JUNSKY blog 2015

私の時事評論等です
文化関係の記事は、
【観劇レビュー&旅行記】(ブックマークのTOP)
で書いています

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アカ、売国奴、国賊、非国民、共産主義者

2006-05-18 18:26:08 | 共謀罪
 御存知のことと思いますが、1925年に制定された『治安維持法』は、当初の政府側説明では、社会主義者や共産主義者など『国体を変革する』すなわち、「絶対主義・天皇制」を国是とする『国体』を革命によって変えようとする勢力だけに限定して取り締まるのであるから、一般市民には何の影響も無いとかなんとか言って、時の国家権力とオール与党が制定したのです。今と同じ状況です。

 それが、徐々に国家権力の拡大解釈によって取り締まり対象を広げ、一般の民主主義者はもちろん、芸術家や芸人まで捕まえて行き、誰も国政に対する不平不満を言えなくなったのです。
 たとえば、演劇台本に対する検閲の様子は三谷幸喜さんの演劇『笑いの大学』を見ると良く解ります。三谷風にパロディにしてはいますが・・・

 『治安維持法』は、後に最高刑を死刑にまで拡大し、多くの“共産主義者”が『アカ』『国賊』『売国奴』『非国民』と罵られながら殺されました(千七百人以上といいます)。
“共産主義者”と“”付きにしたのは、赤狩りと同じように本人の意思や活動には関わりなく、権力側が“共産主義者”と決め付ければ良い訳で・・・

 先日の日本ペンクラブの会見【映像】では井上ひさし会長が、「日の丸・君が代法案」の時も、「決して強制はしない」と答弁していたのに、今や多くの先生方が処分されている。法律をつくればそうなるのだ、と語気を強めましたが、『共謀罪』も最初は『国際犯罪』を口実に導入されたとしても、そのうち多くの一般市民が『国賊』『売国奴』『アカ』と言われて、物言えぬ社会になってゆくことは歴史が示しています。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (7)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 教育基本法 緊急事態 !!! ... | トップ | 共謀罪 19日の採決見送り  »

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (rea)
2006-05-18 21:55:29


カッシーニさんのところからきました。



レッテル貼りが流行っている現状を思うと、ホント薄ら寒いですね。



これからも拝見させていただきます。

よろしくお願いします。
誰が何のために (ざぶさん)
2006-05-18 22:59:04
junskyさん、こんばんは。

ご説の通り、「共謀罪」は、旧「治安維持法」の現代版であることは間違いありません。



今国会で廃案にしなければなりませんが、反対運動を盛り上げるためには、「誰が」「何のために」、「何故この時」に、を考えてみることも意味あることだと思います。

「誰が」は、少なくとも「国民のため」でないことだけは、はっきりしています。

誰が何のために(訂正) (ざぶさん)
2006-05-18 23:04:16
『「誰が」は、少なくとも「国民のため」でないことだけは、はっきりしています。』は、

『「何のために」は、少なくとも「国民のため」でないことだけは、はっきりしています。』

の間違いでした。スミマセン
コメントありがとうございます。 (JUNSKY)
2006-05-19 09:28:34
ざぶさん

いつもコメントありがとうございます。



rea さん、初めまして。

今後ともよろしく御願い致します。

度々御来訪ください。



リンクフリーですので、皆さんにご紹介ください。

今までのところ、ゴミメールや煽りメールは殆どありません。

みなさん真面目にコメントやTB頂いています。



改めまして、みなさんありがとうございます。
もうすでに「赤狩りは開始されている!」 (日本国憲法擁護連合)
2006-05-19 19:24:05
どうもです。私はもうすでに「赤狩り」は開始されていると思います。それは考案警察の暴走ででています。

法政大学の弾圧が一例ですし、共産党員の逮捕、市民団体の逮捕、労組の逮捕など暴走は、共謀罪をまえにした公安警察の暴走そのものです。実は私も、公安のスケープゴードにかけられました。共謀罪は三度上程されようとしたが、私は三度とも公安に、精神的・経済的苦痛を生じるような嫌がらせをうけています。これが公安のやり口なのかと憎悪するほどの汚いやり口を私がされています。公安を特高のようにさせるな!ゲシュタポはごめんだ!これしかないと思います。

日本の民主主義は公安によってずたずたに踏みにじられようとしているのです。
日本国憲法擁護連合 様 (JUNSKY)
2006-05-19 19:55:48
 休日に、仕事とは全く関係の無いところで、日本共産党のニュースを配っていた公務員が逮捕されたり(この一人を捕まえるために、120人もの公安警察が動いていたと言う話もあります)、議会ニュースを有権者に届けるため配っていた共産党議員が逮捕されるなど、日本共産党を狙い撃ちにした『赤狩り』は、おっしゃるとおり全国で展開されています。

 しかし、まだ私が逮捕される事態にまでは進んでいないのであって、『共謀罪』や『ネット規制法』などが通ろうもんなら、私も含め多くのブロガー活動家が一斉検挙されかねないのです。

 あなたは既に三度もそういう目に会っているとのこと。

対象は日本共産党だけではなく、拡大の一途です。

 これにめげず一緒に闘いましょう。
廃案か (日暮れて途遠し)
2006-05-20 22:34:00
ポピュリスト小泉はマスコミ受けしないものはやらないのです。

これだけ評判が悪い法案は国際犯罪限定で合意ができなければ成立しないでしょう。そのように動いているようです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

共謀罪」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

共謀罪9 (喜八ログ)
 「これほど広範な犯罪が対象になる法改正は、初の経験。拡大解釈の余地を残さぬように、慎重な上にも慎重な審議が必要なのに、国民の不安に正面から答えようとしていない」。青山学院大の新倉修教授(刑法)は、不十分な審議を強く批判する。そして、政府・与党 ...
【治安維持法/共謀罪】「横浜事件」緊急ビデオ上映会 (闘うリベラルのチャンネル(移築新居建設中))
過日、標記の会同に参加した。内容の概略は以下の通り。 ☆ 『横浜事件を生きて』上映 ☆ 2006年2月9日不当判決となった再審裁判に関するドキュメント 上映 ☆ 新たな治安維持法「共謀罪」を廃案にするための提起 ☆ その他討議、質疑、意見