べ始めるとスプーンが止まらない。
 水も飲まずに一気に食べてしまった。

「ごちそうさま!」
「うちのカレーより美味しいでしょ」
 (勿論)と出かけた言葉を引っ込めた。
 皿を横にずらしワープロを開くと、おばあさんはカチカチと食レポを打ち込み始める。
 おばあさんの仕事は、フード・ライターだった。


コメント   この記事についてブログを書く
« 店長の記憶 | トップ | 【短歌】小説ごっこ »

コメントを投稿