折句ラッシュ・クリスマス

折句、短歌、言葉遊び、アクロスティック、縦読み
クジラうえリクエストした水族館マダイが歌うスローバラード、クリスマス

歩道の狂気

2021-01-03 23:02:00 | オレソン
この街の歩道は
車道ほど広いから
自転車がびゅんびゅん
走り抜けて行く

もう少しゆっくり行かない?

俺に比べれば
みんな十分速いじゃないか

右から左から追い抜いて行く
さっきは左
ほんの数センチのとこだった

俺が少しもぶれないものだと?
コーンか木だとでも思ってる?

気づいてないのか

あんた何度も

俺を殺しかけたよ
コメント

炬燵にみかん(神さまの許し)

2021-01-03 10:54:00 | ナノノベル
 炬燵の上にみかんを置いたままリーダーは神さまをたずねて出て行った。

 意味、意義、使命。そんなものたちに取り巻かれて疲れてしまった。そんな時、炬燵の上に置かれたみかんを見た。
 その時、私たちは突然に恐ろしく謙虚な気持ちになったのだ。そこにみかんがある。手を伸ばしてもいい。だけど、あえてそうすることもない。むしろずっと眺めていてもいい。いつか食べる瞬間のことを想像してみるのもいい。手を伸ばさないでいるほどに、想像にかける時間をふくらませることもできる。
 よくぞここまできたもんだ。それはみかんだろうか。それとも私たちがきたのか。何もしない。静かな自由というのもあるのかもしれない。

 みかんを透かしみる内に日溜まりの猫が立ち上がってみえた。
(しあわせは時間を消してしまう)

「ねえ、まだ?」
 ゆうちゃんは不満を口にした。

「もうすぐよ」



 日が落ちてリーダーが帰ってきた。
「何もしなくていいって」
 それは良い知らせだった。
「神さまがそう言ったんだね」

(何もしなくていい)
 その言葉によって私たちは許しを得た。
 好きに生きられる自由を手に入れた。
 
 私たちの前でみかんがきらきらと輝きを放ち始めた。

「ねえ、もう食べてもいい?」
「はい、どうぞ!」



コメント