JUNSKY blog 2015

私の時事評論等です
文化関係の記事は、
【観劇レビュー&旅行記】(ブックマークのTOP)
で書いています

九電 玄海原発で原子炉劣化の目安となる試験片を廃棄 なのに安全宣言!

2012-01-25 00:01:13 | 政治
2012年1月25日(水)


 とんでもない話である。

 脆性遷移温度を調べることで、原発の心臓部を格納する鋼材の耐久性を

確認するための 試験片を九州電力は廃棄してしまったと云う。

 誤って廃棄したとは、到底思えない。

 安全性に疑義があるデータを示す証拠品を残しておけば、これ以上の稼働を

行えなくなる可能性が高いので、証拠隠滅で『廃棄したことにしておこう』

ということではないかと思う。

 その廃棄した言い訳が「底が抜けている!」

 何と、76年と80年の試験片が残っていないことを言い訳した担当者は

「当時は詳しい分析手法がなく、貴重だという意識がなかった」

  と話した、と云う。

 すなわち、当時は脆性に対するきちんとした測定なり検証ができていなかった

ということになる。 それなら、何故安全であると言えるのか?

 九州電力は、それにも拘らず、「60年間使用しても問題ない」と豪語した。

 既に、2009年の試験片検査で、「脆性(ぜいせい)遷移温度」の急上昇が発覚。

核燃料から出る放射線が当たり続けることで鋼がもろくなる現象が予測以上に進み、

事故時に原子炉が壊れやすくなっていることが解っている。

 それから、3年も危険な原発を稼働し続けているのである。

 ところが、九電の担当者は、「1993年と2009年に取り出した試験片を

詳しく調べたが特別な異常はなかった」としたのだと言うから何をか言わんや!

 本当に「まず、原発の稼働ありき」で、原発暴走の危険性や住民の安全を

ないがしろにした九電の体質は非道すぎる!


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

九電玄海原発、試験片を廃棄か 原子炉劣化の目安
 (朝日新聞) - goo ニュース
 

 2012年1月24日(火)02:08
 九州電力玄海原発1号機の老朽化をめぐり、経済産業省原子力安全・保安院は23日、専門家が審議する意見聴取会を東京都内で開いた。九電の担当者は「原子炉の健全性に問題はない」と説明したが、専門家からデータ不足や分析手法の甘さを指摘する声が続出。原子炉から取り出した試験片の一部を九電が保管しておらず、廃棄した可能性があることも明らかになった。

 運転開始から36年3カ月たつ玄海1号機では、原子炉圧力容器の劣化の目安になる「脆性(ぜいせい)遷移温度」の急上昇が2009年に発覚。核燃料から出る放射線が当たり続けることで鋼がもろくなる現象が予測以上に進み、事故時に原子炉が壊れやすくなっているおそれが指摘されている。原因は不明。原発老朽化問題の中でも喫緊の課題とされ、この日の会合で初めて本格的に議論された。

 九電の担当者は、電子顕微鏡などを使った原子レベルの分析や不純物の組成データなどを示し、「1993年と2009年に取り出した試験片を詳しく調べたが特別な異常はなかった」とした。だが、専門家から「もっと詳しいデータを出してほしい」「本当に適切で公平な判断がされているのか」と追及され、76年と80年の試験片が残っていないことを明かした。担当者は「当時は詳しい分析手法がなく、貴重だという意識がなかった」と話した。

 審議は、九電が提出する追加データを踏まえて次回も続ける。会合後、渡辺英雄・九州大准教授(材料科学)は「電力会社だけでは原因究明は無理。全国の専門家で試験片を研究できるようにしてほしい」と語った。(安田朋起)




*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
コメント (2)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« フクシマ第1原発 2011 Nove... | トップ | 福岡市民会館建て替えに関す... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トラバありがとうございます (JUNSKY 開設者)
2012-01-26 11:06:07
逝きし世の面影さん
政治さん
トラバありがとうございます

政治さんのトラバされてきた記事にコメントを書きましたが、「禁止ワードが含まれているため、投稿できません」 とのことでしたので、こちらでコメント致します。

そちらで紹介されている去年11月の記事では、廃炉の方向だとのことですが、今年1月(つい先日)の九電に対するヒアリングでは、「60年使用しても大丈夫」と豪語したとのこと。
これだけ危険性が指摘され破壊の危機が迫っていると云うのに!
本当の原発馬鹿というか
【ホアンインゼンインアホ】(回文)というか・・・
「原発再稼働アリキ」で、住民を危機に陥れるということに対して全く配慮が無い!
非道な九電と『原子力村』です。
コメントありがとうございます。 (bando(政治))
2012-01-27 05:26:17
すみません、多分「アホ」が禁止ワードに引っ掛かったんだと思います。

私は全原子力発電所の即時廃炉を求めていますが、
とりあえず此処だけでも早く廃止にして欲しいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

 <玄海原発1号機>専門家「廃炉を」 保安院小会合で検討へ (政治)
玄海1号機は既にガラスの容器で運転されているようなものです。 早急に廃炉にすることを願います。 <玄海原発1号機>専門家「廃炉を」 保安院小会合で検討へ 毎日新聞 11月29日  経済産業省原子力安全・保安院が29日に開いた原発の老朽化対策に関する意見聴取会で....
新聞とネットの都市伝説とメディアリテラシー  (逝きし世の面影)
『放射能トラウマとリスク』 2012年1月22日付け毎日新聞コラム『時代の風』で精神科医の斎藤環氏は、東大医科研の医師によればとして、『現時点で慢性被ばくによる大きな実被害の報告は、ほとんどないとのことである』と主張する。 慢性での被害が確実であることが判っ...